1. Home
  2. EAT
  3. 「さば」でダイエット&血液サラサラ対策。簡単さば缶レシピも

「さば」でダイエット&血液サラサラ対策。簡単さば缶レシピも

5,100

MYLOHAS編集部

2018年を象徴する食材のひとつが「さば」。青魚に多く含まれるDHAとEPAに血液中の中性脂肪を減らす働きがあると言われており、その栄養価にも注目が集まりました。さば水煮缶を使うと、より簡単に取り入れられるのもうれしい点ですね!

今回は「さば」の健康パワー、食べ方などをまとめました。年末年始にぜひ「さば」メニューにトライしてみてはいかがですか?

内臓脂肪は簡単におとせる! いますぐやるべき10のこと

naizou_before-1

『内臓脂肪を最速で落とす』(幻冬舎)の著者で内科医の奥田昌子先生に聞いた、内臓脂肪を減らすための10のアクションのひとつが、「魚を週4回食べる」でした。

青魚に多く含まれるDHAとEPAは中性脂肪を減らすことで内臓脂肪をつきにくくしてくれるといいます。とくにDHAとEPAが多いのが背中の青い魚がおすすめとのこと。昼食には「さば」定食を選んでみるのはどうでしょう?

内臓脂肪は簡単におとせる! いますぐやるべき10のこと

さば水煮缶で強い骨づくりをサポート、血液もサラサラに

1803_mackerel_02

常備食材として身近なさば水煮缶は、EPAやDHAに加え、強い骨づくりをサポートする栄養素が含まれた優秀な食材。捨ててしまいがちなさば水煮缶の汁には、ビタミンB群やビタミンCなど水に溶ける成分が入っているので、汁ごと使うのがベストだそう。さば水煮缶の健康パワーをお届けします。

さば水煮缶で強い骨づくりをサポート、血液もサラサラに

時短でヘルシー栄養たっぷりサバカレーの作り方

20180110_sabacurry_top

手抜きでも栄養満点なメニューがこちら。これは簡単! 仕事帰りで疲れた時でも、食欲が湧く1品です。すぐできておいしいサバ缶を使ったサバカレーレシピ(作り方)をご紹介します。

時短でヘルシー栄養たっぷりサバカレーの作り方

食事から花粉症を和らげる5つのメソッド

1803_pollen5_top

食事や飲みものから有効成分を摂取し、花粉症を対策する方法のひとつが「サバやアジといった青魚の脂、エゴマ、アマニ、クルミに含まれる、オメガ3系脂肪酸を含む脂肪を摂ること」だそう。サバの塩焼きなどは、脂が多い皮目の部分も残さずに食べるのがおすすめ。

マスクやメガネなどの外側を守るグッズだけじゃなく、体の内側から花粉症を和らげる効果が期待できる食材や食事の方法をご紹介します。

食事から花粉症を和らげる5つのメソッド

モデルケリーの日常ごはんから。忙しい日は「アボカド×さば缶」でヘルシーパスタ

sample_X9A3155

ヘルシーな日常ごはんを提案してくれているモデル・ケリー。今回は、ケリーが大好きなスーパーフードの代表格アボカドにあわせる食材として、タンパク源をプラスするため、さばの水煮缶を使っています。このパスタがまた作り方が簡単。ソースは火を使わずあえるだけ!おせち料理にあきてきたら、アボカドとさばの冷製パスタはいかがですか?

忙しい日は「アボカド×さば缶」でヘルシーパスタ |モデルケリーの日常ごはん

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析