1. Home
  2. MIND
  3. 笑うとストレスが減るは本当だった! 師走を乗り切る10の方法

笑うとストレスが減るは本当だった! 師走を乗り切る10の方法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,936

MYLOHAS編集部

パーティー

image via shutterstock

これから年末年始にかけて待ち受けているのは、多くの喜びや楽しみ、それから……たくさんのストレス

本来なら1年でもっともすばらしい時期のはずが、誰もがふだんよりも神経がピリピリ高ぶりはじめるのもこの季節。笑顔を絶やさずに、休日を楽しむ気持ちを維持するためにも、セルフケアの習慣を日常に取り入れるようにしませんか? 集中力を保ち、おだやかな気持ちで年末年始を迎えるには、ちょっとしたコツが役に立ちます

  1. 笑える映画を観る
  2. ジムに行く時間をつくる
  3. ソーシャルメディアから離れる時間を毎日つくる
  4. 必要なら「ノー」と言う
  5. 毎朝、瞑想をしてみる
  6. 寝室を片づける
  7. 午後のカフェイン摂取を減らす
  8. ふだんの生活習慣を崩さない
  9. 外に散歩に行く
  10. 感謝の日記をはじめる

01. 笑える映画を観る

映画を見る人

ストレスを感じはじめ、To Do リストを眺めて気持ちがくじけそうになったら、腰を落ち着けてひと休み、間違いなく大笑いできそうな楽しい映画を観ることにしましょう。

笑いは、心の底から気分をアップさせるだけでなく、体内のストレスホルモンを減らすことが研究でわかっています。日頃から笑っていると免疫システムも向上するそうなので、この忙しい季節に病気にかかりにくくなるかもしれませんね。

02. ジムに行く時間をつくる

ジムの女性

年末年始は多忙になりすぎて、定期的なワークアウトを休んでしまい、自分自身のケアをおろそかにしがち。スケジュールに空きをつくろうとすると、どうしても最初にあきらめてしまうのがワークアウトの予定ですが、長い目で見るとあなたにとってよいことではありません。

エクササイズはストレスを和らげることが証明されています。気分が前向きになり、より元気が出て、身体の抵抗力も高めてくれるのです。たった20分のワークアウトでも、何もしないよりはましですよ!

03. ソーシャルメディアから離れる時間を毎日つくる

携帯を見る女性

ソーシャルメディアにしょっちゅうアクセスしていると気持ちが荒れるというのは、よく知られていること。知らず知らずのうちに、他人の生活と自分を比較しはじめてしまい、自分はちゃんとしていないという気分に陥ってしまうのです。

常に人とつながっていたいという衝動を抑えて、毎晩寝る前には1時間ほどソーシャルメディアを見ないように心がけましょう。Facebook上では不愉快になるような政治の議論を避けるようにするのもいい方法です。

04. 必要なら「ノー」と言う

くつろぐ女性

年末年始は、あらゆることをこなすためにかなりのプレッシャーがかかります。たくさんのパーティやイベントに呼ばれているうちに、本当に自分の生活がなくなってしまうかも。でもひとつ大切なことを忘れないで。それは、断ってもいいということ。

もちろん、どうしても出席しなくてはならないものもあるでしょう。でも、興味がないものは、丁寧にお断りしましょう。そのほうが幸せな気分になるかもしれないし、いずれにしても無理して参加しなくてはならない理由はどこにもありません。

05. 毎朝、瞑想をしてみる

瞑想する人

最近、瞑想がよく話題にされているのには理由があります。瞑想がいま脚光を浴びているのは、ストレスや不安を緩和するのにすばらしい方法だから。

瞑想をするのにわざわざ貴重な1時間を捻出する必要もありません。Headspaceなどのアプリでは、毎朝たった10分間ほどの瞑想をすすめています。これなら間違いなくあなたにも時間がつくれるはず。

06. 寝室を片づける

布団を整える人

はい、わかってます。もうすでに山のようにやることがあるのに、そのリストにもうひとつ項目を追加してと言われたら、答えはおそらく「ノー」。でも聞いてください。寝室を片づけると、結果的にはさらにリラックスした気分になれるのです。

ものが散乱していること自体がストレスになるので、毎晩ちらかった部屋に帰ってきてぐっすり眠るのはなかなか難しいこと。部屋を片づければ気持ちもスッキリして、頭の中も整理されたような気分になりますよ。

07. 午後のカフェイン摂取を減らす

コーヒー

年末年始は、朝昼晩といつになく忙しい時間を乗り切るために、ふだんよりもカフェインを多く摂取していませんか? それは理解できますが、思わぬ影響がある恐れも。寝る6時間前にカフェインを摂取すると、なかなか寝つけなくなり、夜じゅうぶんに身体を休めることが難しくなってしまうのです。

午後3時頃に気分がどんよりしたとしても、夜ちゃんとした時間に寝られるなら、後でよかったと思えるはず。翌日にはいつもより身体を休めたと実感できるでしょう。

08. ふだんの生活習慣を崩さない

メモする人

年末年始は、余計なイベント、買い物、準備などがあるために、スケジュールがめちゃくちゃになりがち。でも、いつも通りの日課は守るように心がけましょう。毎日の習慣に従うことは免疫システムにもよく、ストレスが減り、睡眠パターンも向上することが研究でわかっています

また一般的に、そのほうが気持ちも整理できます。スケジュールを取り出して、予定をうまくやりくりしてみましょう!

09. 外に散歩に行く

散歩

外は寒いかもしれませんが、暖かい上着をはおって、屋外に散歩に出かけましょう。心をおだやかにして気分をリフレッシュするには、ただ外の自然の中にいるだけでも十分です。

屋外でエクササイズをするのも、自分自身や精神の健康状態を意識するのにかなり役に立ちます。

10. 感謝の日記をはじめる

日記

毎朝一日のはじまりに、あるいは毎晩一日のおわりに、感謝の日記をささっと書いてみましょう。その日にあった感謝したいことを少なくともひとつメモするだけでOK。

時間の無駄のように思えるかもしれませんが、より幸せで健康的かつ前向きな気持ちなるのに、感謝を表現することが役に立つと研究でも証明されています

楽しい時期はストレスに負けたくない!

イライラしたら5秒で解決! ネガティブ感情を和らげる方法

サイエンスライターの鈴木祐さんによる著書『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』より、すぐに実践できるストレス対策を毎日紹...

https://www.mylohas.net/2018/12/stress_18.html

溜め込んだ疲れをスッキリ! 年末の疲労をすばやく回復する方法5つ

年末に向けて忙しくなると、どうしても疲労が溜まりがち。この疲労をいかに素早く回復させるかが年末を乗り越えるポイントになるでしょう。健やかに新年を迎え...

https://www.mylohas.net/2018/12/181498.html

Jessica Booth/27 Self-Care Rituals to Reduce Holiday Stress
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?