1. Home
  2. BODY
  3. あなたの息も要注意。黙々と仕事をするほど口臭リスクが上がるらしい

あなたの息も要注意。黙々と仕事をするほど口臭リスクが上がるらしい

1,735

林 ゆり

口臭

オーラルケアの意識は年々高まりを見せ、ランチ後も多くの女性が歯みがきを行っているのを見かけます。虫歯だけでなく、口臭予防にも気を配る人が増えました。

「働く女性の職場のコミュニケーションに関する意識調査」によると、約8割の女性が自分自身の口臭が気になることがあるという結果に。実は、近年の職場環境にもその原因がありました。

相手の口臭が気になると話が半分しか頭に入ってこない!

今回の意識調査の結果から、職場での会話の際、相手の口臭が気になると答えた人は、約半数の51.5%。その相手は上司という回答が63.6%でした。

気になる口臭

口臭が気になったときに「話の内容の理解度」を自己申告してもらうと、なんと54.4%という結果に。

1on1ミーティング(おもに上司と部下が1対1で行う定期的な個人面談)が世界的トレンドになるなど、職場での近距離コミュニケーションが注目されている中、約半分の理解度となると考えさせられますね。相手の口臭が気になり、自分自身の口臭は大丈夫なのかと心配になることも。

デジタルツールの発達が口臭リスクを高めている?

ストレスによる体調不良も口臭の原因のひとつですが、実は、口を閉じたままの時間が長いことも口臭の原因になるそう。

オフィス

デジタルツールの発達や普及で口頭での会話がほとんどない職場が多く、会話がないため、口を閉じたままの状態が続きます。すると、唾液の分泌量が減り、舌苔として菌が舌表面に沈着・増殖しやすくなり、口臭が発生。

唾液には、リゾチームという殺菌力のある酵素も含まれているため適切に分泌されると口臭は抑えられますが、唾液の量が減ると口臭のリスクも高まるそう。

職場のストレスで無口になりがちになると、さらに口臭がきつくなるという悪循環に陥るので、口を閉じた状態がつづくことは、あまりおすすめしません」

というのは、東京歯科大学・千葉歯科医療センター准教授の亀山敦史先生。

口臭の観点から、職場での対面式のコミュニケーションをはかることは、口腔内の洗浄効果を適切に保つポイントのひとつでもあるようです。

口臭予防はマスキングからデオドラントへ

歯磨き

口臭が気になるときは、香りのするガムなどでごまかすのではなく、消臭効果を求める人が増えているそう。そこで、第一三共ヘルスケア株式会社が口臭予防に特化して開発したのが、新ブランドの「ブレスラボ」です。

臭いのもととなる成分を取り除くと同時に、生理的口臭の原因となる細菌を殺菌するだけでなく、抗炎症成分配合で病的口臭の原因となる歯肉炎も防いでくれるのだそう。

ブレスラボ

ブレスラボ ダブルミント/シトラスミント 90g 880円 ブレスラボ マウスウォッシュ ダブルミント/シトラスミント 450ml 880円 (すべて税抜)

製薬会社が本気で開発したという歯みがき粉とマウスウォッシュは、使用後の爽快感が長続きして、寝起きの不快感も軽減された気がします。

自分の口臭は、自分自身でわかりにくいものです。気になって、ひとりで悩む前に、口臭予防に特化した歯みがき粉やマウスウォッシュを使ってみるのもひとつの方法ですね。

あなたのニオイは大丈夫!?

お願い!気がついて。だって「口が臭い」なんて言えない……口臭チェック&対策法

歯や歯医者さんにまつわる疑問に答える、「歯や歯医者さん基本のき」。Vol.6のテーマは、口のにおいの問題です。口臭が問題になるのはどういうときなのか...

https://www.mylohas.net/2018/10/176745badbreath.html

ストレスが原因で臭ってるかも。緊張すると皮膚ガスが出るそうです

人は性別や年齢に関係なく、初対面の人との対話やプレゼンといった心理的ストレスがかかると「ストレス臭」が出てしまうんですって! しかも、このニオイは、...

https://www.mylohas.net/2018/10/177292stress_odor.html

ブレスラボ

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5