1. Home
  2. EAT
  3. 高タンパク&低脂肪なひよこ豆。混ぜるだけ5分で作る、簡単フムス

高タンパク&低脂肪なひよこ豆。混ぜるだけ5分で作る、簡単フムス

TOKYO VEGAN

humusudayo1

ひよこ豆を知っていますか? その名は英名“Chick pea”(=ひよこみたいな豆の形)からきているそうですが、実は、かわいいフリしてデキる子なのです!

主に中央アジアや中東、アフリカで栽培されており、インド料理やトルコ料理、イスラエル料理ではとても多くの料理にひよこ豆が使われていますが、なんと、古代エジプト時代にはすでに、人々の貴重な栄養源として盛んに栽培されてきたとのこと。

そしていま、高タンパク&低脂肪の食材として、Veganだけでなくアスリートからも注目されているそう。

大豆と比較してみても、確かにタンパク質が豊富なのに脂質が少なく、トレーニングをしている人にぴったりです!

humusudayo2

<ひよこ豆100g(茹で)>

  • エネルギー 171 kcal
  • タンパク質 9.5g
  • 脂質2.5g

<大豆 100g(茹で)>

  • エネルギー 176g
  • タンパク質16g
  • 脂質9.8g

(出展:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」 / 食品成分データベース

水煮缶ですぐできる “低脂肪フムス”のレシピ

humusudayo3

ひよこ豆の料理で、日本でもメジャーになりつつあるのが「フムス」

中東・イスラエル発祥と言われているフムスは、煮たひよこ豆をスパイスなどと合わせたペースト。植物性素材のみで作られる代表的なVeganフードですが、欧州では駅の売店でも販売されているほど、親しまれている料理です。

そのまま食べるほか、パンやトルティーヤ、チップスなどにつけて、ヘルシーなおやつ&おつまみにすると美味しい!

水煮缶のひよこ豆があれば、コンロも包丁も使わず潰すだけで作れる手軽さも魅力。

タヒニ(ごまペースト)やたっぷりのオイルを加えてつくるレシピが多いのですが、今回は、脂質を控えたヘルシーレシピをご紹介します。

ターメリックフムス(黄色)

humusudayo4

<材料6〜8人分>

  • ひよこ豆(水煮) 約240g
  • 缶詰の汁 100〜150cc
  • にんにく 1/2片
  • レモン汁 大さじ2l
  • 塩 大さじ1
  • ターメリックパウダー 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ2〜3
  • クミンシード 小さじ1

<つくり方>

  1. フードプロセッサー(なければミキサー)に、にんにくを入れ細かくなったらひよこ豆の水煮を加え、よく撹拌する。
  2. 缶詰の汁、レモン汁、塩、ターメリックパウダーを加えなめらかになるまで回す。テクスチャーが固いようなら適宜汁を加える。
  3. 器に盛り、オリーブオイルとクミンシードをトッピングしたら完成。好みで、胡椒やクミンパウダー、レモン汁の代わりに豆乳ヨーグルトを加えるのもオススメです。

ビーツのフムス(赤紫色)

humusudayo5

<材料6〜8人分>

  • ひよこ豆(水煮) 約150g
  • 缶詰の汁 50〜100cc
  • 蒸したビーツ(細かくカットする) 100g
  • 塩 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • クミンパウダー 小さじ1

<つくり方>

  1. すべての材料をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで撹拌する。
  2. お好みで、オリーブオイルやクミンシード(分量外)をトッピングしたら完成。

動物性素材が入らないので、保存しやすい点も魅力。冷蔵で3〜4日程度はおいしく食べられますが、冷凍だと1カ月ほど保存可能です。解凍したらもう一度フードプロセッサーにかけるとよりなめらかになりますよ。

たくさん作っておけば、来客時にいつでも、ヘルシーフムスパーティーできますよ!

合言葉は、高タンパク&低脂質

高タンパクな朝食が、減量&生産性向上に結びつく? 栄養士おすすめメニュー20

朝はタンパク質が摂りにくい?栄養士も認める高タンパク質な朝食をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/178439protein.html

低脂肪・高タンパク。ダイエットに役立つ魚肉ソーセージ

常温でも長期保存できて料理アレンジも豊富な魚肉ソーセージ。高たんぱく質なだけじゃなく、ダイエットや脳活性化にも期待できるその栄養素とは?

https://mylohas.net/2018/07/170398fishsausage_diet.html

大皿彩子 Saiko Ohsara

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    高タンパク&低脂肪なひよこ豆。混ぜるだけ5分で作る、簡単フムス

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More