1. Home
  2. EAT
  3. ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

3,058

ポテトサラダ

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

ある日ヴィーガンレストランに行ったら、お願いしたメニューのセットでヴィーガンポテトサラダが付いてきたんです。それまでポテトサラダはあまりヘルシーではないと思っていたので遠ざけていたのですが、ひさびさに食べるとやっぱり美味しかったです……。

その美味しさに感動し、家で作ってみることにしました。自分の舌と、スーパーフードの知恵を頼りに試行錯誤した結果、とってもヘルシーで美容効果&ダイエット効果のつまった美味しいポテトサラダができたので、今回はそのレシピを伝授しちゃいますね!

豆乳で作るヘルシーポテサラ

ポテトサラダ

今回のポテトサラダは、マヨネーズではなく、豆乳から作るソイマヨネーズを使用します。

使用する油の量は従来の1/4でとてもヘルシーですが、しっかりとクリーミーなマヨネーズのような味を楽しめます。

ポテトサラダの具材はアレンジし放題なので、ご自分やご家族の好みでいろいろアレンジしてみてください。プチトマトや玉ねぎ、ひよこ豆やゆで卵などはとっても合います!

アレルギーをお持ちの方も楽しめる一品になっているので、大勢が集まるパーティーにもピッタリですよ。

<材料 4人分>

ソイマヨネーズ

  • 無調整豆乳 80グラム
  • アップルサイダービネガー 大さじ1
  • 純米酢 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 粒マスタード 小さじ2
  • 甜菜糖 小さじ1/2
  • なたね油 小さじ1/2

ポテサラ

  • じゃがいも 小4つ
  • 人参 1/4本
  • きゅうり 1/4本
  • ガーリックパウダー 小さじ1/2
  • タイム 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 少々

<レシピ>

  1. じゃがいもを約2cm四方の角切りにし、電子レンジで4分間温める。
  2. その間に人参ときゅうりをスライスし、卵は細かく切る。
  3. ソイマヨネーズの材料を大きめのボウルに入れてよくかき混ぜる。
  4. じゃがいもの芯まで火が通ったら、ソイマヨネーズの入ったボウルに投入。好きな大きさになるまでフォークの裏で潰す。
  5. 最後に人参ときゅうりを入れ混ぜて、ガーリックパウダー、タイム、塩、胡椒で味を整えたら完成。

このレシピのスーパーフード:豆乳

豆乳

image via Shutterstock

豆乳には、美容効果抜群の成分であるイソフラボンも含まれており、年を重ねるごとに減っていく女性ホルモンの代わりになるとして注目されています。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成量を助け、肌の新陳代謝を上げることによって、シミやシワ、くすみなどの肌トラブルを防いでくれる効果が期待できます。

また、豆乳には植物性の大豆たんぱく質がたっぷり入っており、牛乳などに含まれる動物性タンパク質よりもゆっくりと吸収されます。そのため、満腹感を持続させてくれるんです。

ほかにも、筋肉を強化して代謝をアップさせたり、髪にハリを与えてくれたりといった効果もあります。

このレシピのスーパーフード:アップルサイダービネガー

アップルビネガー

image via Shutterstock

食べ物を消化しやすくする消化液の分泌を促してくれるほか、空腹感を減らす効果も発見されており、ダイエットに最適です。また、腸内フローラの生成も助けてくれることから、免疫力アップの効果も期待できます。

これらの効果を十分に受けるためには、ろ過や低温殺菌がされていない、濁りを含んだものを購入することが大切です。日本で流通している「リンゴ酢」のほとんどは、ろ過や低温殺菌の工程を通っており、貴重なミネラルや脂肪燃焼酢酸などの有益な成分を含んでいません。

私のおすすめは、海外で愛されている「Bragg」というブランドのアップルサイダービネガー。ろ過や低温殺菌されておらず、有益な成分をたくさん含みます。日本でもAmazonで購入することができるので、ぜひ試してみてください。


こんなに簡単に、マヨネーズを使わないポテトサラダができてしまうんです。

このソイマヨネーズは一度に大量に作ることができるので、パーティーメニューやお弁当にとってもオススメですよ。野菜スティックやサンドイッチなど何にでも合うので、ぜひ作ってみてくださいね。

豆乳に注目!

牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

見た目も味も似ている牛乳と豆乳。ブレンドして飲むことでそれぞれの栄養素を効果的に吸収できるという管理栄養士の話をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/06/169097milk2_diet.html

食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

最近は健康問題から身体を守れることが、研究の発達によって明らかに。心臓の健康のためになる世界のトップの食品25をご紹介。

https://mylohas.net/2018/06/168822heart-health.html

Lily

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More