1. Home
  2. BODY
  3. すっきり引き締まった腕を手に入れるウェイトトレーニング

すっきり引き締まった腕を手に入れるウェイトトレーニング

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,861

ガッツポーズする女性

image via Shutterstock

いつも驚くほどスタイル抜群の女優ジェニファー・ガーナー。ここ最近では、特に彼女の身体のある部分から目が離せません。それは、ばっちり鍛えられた腕です。

先日ニューヨーク市のアメリカ自然史博物館で行われた、セーブ・ザ・チルドレン第6回イルミネーション・ガラのレッドカーペットに登場したジェニファー・ガーナー。最近離婚したばかりの彼女ですが、見事な上腕二頭筋を披露しました。

映画『ペパーミント』で主演を務めた彼女は、目を奪われるようなノースリーブのマルーンカラーのドレスを着用。それにしても46歳でどうしてあんなに引き締まった腕になれるのか不思議に思っている人のために、彼女が行っているワークアウトについて詳しいことを教えましょう

ジェニファーガーナー

ジェニファー・ガーナーは、セレブのパーソナルトレーナーを務めるBody By Simoneのシモーヌ・デ・ラ・ルーとともに定期的にワークアウトを行っています

3人の子どもがいる彼女ですが、9月にはトレーナーとふたりでワークアウトをしている様子のムービーをインスタグラムにアップしています。

控えめに言ってもかなりハードなトレーニングのよう。ただし、もし彼女のワークアウトにトライするとしても、必要なものはトレーニングチューブ、フリーウェイト、bosuのバランスボールだけで済むという点はよさそうです。

この短いビデオでガーナーは、見た目は単純ですが効果の高い動きをいくつか実践しています。腕を鍛えるために、ハンマーカールやフロント&ラテラル・レイズ、ショルダープレスなど、トレーニングチューブを使ったエクササイズを行っているのです。

とても簡単そうにやっているように見えますが、ワークアウト後には腕がかなりの筋肉痛になることは間違いなし。また、フリーウェイトやbosuバランスボール、グライダーも使用して、腹筋エクササイズなど複合的な動きも取り入れています。

有名人クライアントであるジェニファー・ガーナーを『ペパーミント』での「アクション」を行う役柄に改造すべく、腕に狙いを定めて1週間に6日間、1日あたり1〜2時間ほど一緒にワークアウトをしている、と今年の初めにデ・ラ・ルーは『Women's Health』に話しました。

「私たちは、たいていは大体6.8キロほどの重いウェイトを持ちあげることに取り組みました」とデ・ラ・ルー。「また、自重トレーニングもたくさん行いましたし、特注のトレーニングチューブを使ったワークも補完しています」

腕をトレーニングする女性

image via shutterstock

これらの動きには、上腕三頭筋を鍛えるトライセプス・ディップスに加えて、ウェイトやトレーニングチューブを使ったトライセプス・エクステンションも含まれています

ガーナーはまた、二頭筋、三角筋、胸を鍛えるために、トレーニングチューブを用いたオーバーヘッドプレスも行っています。その動きについては、デ・ラ・ルーが下のインスタグラム投稿でデモンストレーションしています。

ガーナーのハードコアなワークアウト療法と同じ結果を得たいなら、彼女のインスタグラムをチェックしてみましょう! すぐにでもトレーニングチューブを発注したくなってしまうかもしれませんね!

ワークアウトで引き締まった体に

ぷよぷよ腹筋を割った、シンプルな自宅ワークアウト。道具はほぼ必要なし!

36歳のブルトニーの腹筋は、くっきりと割れていて圧巻。彼女のワークアウトは驚くほどシンプル。ぜひ真似をしてみては?

https://www.mylohas.net/2018/11/178573britney.html

魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

数十年にわたり、ハリウッドでも際立つ魅力的なボディを維持し続けるジェニファー・ロペス。その背景には、3つのとてもシンプルなルールがありました。

https://www.mylohas.net/2018/11/179832attractive-body.html

Leah Groth/Jennifer Garner's Sculpted Arms Will Inspire You to Start Lifting Weights
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    すっきり引き締まった腕を手に入れるウェイトトレーニング

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More