1. Home
  2. BODY
  3. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,540

MYLOHAS編集部

女性の横顔

image via shutterstock

年齢よりもずっと若く見える女優、歌手、モデルには憧れますよね。その若さが、シンプルで自然な習慣で手に入るとなればなおさらです。彼女たちの秘訣を学べば、あなたも若返る術を身につけられるかもしれません。

年を重ねても衰えない魅力を持ち、ベストな自分を維持し続けるセレブ10人をご紹介します。

  1. ジュリア・ロバーツ
  2. ヴィクトリア・ベッカム
  3. タイラ・バンクス
  4. ジェニファー・ガーナー
  5. エヴァ・ロンゴリア
  6. ルーシー・リュー
  7. カイリー・ミノーグ
  8. ケイト・ブランシェット
  9. エイミー・アダムス
  10. キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

01. ジュリア・ロバーツ

ジュリアロバーツ

女優ジュリアのトレードマークの笑顔を見れば、彼女が51歳だと思う人はいないでしょう。

2012年の『インスタイル』によると、魅力的な笑顔を保つ秘訣は、毎日重曹で歯磨きをすること。祖父から教わった習慣だそうです。

02. ヴィクトリア・ベッカム

ビクトリアベッカム

元スパイス・ガールズの彼女も44歳。年を取るにつれ、加齢を受け入れることを学んだと言います。

美容サイト「Into the Gloss」で、日々の美容ルーティンとして、保湿パックがしっかり顔に密着するようにジェイドローラーを使っている、と語っています。

03. タイラ・バンクス

タイラバンクス

まさに「トップ・モデル」の女優で、現在44歳のタイラは、「smize」(目で笑って)とアドバイスをしたことでも有名です。

最近の『トゥデイ』で、モードな肌を保つため、不乾性クレンザーと手ぬぐいを使い、1日2回洗顔をして角質を落としている、と教えてくれました。

04. ジェニファー・ガーナー

ジェニファーガーナー

映画『13ラブ30 サーティンラブサーティ』のスター女優は46歳。

彼女の若さの秘密は、ニュートロジーナの7ドルの日焼け止めを毎日使うことだと言います。

05. エヴァ・ロンゴリア

エヴァロンゴリア

ドラマ『デスパレートな妻たち』でブレイクした46歳の女優エヴァは、ウィステリア通りに住んでいた頃と変わらない美しさを保っています。

2017年の『アリュール』誌によると、彼女の最大の秘密も日焼け止めクリームを毎日欠かさず塗ること、だそうです。

06. ルーシー・リュー

ルーシーリュー

ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』のスター女優ルーシーは、現在49歳。2016年の「E!ニュース」で、彼女のアンチエイジング習慣の一部が紹介されていました。

健康的な食事、厳しい朝のワークアウトをしっかり行うこと、歩きやすいヒールだけを履くこと、だそうです。

07. カイリー・ミノーグ

カイリー

2018年に50歳になった歌手カイリー。

英ITVの番組『Lorraine』のインタビューで、若返りの秘策は、日焼け止めを塗ること、必ずメイクを落とすこと、優秀な皮膚科医に診てもらうこと、と話しています。

08. ケイト・ブランシェット

ケイトブランッシェット

49歳の女優ケイトは、以前『インスタイル』で輝く肌の秘密を明かしています。

ビタミンを摂ること、万が一メイクをしたまま寝てしまったときには、翌朝きちんと肌の調子を整えてあげること、などと語っています。

09. エイミー・アダムス

エイミーアダムス

過去に『アリュール』誌で、レッドカーペットイベントではナチュラルメイクを好むと話していた44歳の女優エイミー。

老化防止のため行っているスキンケアルーティンでは、ダーマロジカのクレンザーとドゥ・ラ・メールの保湿クリームを使っているそう。

10. キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

キャサリンセタジョーンズ

49歳の女優キャサリンは2017年、雑誌『W』で若返りのために行っていることを共有しています。

たくさんの「水を飲んで、pHバランスを保っているの。アルコールは飲まず、しっかりとした食事を摂ることで、体の内側にも外側にも炎症が起こらないようにしているわ」とのこと。また、定期的なエクササイズにも取り組んでいます。

セレブの美しさの秘密は?

魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

数十年にわたり、ハリウッドでも際立つ魅力的なボディを維持し続けるジェニファー・ロペス。その背景には、3つのとてもシンプルなルールがありました。

https://www.mylohas.net/2018/11/179832attractive-body.html

ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

36歳のブルトニーの腹筋は、くっきりと割れていて圧巻。彼女のワークアウトは驚くほどシンプル。ぜひ真似をしてみては?

https://www.mylohas.net/2018/11/178573britney.html

Emilia Benton/40 Celebrities Over 40 Who Seem to Be Aging in Reverse
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析