1. Home
  2. BODY
  3. 意外と衰えてる? バランス感覚に優れた人になるための6つのヒント

意外と衰えてる? バランス感覚に優れた人になるための6つのヒント

3,948

冠ゆき

スラックラインをする女性

体が倒れないよう、まっすぐ保つ平衡感覚。スケートやサイクリングなどのスポーツだけでなく、普段の歩行や動作にも必要な能力です。

年齢とともに衰えやすいものですが、Quick and Dirty Tipsによれば、シニアでなくても、平衡感覚を鍛えることには意味があるそうです。

というのも、優れた平衡感覚は、ケガのリスクを下げ、運動自体のパフォーマンスを上げ、ひいては長期的に健康を保つのに役立つからです。

そこで、平衡感覚を鍛えるために今からできる日常のヒントを、同記事から6つピックアップして紹介しましょう。

1.よく眠る

睡眠をとる女性

バランスを保つためには、視覚、固有感覚(四肢や関節、筋肉などを感知すること)、前庭器官(内耳にあり、運動・平衡・空間を把握する)の3つの機能が不可欠だそう。しかし睡眠不足は、これらの機能に影響を及ぼします。

よく眠れなかった日の翌日は、平衡感覚は著しく悪化します。視覚と固有感覚を結ぶ機能が、悪くなるからです。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

2.正しい姿勢を保つ

姿勢を意識する女性

バランスというのは、何をしているときでも、背骨の位置を中心に安定させる能力です。姿勢は、見落とされがちですが、重要なことです。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

正しい姿勢を保つのは、平衡感覚を身につける基礎の基礎ということでしょう。

3.裸足で歩く

素足で歩く

裸足で歩くことは、足裏にある何千という神経を刺激するので、より多くの情報を脳に送ることができ、その分バランス能力を高めることができます。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

確かに、裸足で歩けば、道の凹凸や滑りやすい場所にも敏感になります。冬の間は難しいでしょうが、暖かい季節には、家の中や砂浜では、意識して裸足になってみたいものです。

4.バランスを意識して生活する

白線の上を歩く女性

バランスを鍛えるための簡単なエクササイズを生活に取り入れる機会は、意外に多くあります。

・歯磨きする間、片足で立つ。

(中略)

・歩道の線など、まっすぐな線の上を逸れないように歩く。

(中略)

・靴下や靴を、立ったまま座らずに履く。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

5.動きをコントロールする

片足立ちをする女性

動きをコントロールするには、「ゆっくり」がキーとなります。

今朝、出かける準備を整える時、片足で立ち、バランスをとってみました。ゆっくりかがんで靴の片方を取り、ゆっくりそれを足にはめ、ゆっくり靴ひもを結ぶ間、その足を上げたままにしました。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

バランスを必要とする動作も、上の例のようにひとつひとつゆっくり行えば、動き全般に意識が回りコントロールできるわけです。

6.いつものエクササイズを片足でしてみる

片足スクワット

すでに、ジム通いや運動を習慣としている人は、エクササイズを片足版に置き換えてみるのもおすすめです。

片足デッドリフトや、片足スクワット、ピストル・スクワットやスケーター・スクワットなど、バランス能力を必要とするエクササイズをしてみましょう。

Quick and dirty tipsより翻訳引用

長く健康に過ごすのに役立つバランス能力。今から意識して鍛えておきたいもののひとつです。

日常動作をトレーニングに!

「ゆっくり座る」=スクワット効果あり? 日常動作をトレーニングに

ひと駅分歩いたり、エスカレーターを使わず階段を昇るなど……。ほんの少し気を付けるだけで日常動作がトレーニングになる方法を、ボディデザイナーの森俊憲さ...

https://www.mylohas.net/2018/11/training2.html

毎日30分だけ歩けば、7つも健康メリットが! 簡単にできるおどろきの効果

一日30分歩けば、医者いらず?心身ともにメリットがあるウォーキングの効果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/178124wolking.html

[Quick and dirty tips]

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    7. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    10. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら