1. Home
  2. BODY
  3. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

ポジティブ栄養学

12,539

吉川圭美

ケーキを見つめる女性

image via Shutterstock

「疲れたときには甘いもの」とは、よく耳にする言葉ではないでしょうか。実際、仕事の合間にチョコレートを口にすると、なぜかほっとする、イライラが落ち着く、という経験は、多くの人がしていることでしょう。

実は、甘いものを食べると、脳のなかで「幸せホルモン」といわれるセロトニンが増えていると考えられています。その理由を探ってみましょう。

感情の伝達を受け持つ物質とは

チョコを食べる女性

image via Shutterstock

甘いものと幸福感の話をするまえに、脳のなかではどんな風に感情が生み出されているのか、改めて考えてみましょう。

脳のなかでは神経細胞がひしめいていて、細胞同士がたくさんの情報をやりとりしています。感情もそのひとつ。その伝達を担っているのが、脳内神経伝達物質と呼ばれる物質です。

たとえばやる気を高めるノルアドレナリン、元気さを生み出すドーパミン、落ち着いた状態をつくるGABAなどさまざまなものがあります。これらの物質がバランスよく存在することで、ほどよく落ち着いた前向きな状態がつくられています。

これらの物質は、タンパク質を最小単位にまで細かくした状態であるアミノ酸、ビタミン、ミネラルをもとに、脳のなかで作られています。アミノ酸は、そのまま単独で脳に届くのではなく、“運び屋“によって届けられます。

アミノ酸には、いろいろ種類がありますが、運び屋は一種類だけのアミノ酸を専門に運ぶのではなく、ひとつの運び屋が複数の種類を担当します。例えば、セロトニンの材料はトリプトファンといわれるアミノ酸。一方で、トリプトファンを脳に運ぶ運び屋は、同じくアミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンも担当するといった具合です。

食べると幸せになるスイーツ。でもそれは一瞬

スイーツを食べる女性

image via Shutterstock

ここで話を甘いものに戻しましょう。スイーツを食べると、血糖値がグンと上がり、下げるためのホルモンが出されます。このとき、バリン、ロイシン、イソロイシンも駆けつけます。すると、血液中のトリプトファンの比率が上がります

脳には優先的にトリプトファンが多く届けられるため、セロトニンが多く作られ、シアワセ感につながる、ということになります。

ただ、このシアワセ感は「一時的」なもの。もっともっと、ということでますますお菓子が恋しくなったり、自律神経のバランスが乱れやすくなったり、疲れやすくなったり、落ち込みやすくなったり……。太りやすくなるのも、女性としては気になることでしょう。

甘いものを食べると幸せ、というのもほどほどに。私もスイーツに頼らなくても機嫌よくいられるよう、セロトニンの材料になる肉や魚、卵などでタンパク質、ビタミン、ミネラルをチャージしていこうと思っているところです。

食べるなら、低糖質

栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

糖尿病になると甘いものは食べられない?そんなことはないかも。簡単でおいしい、栄養士のお墨付きのすばらしいアイデアをいくつか紹介します。

https://mylohas.net/2018/11/179935diabetes.html

栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

ダイエットでは避けがちなフルーツ。でもたくさん摂るとさまざまな健康的メリットがあります。中でも低糖質のフルーツに注目です。

https://mylohas.net/2018/11/180283fruits.html

    Ranking

    1. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    2. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. やせないときに試したい。ダイエット成功の秘訣3つ

    9. 長友佑都さんの人生を変えた食事法とは? 夫婦で不調知らずに

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました