1. Home
  2. EAT
  3. 栄養士が指南! 宴会太りを避けるための簡単なヒント

栄養士が指南! 宴会太りを避けるための簡単なヒント

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,439

181222_top

はてしなく続くパーティにプレゼント選びのショッピング、そして旅行……。ただでさえ忙しいクリスマスシーズンなのに、この時期、健康的な生活を維持するのは間違いなく大変!

スイーツの誘惑もあるし、ジムのトレーニング時間もいつもより取れなくなりがちに。意志の力とモチベーションが試されるときです。

しかし運動とダイエットのペースを保つことは、そんなにハードルが高いものでもありません。栄養士とフィットネストレーナーが、この大変な時期を健康的にすごすための簡単なヒントやコツをご紹介します。

  1. ひと口ひと口を味わって食べる
  2. 飲み物のチョイスは適切に
  3. ストレス食いは避けて!
  4. 免疫力をアップさせる食材をとる
  5. ヘルシーなおやつを持ち歩く
  6. ヘルシーなサイドディッシュを持っていく
  7. 水分をとる
  8. キッチン掃除の手伝いを申し出る

01. ひと口ひと口を味わって食べる

味わって食べる

「ゆっくり物を食べると、思いのほか満足感を覚えることに驚くことでしょう。早食いは、余計なカロリーをとってしまいがちです」と、医師のレイチェル・ファインさん。

ひと口食べたらひと口水を飲むことも、心が体のペースに追いつくためには好ましい食べ方。満腹でこれ以上食べなくてもいいと心が気づくまでには、数分の時間がかかることもあるのです。

02. 飲み物のチョイスは適切に

ドリンク

「ジュースや炭酸飲料、アルコールはカロリーが高いのに腹持ちがしません」と、医師のエドウィナ・クラークさん。もしお酒を飲むならシンプルなものにして、かわいらしいカクテルなどは避けるようにクラークさんはすすめています。

辛口や超辛口のシャンパン、または低カロリーのアルコール飲料にしましょう。ペパーミントホットチョコレートやジンジャーブレッドラテなど、砂糖がたくさん入った季節物のコーヒードリンクも避けたほうがベター。それらの飲み物はカロリーが高いわりには、たいして栄養がないからです。

03. ストレス食いは避けて!

ケーキ

「ストレスを受けることは、本当に食べたくはないのに食べてしまう要因になります。とくにクリスマスシーズンは魅力的なスイーツやごちそうにあふれていて、なおさら。クリスマスシーズンに体重が増えるのは、たいていはストレス食いのせいなのです」と、医師のフィオレラ・ディカルロさんは話します。

毎日数分でも散歩をしたり、本を読んだり、熱いお風呂につかったりして、自分の心をケアしましょう。まわりの誘惑から心を守ってくれそうなものなら、何でもOKです。

04. 免疫力をアップさせる食材をとる

ターメリック

「ショウガ、ターメリック、ニンニク、タマネギをとることは、免疫力を高めるなど健康にいいことで知られています。ショウガにはジンゲロールやショウガオールといった成分が含まれていて、それらは炎症を抑え、免疫力を高めてくれるのです」 と、医師のジリアン・クバラさん。

食事にこれらの食材を使って、風邪やインフルエンザにかからないようにしましょう。

05. ヘルシーなおやつを持ち歩く

野菜

「ヘルシーなおやつを食べることで、パーティやクリスマスのごちそうの食べすぎを防げます。ランチとディナーの間が長く空くときは、おなかをもたせるためのおやつを持ち歩くといいでしょう」と話すのは、医師のナタリー・リゾさん。

野菜スティック&フムスディップ、手のひら一杯ほどのナッツなどは、食物繊維やたんぱく質も取れて腹持ちがよく、エネルギーにもなるのでおすすめです。

06. ヘルシーなサイドディッシュを持っていく

フード

「クリスマスに誰かの家に呼ばれているなら、お好みのヘルシーなサイドディッシュを作っていくのがおすすめです」と、医師のジジ・ルービンさん。

こうすれば、健康的な生活の維持に役立つ食べ物が、少なくとも何かはあることに。たとえば芽キャベツとサツマイモのローストや、ザクロとケールのサラダなどはいかがです?

07. 水分をとる

水

「年末年始の休み期間は、積極的に水分をとることが大事です」(ルービンさん)。

水分をとると空腹感を抑えられるだけでなく、肌を炎症や加齢から守ってくれます。ボトルの水に果物を入れて自然の甘みを加えたり、スッとさわやかになる炭酸水を飲んだりするといいでしょう。

08. キッチン掃除の手伝いを申し出る

皿洗い

パーティでの食べすぎやデザートからの誘惑を避けたいなら、パーティのホストに家事の手伝いはないか、たずねてみたらいかがでしょう。

「キッチンの掃除を手伝いたいと申し出てみましょう。驚かれるかもしれませんが、掃除で消費されるカロリーは、1時間に100キロカロリーにもなります」とセレブ専属のトレーナーであるアシュリー・ウォルターさんは言います。

二日酔いには、なりたくない!

二日酔いにほんとに効く? ウコンサプリメントと肝臓ダメージの関係

二日酔いに効くと終われるウコン。しかし必ずしも安全ではなく、むしろ危険という報告も。果たしてウコンは摂取すべき?

https://www.mylohas.net/2018/11/179806turmeric.html

ひどすぎる二日酔いの頭痛は脳腫瘍のおそれも。疑うべき6つのサイン

いつもの頭痛。実はその“頭痛”が実は、進行性の脳腫瘍だったら?症例から注意すべきことをを探ります。

https://www.mylohas.net/2018/12/181370pain.html

Courtney Leiva/How to Celebrate the Holidays Without Getting Sick or Gaining Weight
訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 強い筋肉を手に入れたい! 高タンパクでおいしいスムージー7種

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン