1. Home
  2. BODY
  3. ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係

ストレスってやっぱりこわい!? コレステロールとホルモンの意外な関係

ポジティブ栄養学

11,231

吉川圭美

ハッピーな女性

image via Shutterstock

「ストレスは美容の敵」とはよく聞く言葉ではないでしょうか。

そんなとき「ストレスがたまると、ぶすっとした表情になるからそういわれるのでは?」程度にしか聞いていなかった私ですが、オーソモレキュラー栄養医学の学びのなかに、あるヒントを見つけました。

それは、「ストレスが増えると女性ホルモンが減りやすい傾向にある」ということ。

コレステロールは悪だけではない!?

女性らしい女性

image via Shutterstock

女性のカラダのなかで重要な役割を担っている女性ホルモン。この主な材料がコレステロールだということは、意外に知られていません。

コレステロールというと、身体によくないというイメージが根強くありますが、じつは大切なはたらきもしているのです。細胞ひとつひとつを包みこむ膜や、食べた油分の消化にかかわる胆汁酸をつくったり、ビタミンDの材料となるビタミンの吸収を手助けをしています。

このほかにも細胞ひとつひとつを包みこむ膜や、食べた油分の消化にかかわる胆汁酸、ビタミンDの材料となる、ビタミンの吸収を手助けするなど、大切なはたらきをしています。

食べ物からの供給に頼るのではなく、ほとんどが肝臓で作られています。その量、なんと8割というから驚きです。しかも食事中のコレステロールの量を減らした場合、肝臓は作る量を増やし、つねに一定の総量になるよう調整しているほど。身体にとっては、それだけ大事な物質だともいえます。

ストレスが多いとき、コレステロールが作りだすのは?

ストレスを抱える女性

image via Shutterstock

そんなコレステロールが大量に消費されるのが、ストレスが降りかかってきたとき。抗ストレスホルモンを出して身を守ろうとします。そもそも、ストレスから身体を守ることは、人間が生きていくうえでまず優先されるべきこと。そのため、ストレスが多いと、ホルモン作りが後回しにされてしまうことに……。

心で感じるストレスが身体にも大きな影響を及ぼしている、ということがよくわかります。

がんばりすぎず、ほどほどに

ストレスのない女性

image via Shutterstock

実は、ストレスケアについては軽く見ていた私。でも勉強で心と身体のつながりを改めて知ったり、ストレスで消耗する栄養の多さに気づいたことをきっかけに、ストレスフリーに生きることの大切さを再認識しています。

これまではおざなりにしていた睡眠時間を絶対削らないよう死守する、カフェインの取りすぎをやめて眠りにつきやすい状態をつくる、仕事を入れすぎて消耗しすぎないようにする、1日のうち数十分でもぼーっとする時間をつくるアロマで自律神経のスイッチを強制終了するようにする、などなど……。

仕事も家事もついあれこれとやってしまいがちですが、ほどほどに、と言い聞かせながら取り組んでいるところです。このほかコレステロール不足にならないよう、肉や魚、卵など食事をしっかりとるのは言うまでもありません。

そういえば私の周りの知的でキレイな女性たちは、休むときはきちんと休み、ストレスマネジメントを意識していたなぁ、と改めて思い返しているところです。忘年会やクリスマスなど、みんなが集まる華やかなシーズン。忙しい時期こそストレスと上手につきあって、女らしさも気分も上々でいきましょう!

ストレスケアを、大切に

「正しい呼吸」でイライラ撃退! ストレスを軽くする呼吸法とは?

サイエンスライターの鈴木祐さんによる著書『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』より、すぐに実践できるストレス対策を毎日紹...

https://mylohas.net/2018/12/stress_2.html

睡眠習慣の乱れや性欲低下も。ストレスが体に及ぼす30の悪影響<前編>

原因がなんであれ、ストレスは健康にとって大敵。ストレスが身体に及ぼす30の悪影響をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/177458stress.html

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?