1. Home
  2. BODY
  3. 意外と衰えてる? バランス感覚に優れた人になるための6つのヒント

意外と衰えてる? バランス感覚に優れた人になるための6つのヒント

3,268

冠ゆき

スラックラインをする女性

体が倒れないよう、まっすぐ保つ平衡感覚。スケートやサイクリングなどのスポーツだけでなく、普段の歩行や動作にも必要な能力です。

年齢とともに衰えやすいものですが、Quick and Dirty Tipsによれば、シニアでなくても、平衡感覚を鍛えることには意味があるそうです。

というのも、優れた平衡感覚は、ケガのリスクを下げ、運動自体のパフォーマンスを上げ、ひいては長期的に健康を保つのに役立つからです。

そこで、平衡感覚を鍛えるために今からできる日常のヒントを、同記事から6つピックアップして紹介しましょう。

1.よく眠る

睡眠をとる女性

バランスを保つためには、視覚、固有感覚(四肢や関節、筋肉などを感知すること)、前庭器官(内耳にあり、運動・平衡・空間を把握する)の3つの機能が不可欠だそう。しかし睡眠不足は、これらの機能に影響を及ぼします。

よく眠れなかった日の翌日は、平衡感覚は著しく悪化します。視覚と固有感覚を結ぶ機能が、悪くなるからです。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

2.正しい姿勢を保つ

姿勢を意識する女性

バランスというのは、何をしているときでも、背骨の位置を中心に安定させる能力です。姿勢は、見落とされがちですが、重要なことです。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

正しい姿勢を保つのは、平衡感覚を身につける基礎の基礎ということでしょう。

3.裸足で歩く

素足で歩く

裸足で歩くことは、足裏にある何千という神経を刺激するので、より多くの情報を脳に送ることができ、その分バランス能力を高めることができます。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

確かに、裸足で歩けば、道の凹凸や滑りやすい場所にも敏感になります。冬の間は難しいでしょうが、暖かい季節には、家の中や砂浜では、意識して裸足になってみたいものです。

4.バランスを意識して生活する

白線の上を歩く女性

バランスを鍛えるための簡単なエクササイズを生活に取り入れる機会は、意外に多くあります。

・歯磨きする間、片足で立つ。

(中略)

・歩道の線など、まっすぐな線の上を逸れないように歩く。

(中略)

・靴下や靴を、立ったまま座らずに履く。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

5.動きをコントロールする

片足立ちをする女性

動きをコントロールするには、「ゆっくり」がキーとなります。

今朝、出かける準備を整える時、片足で立ち、バランスをとってみました。ゆっくりかがんで靴の片方を取り、ゆっくりそれを足にはめ、ゆっくり靴ひもを結ぶ間、その足を上げたままにしました。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

バランスを必要とする動作も、上の例のようにひとつひとつゆっくり行えば、動き全般に意識が回りコントロールできるわけです。

6.いつものエクササイズを片足でしてみる

片足スクワット

すでに、ジム通いや運動を習慣としている人は、エクササイズを片足版に置き換えてみるのもおすすめです。

片足デッドリフトや、片足スクワット、ピストル・スクワットやスケーター・スクワットなど、バランス能力を必要とするエクササイズをしてみましょう。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

長く健康に過ごすのに役立つバランス能力。今から意識して鍛えておきたいもののひとつです。

日常動作をトレーニングに!

「ゆっくり座る」=スクワット効果あり? 日常動作をトレーニングに

ひと駅分歩いたり、エスカレーターを使わず階段を昇るなど……。ほんの少し気を付けるだけで日常動作がトレーニングになる方法を、ボディデザイナーの森俊憲さ...

https://www.mylohas.net/2018/11/training2.html

毎日30分だけ歩けば、7つも健康メリットが! 簡単にできるおどろきの効果

一日30分歩けば、医者いらず?心身ともにメリットがあるウォーキングの効果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/178124wolking.html

[Quick and dirty tips]

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた