1. Home
  2. EAT
  3. 高タンパク&低脂肪なひよこ豆。混ぜるだけ5分で作る、簡単フムス

高タンパク&低脂肪なひよこ豆。混ぜるだけ5分で作る、簡単フムス

TOKYO VEGAN

6,771

大皿彩子 Saiko Ohsara

humusudayo1

ひよこ豆を知っていますか? その名は英名“Chick pea”(=ひよこみたいな豆の形)からきているそうですが、実は、かわいいフリしてデキる子なのです!

主に中央アジアや中東、アフリカで栽培されており、インド料理やトルコ料理、イスラエル料理ではとても多くの料理にひよこ豆が使われていますが、なんと、古代エジプト時代にはすでに、人々の貴重な栄養源として盛んに栽培されてきたとのこと。

そしていま、高タンパク&低脂肪の食材として、Veganだけでなくアスリートからも注目されているそう。

大豆と比較してみても、確かにタンパク質が豊富なのに脂質が少なく、トレーニングをしている人にぴったりです!

humusudayo2

<ひよこ豆100g(茹で)>

  • エネルギー 171 kcal
  • タンパク質 9.5g
  • 脂質2.5g

<大豆 100g(茹で)>

  • エネルギー 176g
  • タンパク質16g
  • 脂質9.8g

(出展:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」 / 食品成分データベース

水煮缶ですぐできる “低脂肪フムス”のレシピ

humusudayo3

ひよこ豆の料理で、日本でもメジャーになりつつあるのが「フムス」

中東・イスラエル発祥と言われているフムスは、煮たひよこ豆をスパイスなどと合わせたペースト。植物性素材のみで作られる代表的なVeganフードですが、欧州では駅の売店でも販売されているほど、親しまれている料理です。

そのまま食べるほか、パンやトルティーヤ、チップスなどにつけて、ヘルシーなおやつ&おつまみにすると美味しい!

水煮缶のひよこ豆があれば、コンロも包丁も使わず潰すだけで作れる手軽さも魅力。

タヒニ(ごまペースト)やたっぷりのオイルを加えてつくるレシピが多いのですが、今回は、脂質を控えたヘルシーレシピをご紹介します。

ターメリックフムス(黄色)

humusudayo4

<材料6〜8人分>

  • ひよこ豆(水煮) 約240g
  • 缶詰の汁 100〜150cc
  • にんにく 1/2片
  • レモン汁 大さじ2l
  • 塩 大さじ1
  • ターメリックパウダー 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ2〜3
  • クミンシード 小さじ1

<つくり方>

  1. フードプロセッサー(なければミキサー)に、にんにくを入れ細かくなったらひよこ豆の水煮を加え、よく撹拌する。
  2. 缶詰の汁、レモン汁、塩、ターメリックパウダーを加えなめらかになるまで回す。テクスチャーが固いようなら適宜汁を加える。
  3. 器に盛り、オリーブオイルとクミンシードをトッピングしたら完成。好みで、胡椒やクミンパウダー、レモン汁の代わりに豆乳ヨーグルトを加えるのもオススメです。

ビーツのフムス(赤紫色)

humusudayo5

<材料6〜8人分>

  • ひよこ豆(水煮) 約150g
  • 缶詰の汁 50〜100cc
  • 蒸したビーツ(細かくカットする) 100g
  • 塩 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • クミンパウダー 小さじ1

<つくり方>

  1. すべての材料をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで撹拌する。
  2. お好みで、オリーブオイルやクミンシード(分量外)をトッピングしたら完成。

動物性素材が入らないので、保存しやすい点も魅力。冷蔵で3〜4日程度はおいしく食べられますが、冷凍だと1カ月ほど保存可能です。解凍したらもう一度フードプロセッサーにかけるとよりなめらかになりますよ。

たくさん作っておけば、来客時にいつでも、ヘルシーフムスパーティーできますよ!

合言葉は、高タンパク&低脂質

高タンパクな朝食が、減量&生産性向上に結びつく? 栄養士おすすめメニュー20

朝はタンパク質が摂りにくい?栄養士も認める高タンパク質な朝食をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/178439protein.html

低脂肪・高タンパク。ダイエットに役立つ魚肉ソーセージ

常温でも長期保存できて料理アレンジも豊富な魚肉ソーセージ。高たんぱく質なだけじゃなく、ダイエットや脳活性化にも期待できるその栄養素とは?

https://mylohas.net/2018/07/170398fishsausage_diet.html

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由