1. Home
  2. HEALTH
  3. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

ポジティブ栄養学

18,131

吉川圭美

ケーキを見つめる女性

image via Shutterstock

「疲れたときには甘いもの」とは、よく耳にする言葉ではないでしょうか。実際、仕事の合間にチョコレートを口にすると、なぜかほっとする、イライラが落ち着く、という経験は、多くの人がしていることでしょう。

実は、甘いものを食べると、脳のなかで「幸せホルモン」といわれるセロトニンが増えていると考えられています。その理由を探ってみましょう。

感情の伝達を受け持つ物質とは

チョコを食べる女性

image via Shutterstock

甘いものと幸福感の話をするまえに、脳のなかではどんな風に感情が生み出されているのか、改めて考えてみましょう。

脳のなかでは神経細胞がひしめいていて、細胞同士がたくさんの情報をやりとりしています。感情もそのひとつ。その伝達を担っているのが、脳内神経伝達物質と呼ばれる物質です。

たとえばやる気を高めるノルアドレナリン、元気さを生み出すドーパミン、落ち着いた状態をつくるGABAなどさまざまなものがあります。これらの物質がバランスよく存在することで、ほどよく落ち着いた前向きな状態がつくられています。

これらの物質は、タンパク質を最小単位にまで細かくした状態であるアミノ酸、ビタミン、ミネラルをもとに、脳のなかで作られています。アミノ酸は、そのまま単独で脳に届くのではなく、“運び屋“によって届けられます。

アミノ酸には、いろいろ種類がありますが、運び屋は一種類だけのアミノ酸を専門に運ぶのではなく、ひとつの運び屋が複数の種類を担当します。例えば、セロトニンの材料はトリプトファンといわれるアミノ酸。一方で、トリプトファンを脳に運ぶ運び屋は、同じくアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンも担当するといった具合です。

食べると幸せになるスイーツ。でもそれは一瞬

スイーツを食べる女性

image via Shutterstock

ここで話を甘いものに戻しましょう。スイーツを食べると、血糖値がグンと上がり、下げるためのホルモンが出されます。このとき、バリン、ロイシン、イソロイシンも駆けつけます。すると、血液中のトリプトファンの比率が上がります

脳には優先的にトリプトファンが多く届けられるため、セロトニンが多く作られ、シアワセ感につながる、ということになります。

ただ、このシアワセ感は「一時的」なもの。もっともっと、ということでますますお菓子が恋しくなったり、自律神経のバランスが乱れやすくなったり、疲れやすくなったり、落ち込みやすくなったり……。太りやすくなるのも、女性としては気になることでしょう。

甘いものを食べると幸せ、というのもほどほどに。私もスイーツに頼らなくても機嫌よくいられるよう、セロトニンの材料になる肉や魚、卵などでタンパク質、ビタミン、ミネラルをチャージしていこうと思っているところです。

食べるなら、低糖質

栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

糖尿病になると甘いものは食べられない?そんなことはないかも。簡単でおいしい、栄養士のお墨付きのすばらしいアイデアをいくつか紹介します。

https://mylohas.net/2018/11/179935diabetes.html

栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

ダイエットでは避けがちなフルーツ。でもたくさん摂るとさまざまな健康的メリットがあります。中でも低糖質のフルーツに注目です。

https://mylohas.net/2018/11/180283fruits.html

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら