1. Home
  2. MIND
  3. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

16,134

田邉愛理

会話する人

「頭がいい」というと、どんな人を思い浮かべますか?

以前はIQが高い人というイメージがありましたが、いま注目されるのは「心の知能指数」こと“EI(EQ)”。EIが高いことが、人とよりよい関係を築く上で必須の条件として重要視されているのです。

書籍『ハーバード・ビジネスレビュー[EIシリーズ]共感力』から、コミュニケーションの新たな指標となる「共感力」についてご紹介します。

「3つの共感」によってコミュニケーションが変わる

握手する脳と心臓

“EI(Emotional Intelligence Quotient)”を翻訳すると「感情的な知性」。標準的には、自分そして他者の感情をよく把握し、それによって自分の感情をコントロールする能力と理解されています。EIでなくEQと略されることもあり、日本ではこちらのほうがよく知られているかもしれません。

いまやEIは、ハーバードをはじめとするビジネススクールがこぞって授業に取り入れるほど、認識が高まっているそう。いったいなぜ、これほどEIが注目されるのでしょうか?

EIの提唱者であるダニエル・ゴールマンは、EIについてこう述べています。

EIでは3つの種類の共感が重要です。認知的共感、すなわち他者の視点を理解する能力。感情的共感、すなわち他者が感じていることをくみ取る能力。そして共感的関心、すなわち相手が自分に何を求めているかを察知する能力です。

(『ハーバード・ビジネスレビュー[EIシリーズ]共感力』121ページより引用)

働き方や価値観が多様化したいま、従来の論理的知性だけでは多くの人をまとめ、動かすことが難しくなりました。そこで脚光を浴びるようになったのがEI。

「共感」によってお互いを理解しあうことで、コミュニケーションがもっと有意義なものになり、不正や不公平、腐敗や癒着の解消にまでつながる可能性があるといいます。

本当の聞き上手とは?

耳を傾ける女性

本書は世界最高のマネジメント誌といわれる『ハーバード・ビジネス・レビュー』から、EIに関する論文や記事を「共感力」というテーマでまとめたもの。さまざまな学識を持つスペシャリストが執筆しています。

第3章「優れた聞き手は、どう振る舞うか」で取り上げられるのは、「共感力」を駆使した傾聴スキルです。

リーダーシップ開発のコンサルティングを行うジャック・ゼンガーとジョセフ・フォークマンは、長年の経験から「多くの人は、自分が思うほど聞き上手ではない」といいます。

よい傾聴は、相手が話している間に黙っていればよいというものではけっしてない。それどころか、皆が最高の聞き手だと思うのは、発見や洞察を引き出すような質問を定期的に投げかける人だ。

(『ハーバード・ビジネスレビュー[EIシリーズ]共感力』32ページより引用)

「傾聴」と聞くと、相手が話している間は相槌を打ちながらしっかりと聞き、話し終わったところで自分が話すことを想像する人も多いことでしょう。

よく推奨されるのは、「つまり、おっしゃっているのは◯◯◯◯ということですよね」などと、話し手の言ったことを表現を変えて繰り返すというスキルです。でもそれは間違い

トランポリンを飛ぶ男性

ゼンガーとフォークマンは、このほかにも3つの観点から「傾聴力」とは何かを分析しています。

いわく、優れた傾聴とは「トランポリン」のようなもので、話し手にエネルギー、勢い、高さ、広がりをもたらすとのこと。「トランポリン」のイメージをもって話すだけでも、何気ない会話が実りの多い対話へと変化しそうです。

ビジネスシーンだけでなく、コミュニケーションの基本となる知見が満載の本書。ぜひ手に取ってみてください。

ハーバード・ビジネスレビュー[EIシリーズ]共感力

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    7. 一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

    8. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    9. 出てきたお腹を引っ込める! 全身すっきりする自宅トレーニング

    10. きゅっと引き締まったくびれを手に入れる! 自宅トレーニング

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    3. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    4. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    5. 体が軽くなる「息の吐き方」/呼吸が変わるとラクになる #02

    6. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    7. 低カロリーで食物繊維たっぷり。オートミールのおいしい食べ方

    8. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    9. やせ見え効果も期待。美しいデコルテをつくる「胸筋」のトレーニング

    10. 一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

    1. スクワットよりラク! 下半身引き締めや代謝アップに「ベアースクワット」

    2. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    6. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    7. 毎日たった1分! 全身のバランスが整い、体幹が強くなる「プランク」

    8. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら