1. Home
  2. BODY
  3. 女性の75%が経験する「セックスが痛い」。婦人科医が教える性交痛のなくし方

女性の75%が経験する「セックスが痛い」。婦人科医が教える性交痛のなくし方

The New York Times

7,764

裸の女性

性交疼痛症(性交痛)という医学的症状によって、女性はセックス中に痛みを感じることがある。(Claire Milbrath/The New York Times)

女性のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)に関するコラム「ザ・サイクル」より。カリフォルニア在住の産婦人科医、ジェン・ギュンター博士がアドバイス。

私はときどき、女友達からこんな質問を受ける。新しいパートナーになりそうな男性がいるんだけど、「大きすぎる」んじゃないかと思っているの——。友人に産婦人科医がいると、何でも聞けて便利に違いない。

ほとんど知らない人から質問されることも珍しくない。昔、当時の夫と、私が会ったことのない知人のグループでディナーに出かけたときのこと。自己紹介をすると、パスタを口いっぱい頬張っている私にある女性が尋ねた。「私たちセックスができないの。彼のペニスが大きすぎるのよ」。私は思わず、固まってしまった。

だけど専門家として言いたいのは、ペニスが大きすぎるから出来ないというのは都市伝説に近く、そんなことはほとんどないということだ。大抵の場合はサイズの問題ではなく、性交疼痛症、いわゆる性交痛という医学的な症状だ。

「きつい」の多くは「膣けいれん」という症状

女性

Image via Shutterstock

「壁にぶつかられているような感じがしませんか?」と私が言うと、質問した女性たちに「あなたは超能力者なの?」といった顔で見つめられる。私にそんな能力はない。

タンポンを入れたときやセックスの時に膣(ちつ)がきついように感じて痛い、という女性のほとんどにみられるのは「膣けいれん」という症状だ。

これは膣口周辺の筋肉、「骨盤底筋群」が痙攣し、強く引き締まってしまう状態を指す。この筋肉群は普通は性的刺激を受けると緩み、オーガズムが起こるとリズミカルに収縮する。

しかし、これが収縮して締まってしまうと、セックスの際に挿入が困難だったり痛みを感じたり、オーガズムに達しにくかったりし、セックスの後にもっと痛くなることさえある。

女性の75%、更年期では45%が経験

カップル

Image via Shutterstock

セックス時の痛みは、女性の約75%に経験がある。女性のうち7~22%が慢性的な性交痛に悩まされ、更年期の女性では45%、がんを克服した女性では60%が性交痛を報告している。

その原因は、前述した筋肉のけいれんから、前戯が足りない、授乳中や更年期で女性ホルモンが減っている、神経痛や皮膚の状態、子宮内膜症などの病気によるものなどさまざまだ。

心理的な面もある。セックスで痛みを感じた経験があると、多くの女性はまた痛いんじゃないかと思ってしまう。すると痛みに対して反応しやすくなるし、潤滑液の分泌や「やる気」も減退してしまう。痛みに対する条件反射ができてしまうのだ。性的なトラウマが原因となって痛みを感じるようになってしまう場合もある。

医学では誤った考えを退けて事実を把握するだけでも難しいが、セックスに関してはさらに何重もの要素がある。ほとんどの人は十分に適切な性教育を受けておらず、セックスについてどう語ったらいいか分からないというのもハードルのひとつだ。

女性に性交痛や自分の性的欲求についてパートナーと話し合っているかと尋ねると、「そんなことできません」という声を聞くことも多い。セックスについて話すことは難しいと多くの医師が感じ、問題を複雑にしている。

いくつか解決法を見てみよう。

セックスする男女

image via shutterstock

セックス全体を見渡す

性交痛の治療には、身体の仕組みから感情的な面、さらにベッドテクニックは適切かどうか、またもちろんパートナーとの関係はどうかといったことが関わってくる。

自分は今、ひどく不幸せだと感じていたら、あなたが欲しい性的刺激は得られないだろうし、体も適切に反応しないだろう。パートナーのことを好きでなければ、どんな治療をしても役立たない。

潤滑剤を使う

性交痛に悩む多くの女性を救ってくれるのが、ゼリーなどの潤滑剤だ。けれど残念なことに同じく多くの女性から、パートナーの男性が潤滑剤の使用を嫌がる、あるいは潤滑剤を使いたいと言うとパートナーから非難さえされる、と聞く。私の女友達はこれについて、とてもがっかりしている。

眼鏡が必要な人は劣っているなんて考える人はいないだろう。いつも眼鏡が必要な人もいれば、歳をとって必要になる人もいる。セックスのために潤滑剤を使うことは、見るために眼鏡が要るのとまったく変わらない。

女性の手を握る男性

image via shutterstock

前戯を十分に

セックスの際に必要な前戯、あるいは望む前戯は、人によって大きく違う。ディナーの席でこの話題になると、男性たちはすぐに「前戯は十分している」と言う。そうすると私は思わず専門医として、疑いの目を向けてしまう。だから通常、最初の診察はパートナーは伴わずに女性1人で来てもらうのだ。

前戯だけでセックスの痛みが治ることはまれだが、多くの人はもっとたくさん前戯が欲しいと思っている。前戯を2倍にしてみれば、性的に健康的だし、何よりも楽しいはずだ。

よい専門家を見つける

よい婦人科医を知っている女性ならば、性交痛を治すこともできるだろう。逆によい医師や専門家を知らなければ、治療も困難になりがちだ。治療によっては高額なものや自分に合わないと思えるものもあるからだ。

また人に語ったことがない、あるいは語れない性的トラウマがあるという女性もいる。婦人科医や理学療法士(PT)だけではなく、場合によってはセックス・セラピストや心理カウンセラーも役立つかもしれない。

性交痛治療の満足度は大きい

性交痛の治療の満足度は非常に大きい。私が治療を手掛ける健康問題の中で、患者が再度診察に訪れるときにクスクス笑いながら「先生、こんなに気持ちいいなんて知らなかった!」と言いながらやって来るのは、性交痛だけだ。

痛みを完全には解決できない場合でも、診断を受けるだけでもかなり有効だし、真面目に話を受け止めてもらえるだけでも大きいと言う女性は多い。セックスの際に痛みを感じる女性が壊れているわけではない。問題は医学的な状態なのだ。そして彼女たちは孤立無援ではない。

© 2018 New York Times News Service[原文:Sex Hurts. Help! /執筆:Jen Gunter](抄訳:Tomoko.A)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    2. 賞味期限を過ぎても大丈夫? 納豆をより効果的に食べる方法は?

    3. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    4. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    2. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    3. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    4. 【2月の満月】今年最大の満月! スーパームーンがもたらす癒しと美のパワー

    5. ダイエット中に意識したい、主食や糖質の食べ方3つ

    6. 「糖質制限+筋トレ」でタンパク質不足に? タンパク質の正しい摂取法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 空腹ホルモンを減少させる小さな習慣

    9. いつもの睡眠を「快眠」にバージョンアップさせるヒント5

    10. 納豆の栄養をパワーアップさせたい。プラスするとよい食材は?

    1. 糖質や脂質よりも要注意!? 太りやすい食品とは?

    2. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    3. 体重が密かに増えている、寝る前にやってはいけない9つの行動

    4. 「魔法の15分」で夜が変わる? 習慣化のプロが教える、スマートな夜の過ごし方

    5. 納豆マニアが厳選。スーパーで買えるおいしい納豆12選

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも。見逃しやすい8つの症状

    8. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    9. 1回13分の筋トレで筋肉は増強するという最新結果。その内容は?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品