1. Home
  2. EAT
  3. ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

4,499

ポテトサラダ

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

ある日ヴィーガンレストランに行ったら、お願いしたメニューのセットでヴィーガンポテトサラダが付いてきたんです。それまでポテトサラダはあまりヘルシーではないと思っていたので遠ざけていたのですが、ひさびさに食べるとやっぱり美味しかったです……。

その美味しさに感動し、家で作ってみることにしました。自分の舌と、スーパーフードの知恵を頼りに試行錯誤した結果、とってもヘルシーで美容効果&ダイエット効果のつまった美味しいポテトサラダができたので、今回はそのレシピを伝授しちゃいますね!

豆乳で作るヘルシーポテサラ

ポテトサラダ

今回のポテトサラダは、マヨネーズではなく、豆乳から作るソイマヨネーズを使用します。

使用する油の量は従来の1/4でとてもヘルシーですが、しっかりとクリーミーなマヨネーズのような味を楽しめます。

ポテトサラダの具材はアレンジし放題なので、ご自分やご家族の好みでいろいろアレンジしてみてください。プチトマトや玉ねぎ、ひよこ豆やゆで卵などはとっても合います!

アレルギーをお持ちの方も楽しめる一品になっているので、大勢が集まるパーティーにもピッタリですよ。

<材料 4人分>

ソイマヨネーズ

  • 無調整豆乳 80グラム
  • アップルサイダービネガー 大さじ1
  • 純米酢 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 粒マスタード 小さじ2
  • 甜菜糖 小さじ1/2
  • なたね油 小さじ1/2

ポテサラ

  • じゃがいも 小4つ
  • 人参 1/4本
  • きゅうり 1/4本
  • ガーリックパウダー 小さじ1/2
  • タイム 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 少々

<レシピ>

  1. じゃがいもを約2cm四方の角切りにし、電子レンジで4分間温める。
  2. その間に人参ときゅうりをスライスし、卵は細かく切る。
  3. ソイマヨネーズの材料を大きめのボウルに入れてよくかき混ぜる。
  4. じゃがいもの芯まで火が通ったら、ソイマヨネーズの入ったボウルに投入。好きな大きさになるまでフォークの裏で潰す。
  5. 最後に人参ときゅうりを入れ混ぜて、ガーリックパウダー、タイム、塩、胡椒で味を整えたら完成。

このレシピのスーパーフード:豆乳

豆乳

image via Shutterstock

豆乳には、美容効果抜群の成分であるイソフラボンも含まれており、年を重ねるごとに減っていく女性ホルモンの代わりになるとして注目されています。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成量を助け、肌の新陳代謝を上げることによって、シミやシワ、くすみなどの肌トラブルを防いでくれる効果が期待できます。

また、豆乳には植物性の大豆たんぱく質がたっぷり入っており、牛乳などに含まれる動物性タンパク質よりもゆっくりと吸収されます。そのため、満腹感を持続させてくれるんです。

ほかにも、筋肉を強化して代謝をアップさせたり、髪にハリを与えてくれたりといった効果もあります。

このレシピのスーパーフード:アップルサイダービネガー

アップルビネガー

image via Shutterstock

食べ物を消化しやすくする消化液の分泌を促してくれるほか、空腹感を減らす効果も発見されており、ダイエットに最適です。また、腸内フローラの生成も助けてくれることから、免疫力アップの効果も期待できます。

これらの効果を十分に受けるためには、ろ過や低温殺菌がされていない、濁りを含んだものを購入することが大切です。日本で流通している「リンゴ酢」のほとんどは、ろ過や低温殺菌の工程を通っており、貴重なミネラルや脂肪燃焼酢酸などの有益な成分を含んでいません。

私のおすすめは、海外で愛されている「Bragg」というブランドのアップルサイダービネガー。ろ過や低温殺菌されておらず、有益な成分をたくさん含みます。日本でもAmazonで購入することができるので、ぜひ試してみてください。


こんなに簡単に、マヨネーズを使わないポテトサラダができてしまうんです。

このソイマヨネーズは一度に大量に作ることができるので、パーティーメニューやお弁当にとってもオススメですよ。野菜スティックやサンドイッチなど何にでも合うので、ぜひ作ってみてくださいね。

豆乳に注目!

牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

見た目も味も似ている牛乳と豆乳。ブレンドして飲むことでそれぞれの栄養素を効果的に吸収できるという管理栄養士の話をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/06/169097milk2_diet.html

食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

最近は健康問題から身体を守れることが、研究の発達によって明らかに。心臓の健康のためになる世界のトップの食品25をご紹介。

https://mylohas.net/2018/06/168822heart-health.html

Lily

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法