1. Home
  2. BODY
  3. 頻繁にトイレに行く。のどが渇きやすい。糖尿病になりやすい人のサインとは?

頻繁にトイレに行く。のどが渇きやすい。糖尿病になりやすい人のサインとは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

28,539

MYLOHAS編集部

水を飲む女性

image via shutterstock

糖尿病の中でももっとも一般的なのが「2型糖尿病」。長い期間にわたって血糖値(血中ブドウ糖)が高い状態が続いてしまう病気です。

この2型糖尿病の原因や症状、治療、合併症のことなど、知っておきたいことすべてを医師に聞きました

基礎知識はこちらの記事で。

2型糖尿病の原因は?

脂肪

image via shutterstock

2型糖尿病の原因は、生活習慣と遺伝の両方。2型糖尿病は、次のような人に起こりやすいといわれています。

  • 家族歴:父母または兄弟姉妹が2型糖尿病になっている。
  • 年齢:45歳以上。
  • 体重:体重が過多あるいは肥満となっている。特にヒップに対するウエストの比率が高い場合。
  • 運動をあまりしない:体重管理に加えて日々の運動は、インスリンへの感受性を高め、血糖値を下げてくれます。
  • 人種:アフリカ系アメリカ人、アラスカ先住民、アメリカ先住民、アジア系アメリカ人、ヒスパニック系、ラテン系、ハワイ先住民、太平洋諸島の民族は、糖尿病の発症割合が高いとされます。
  • 妊娠糖尿病:もしくは約4キロ以上の赤ちゃんを産んだ場合。
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
  • 高血圧
  • コレステロール値が高い(※1)

2型糖尿病の症状とは?

疲れた女性

image via shutterstock

2型糖尿病は、長い時間をかけてゆっくりと血糖値が高くなる場合には、自覚症状がほとんどないこともあります。また、症状が少しずつ現れるため、気づかないこともあります。

次のような2型糖尿病の症状に気づいたら、医師に相談することが大切です。(※2)

  1. のどの渇き
  2. 頻尿
  3. 空腹感
  4. 疲労感
  5. 目がかすむ
  6. 傷が治りにくい
  7. 膣カンジダ
  8. 体重減少
  9. 手足の感覚の低下

01. のどの渇き

水

のどが非常に渇いている感じが続いたり、のどの渇きが気になる。

02. 頻尿

トイレ

頻繁にトイレに行きたくなったり、尿量が増えたりする。

03. 空腹感

ハンバーガー

空腹感が増したり、食べている間でもお腹がすく。

04. 疲労感

電池

極度な疲労感を感じる。

05. 目がかすむ

目

視界がぼやける。

06. 傷が治りにくい

絆創膏

切り傷などの皮膚の傷、打撲が治りにくい。

07. 膣カンジダ

下着

女性の場合、膣カンジダの頻度が増してきた。

08. 体重減少

体重計

食事をしているのに体重が減ってきた。

09. 手足の感覚の低下

手

手足の感覚が低下したり、チクチクしたり、手足に痛みが出たりする。


具体的な診断方法は次回の記事で。

※1 CDC ※2 American Diabetes Association

糖尿病予防で気をつけたいことは?

栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

糖尿病になると甘いものは食べられない?そんなことはないかも。簡単でおいしい、栄養士のお墨付きのすばらしいアイデアをいくつか紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/179935diabetes.html

糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

すい臓が作るホルモンのインスリンがうまく働かず、高血糖な状態が続いてしまう「糖尿病」。病名に「糖」の字が入っていますが、砂糖の摂りすぎが原因とは限り...

https://www.mylohas.net/2018/11/179695diabetes.html

Brittany Risher/Type 2 Diabetes: Every Important Fact to Know About Causes, Symptoms, and Treatments
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析