1. Home
  2. EAT
  3. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,444

MYLOHAS編集部

定番のマッシュポテトは、体を甘やかしたくなるほどのおいしさ。そこで、ヘルシーにアレンジしました。

じゃがいもの代わりにカリフラワーを使えば、簡単にビタミンC、カリウム、植物性オメガ3などを食事に取り入れることができます

さらに、生クリームをオリーブオイルで代用すれば、飽和脂肪を減らして、免疫を高める抗酸化物質を多く摂ることも。クリームを入れなくても十分においしいですよ!

パルメザンチーズをすりおろしてかければ、チーズ欲も満たしてくれる大満足の一品です。

マッシュポテト

<材料/8人分>

  • オリーブオイル 1/4カップ
  • 粗みじん切りにしたカリフラワー 2個(約900グラム)
  • 粗みじん切りにした新玉ねぎ 1/2個
  • つぶしたにんにく 4片
  • コーシャーソルト(塩でも可)
  • 減塩鶏ガラスープ 1カップ
  • 皮をむき2.5センチ角に切った黄色いじゃがいも 約1.3キロ
  • すりおろしたパルメザンチーズ 1/4カップ
  • すりおろしたナツメグ(盛り付け用)

<作り方>

  1. 大きめの平らなフライパンに油大さじ2を入れ、中火で温めます。カリフラワー、玉ねぎ、にんにく、塩小さじ1/2を入れて、ふたをして加熱します。ときどきかき混ぜながら、柔らかくなるまで12~15分待ちます。鶏ガラスープを加え、またふたをします。十分に柔らかくなるまで、5~6分煮込みます。
  2. その間に、じゃがいもを大きな鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて沸騰させます。塩小さじ2を入れたら火を弱め、じゃがいもが柔らかくなるまで煮込みます(12~15分)。お湯を捨てて、鍋の中でつぶします。こし器やポテトライサー(マッシャー)を使えば、よりなめらかに仕上がります。
  3. じゃがいもを調理している間に、カリフラワー、煮汁、パルメザンチーズ、残りの油大さじ2をフードプロセッサーに入れて攪拌します。途中、何度か容器の側面についた食材を戻し入れながら、なめらかになるまで混ぜ合わせます。
  4. カリフラワーのピューレを、4回に分けて少しずつじゃがいもと混ぜ合わせます。お好みで、すりおろしたナツメグを振りかけたら、できあがりです。

栄養(1人前):220キロカロリー、タンパク質5グラム、炭水化物34グラム、食物繊維4グラム、糖質3グラム(添加糖0グラム)、脂質8グラム(飽和脂肪1.5グラム)、コレステロール2ミリグラム、ナトリウム315ミリグラム

調理時間: 40分

栄養は手軽においしく摂りたい

高タンパク&低脂肪なひよこ豆。混ぜるだけ5分で作る、簡単フムス

ひよこ豆を知っていますか?いま、高タンパク&低脂肪の食材として、Veganだけでなくアスリートからも注目されているそう。大豆と比較してみても、確かに...

https://www.mylohas.net/2018/12/180703hummus%e2%80%8e.html

ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

スーパーフードの知恵を頼りに試行錯誤して、とってもヘルシーで美容効果&ダイエット効果のつまった美味しいポテトサラダができました。そのレシピを伝授しま...

https://www.mylohas.net/2018/12/180451potatosalad.html

The Prevention Test Kitchen/Cauliflower and Potato Mash
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由