1. Home
  2. EAT
  3. ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

7,136

Lily

ポテトサラダ

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

ある日ヴィーガンレストランに行ったら、お願いしたメニューのセットでヴィーガンポテトサラダが付いてきたんです。それまでポテトサラダはあまりヘルシーではないと思っていたので遠ざけていたのですが、ひさびさに食べるとやっぱり美味しかったです……。

その美味しさに感動し、家で作ってみることにしました。自分の舌と、スーパーフードの知恵を頼りに試行錯誤した結果、とってもヘルシーで美容効果&ダイエット効果のつまった美味しいポテトサラダができたので、今回はそのレシピを伝授しちゃいますね!

豆乳で作るヘルシーポテサラ

ポテトサラダ

今回のポテトサラダは、マヨネーズではなく、豆乳から作るソイマヨネーズを使用します。

使用する油の量は従来の1/4でとてもヘルシーですが、しっかりとクリーミーなマヨネーズのような味を楽しめます。

ポテトサラダの具材はアレンジし放題なので、ご自分やご家族の好みでいろいろアレンジしてみてください。プチトマトや玉ねぎ、ひよこ豆やゆで卵などはとっても合います!

アレルギーをお持ちの方も楽しめる一品になっているので、大勢が集まるパーティーにもピッタリですよ。

<材料 4人分>

ソイマヨネーズ

  • 無調整豆乳 80グラム
  • アップルサイダービネガー 大さじ1
  • 純米酢 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 粒マスタード 小さじ2
  • 甜菜糖 小さじ1/2
  • なたね油 小さじ1/2

ポテサラ

  • じゃがいも 小4つ
  • 人参 1/4本
  • きゅうり 1/4本
  • ガーリックパウダー 小さじ1/2
  • タイム 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 少々

<レシピ>

  1. じゃがいもを約2cm四方の角切りにし、電子レンジで4分間温める。
  2. その間に人参ときゅうりをスライスし、卵は細かく切る。
  3. ソイマヨネーズの材料を大きめのボウルに入れてよくかき混ぜる。
  4. じゃがいもの芯まで火が通ったら、ソイマヨネーズの入ったボウルに投入。好きな大きさになるまでフォークの裏で潰す。
  5. 最後に人参ときゅうりを入れ混ぜて、ガーリックパウダー、タイム、塩、胡椒で味を整えたら完成。

このレシピのスーパーフード:豆乳

豆乳

image via Shutterstock

豆乳には、美容効果抜群の成分であるイソフラボンも含まれており、年を重ねるごとに減っていく女性ホルモンの代わりになるとして注目されています。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成量を助け、肌の新陳代謝を上げることによって、シミやシワ、くすみなどの肌トラブルを防いでくれる効果が期待できます。

また、豆乳には植物性の大豆たんぱく質がたっぷり入っており、牛乳などに含まれる動物性タンパク質よりもゆっくりと吸収されます。そのため、満腹感を持続させてくれるんです。

ほかにも、筋肉を強化して代謝をアップさせたり、髪にハリを与えてくれたりといった効果もあります。

このレシピのスーパーフード:アップルサイダービネガー

アップルビネガー

image via Shutterstock

食べ物を消化しやすくする消化液の分泌を促してくれるほか、空腹感を減らす効果も発見されており、ダイエットに最適です。また、腸内フローラの生成も助けてくれることから、免疫力アップの効果も期待できます。

これらの効果を十分に受けるためには、ろ過や低温殺菌がされていない、濁りを含んだものを購入することが大切です。日本で流通している「リンゴ酢」のほとんどは、ろ過や低温殺菌の工程を通っており、貴重なミネラルや脂肪燃焼酢酸などの有益な成分を含んでいません。

私のおすすめは、海外で愛されている「Bragg」というブランドのアップルサイダービネガー。ろ過や低温殺菌されておらず、有益な成分をたくさん含みます。日本でもAmazonで購入することができるので、ぜひ試してみてください。


こんなに簡単に、マヨネーズを使わないポテトサラダができてしまうんです。

このソイマヨネーズは一度に大量に作ることができるので、パーティーメニューやお弁当にとってもオススメですよ。野菜スティックやサンドイッチなど何にでも合うので、ぜひ作ってみてくださいね。

豆乳に注目!

牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

見た目も味も似ている牛乳と豆乳。ブレンドして飲むことでそれぞれの栄養素を効果的に吸収できるという管理栄養士の話をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/06/169097milk2_diet.html

食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

最近は健康問題から身体を守れることが、研究の発達によって明らかに。心臓の健康のためになる世界のトップの食品25をご紹介。

https://mylohas.net/2018/06/168822heart-health.html

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 【クイズ】水餃子と焼き餃子。老けたくないならどっちを選ぶ?

    5. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    6. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    7. 【クイズ】ぐっすり眠るために、夜に摂るといいのは緑茶? はちみつ?

    8. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    9. 【動画】頭痛は、首をつまむだけの簡単ケアで解消。即効性あり!

    10. 【人生最後のダイエット#1】ここまで太ってダイエットしない理由は何だ

    1. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    7. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    8. 座りっぱなしの人はやるべき。お尻をやわらかくするポーズ

    9. 「反り腰」を改善する簡単ストレッチ。腰痛やO脚の原因にも!

    10. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    8. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    9. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!

    10. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は