1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

10,929

レモンティー

美容やダイエットによいと言われる「白湯」。習慣にしている人も多いのではないでしょうか?

その白湯にレモンをプラスした「レモン白湯」が、今注目されているのです。

簡単! レモン白湯のレシピ

レモン水

<材料>

  • レモン果汁
  1. やかんなどでお湯を沸かします。
  2. 沸騰したら蓋を取って、約15分間程煮立たせます。
  3. 沸かしたお湯をコップに約200ml注ぎ、絞ったレモン果汁を5滴ほど(約小さじ1杯)入れます。

(※最後にレモンスライスを2枚程度白湯に浮かべてもOKです。)

(「Diet Plus」より引用)

レモンは、市販のレモン果汁でも代用可能だそう。無農薬レモンを使用する際には、ぜひ皮ごと取り入れるとよいそうです。

冷えやむくみが気になる方は、レモン白湯に薬膳を加えた「薬膳レモン白湯」も試してみて。

ビタミンCだけじゃない、「レモン白湯」の魅力

レモンとしょうが

レモン白湯には、白湯にレモンのうれしい栄養素がプラスされるのだとか。

レモンに豊富に含まれることで有名なビタミンCには、肌の潤いや弾力を保ってくれるコラーゲンの合成をサポートしたり、シミやそばかすのもとになるメラニン色素の形成を抑えたりする働きがあると言われ、美肌や美白効果が期待できます。

しかし、「レモン白湯」のポイントはそれだけではありません。

レモン

レモン白湯を飲むことで、内臓を温めると同時に働きを活発にして代謝アップ効果が期待できます。さらに、老廃物の排出が促され、ダイエットの大敵でもある便秘冷えむくみの解消にも役立ってくれますよ。

(「Diet Plus」より引用)

寒くなるこの時期は、レモン白湯を持ち歩いて水分補給するとよさそうですね。

他にも、レモンには、カルシウムなどのミネラルを吸収しやすくする「キレート作用」があるため、カルシウムの吸収促進が期待できると言われています。

さらに、レモンに含まれるポリフェノールの優れた抗酸化作用が、生活習慣病の予防もサポートするそう。

「レモン白湯」を飲むベストタイミングは?

レモンとしょうがを入れた飲み物

「レモン白湯」を飲むベストタイミングは、寝起きの1杯とのこと。

レモン白湯は、寝起きに1杯飲むと良いと言われています。朝は特に体温が低く代謝が下がっている状態です。寝起きのレモン白湯は、体の内側から温めてくれるとともに、内臓機能を目覚めさせてスムーズな便通を促してくれますよ。

(「Diet Plus」より引用)

睡眠時に発汗した分の水分補給にもなるので、朝の習慣として加えてみてください。

運動後に飲むのもおすすめ

レモンティー

また、運動後に飲むのもおすすめだそう。

ダイエットを目的にするのであれば、運動をした後にレモン白湯を飲むのもおススメです。ウォーキングなどの軽い運動後でもOKです。代謝を促してくれると同時に、消化も促すと言います。また、さらに効果をパワーアップさせるために、塩やショウガをプラスしてもいいでしょう。

(「Diet Plus」より引用)

簡単に作れて、カラダにうれしいことが多い「レモン白湯」。すぐはじめられる手軽さも注目が高まっている理由のひとつかもしれません。さっそく明日の朝からはじめてみてはいかがでしょうか?

レモンの意外なお話

熱で壊れる? 野菜を切ると減る? ビタミンCのウソ・ホント

管理栄養士が教える「ビタミンCにまつわるウソ・ホント」をご紹介。熱で壊れる? すっぱいものはビタミンCが豊富? 野菜を切るとビタミンCは減る? ウソ...

https://www.mylohas.net/2018/09/174554diet_vitaminc.html

シワのない肌、元気な毎日のために! 加齢に負けないための食べ物<前編>

アンチエイジングを意識した健康的な食事は、肌の状態を改善したりといった多くの良い効果をもたらしてくれるかも。専門家が認める食材をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/178211antiaging.html

Diet Plus

image via shutterstock

横山智世

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン