1. Home
  2. MIND
  3. 「また会いたい」と思われる女性になる! 第一印象を演出する心理テクニック

「また会いたい」と思われる女性になる! 第一印象を演出する心理テクニック

運命を変えるマインド革命

6,883

斎藤芳乃

会話する男女

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。あなたは人と初対面の時、どんなところを意識して接していますか?

どうしてもメイクや服装ばかりに意識を向けがちですが、「自信がないのかな? 何考えてるのか分からない」、「いつも気分が不安定で疲れる……」、「機嫌をとらなきゃいけないなんて最悪」。

初対面でそんなふうに思われてしまったら、恋愛に発展するどころか縁も切れてしまいます。今回は外見磨きやただの会話術ではない、「また会いたい」「話していたい」と思わせる深層心理に基づいたテクニックをあらゆる側面からお伝えしていきます。

品格

美人は外見だけではなく、その人の「在り方」からも作り出すことができます。そのときに大切なことが「品を持つ」ということ。

モデルのように綺麗でも、態度が悪かったり、会話が嫌味っぽかったり、仕草ががさつであれば、「あの人って美人なのに感じ悪い女性」と逆効果ですよね。

特に男性から見れば、女性側からのガツガツした相手を値踏みする視線や、可愛いって言って欲しくて必要以上に自意識過剰になってしまうこと、「あの子よりも秀でたい」という隠れた女性同士のライバル意識、「OKと言わせたい」という操作的な会話など……。

これらも簡単に「人間性の低さ」として見抜かれ、その結果、男性から「この女性は大切にする価値がない人だ」と思われてしまいます。

笑顔の女性

反対に、裏表のない正直さや、計算や偏見なく誰とでも会話を楽しむこと、くったくのない笑顔などは、信頼のおける「人としての品格」となり、美人ではなくても尊重される女性として認められます。

関心・共感力

さりげなく男性と盛り上がれる女の子や、適度にノリの良い女性は好かれるもの。けれども、話し下手だとしても問題ありません。

実は、相手が思わず喜んでしまうノリの良さの正体とは、会話が巧みということではなく、「相手に対する興味・関心を持つこと」なんですね。

会話するカップル

「そうなんだ!すごいね!」「もっと聞かせて!」そんなふうに関心を持たれれば、あなたと話す相手は「わざわざ自分の存在に注目し、興味を持ってくれている」と思い、自己重要感を感じることができます。

特に男性は、自分が何かをすればするほどその相手に親近感を持ちますから、時には「私も同じように感じるよ」などと意思表示をしながら、「話させてあげる」という心地よさをあじあわせてあげるだけで好感度アップです。

境界線

人は本来、自分の領域に入られるのが苦手。「いやなのに無理矢理興味を示されている」という態度は、思わずその相手から逃げ出したくなります。

喧嘩するカップル

それは女性だけではなく男性も同じだからこそ、必要以上に「相手を追わないこと」が大切です。すぐに恋人になりたい、いつもメールをしていたいという気持ちはあっても、あまりにも相手の気持ちを無視して行動してしまうと逆効果。

あくまで相手が「ここまでは大丈夫だよ」というところを尋ね、時間分配、メールや電話の頻度、関係性の深さなどを調整してみましょう。

「ここまではやりすぎたかな?」と思ったときにも、すっと退ける凜とした態度は依存的ではなく好印象です。

ガツガツせず、余裕を持って「男性に追わせる」余裕を持ってみましょう。「私よりもあの子のほうが綺麗……」「私って本当に駄目な女で……」など、ネットリしたひがみや卑屈な感じも、男性にとっては苦手な領域。

歩く女性

男性は基本的に、自信を持って輝いている女性に憧れを抱き、好意に発展していきます。そして、好きな相手とは安定して恋愛を築きたいと思うんですね。

だからこそ、情緒不安定になっていたり、いつまでも暗い顔をしていると、「この人とは安心して未来を築けない」というように敬遠されがちです。

とはいえ、決して他の人と比較して特別優れている必要はありません。「私にはきちんと私の良さがある」と自分の存在を肯定し、個性を落ち着いて発揮している……。

それだけで「信頼できる人」「地に足がついている人」と、好印象になります。尊重し合える付き合いには、この安定感がかかせません。

おばちゃんのようなどっしりとした感じや、男同士のようになってしまうような雑な安定感はNG。あくまで女性としての自分を輝かせてあげることを前提に。

いかがでしたか? 人間関係も恋愛も「育てるもの」。だからこそ、「次につながる」あなたでいるために、上手にあなたを演出してあげてくださいね。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

もっと自分らしく生きるヒント

大きな幸せも、小さな積み重ねから! あなたは幸せになって当然の人

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、ちょっとしたラッキーを、...

https://www.mylohas.net/2018/11/178992.html

辛いことがあったとき、どうやったら乗り越えられる?

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、立ち直る際にやってしまい...

https://www.mylohas.net/2018/10/mind.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析