1. Home
  2. BODY
  3. 代謝アップの秘策! 今すぐできる冷え改善テクで、体温1度アップを目指す

代謝アップの秘策! 今すぐできる冷え改善テクで、体温1度アップを目指す

代謝をアップする方法

4,575

島田ゆかり

代謝が悪い人は、体も冷えている。内科医・石原新菜先生の「冷えと代謝」についての短期連載、第3回は、いよいよ実践編です。

どれも簡単で今すぐできるものばかり。体温1度アップを目指して日常に取り入れてみましょう

【運動編】軽い筋トレを週に2回

準備運動する女性

筋肉なくして冷えの改善はありません。運動の目的は、熱を作れるようになること。エレベーターの中でもできる、簡単な筋トレです。

1. 壁腕立て伏せ

壁腕立て伏せ

上半身の筋肉を鍛えるには、腕立て伏せが有効です。立ったままできるので簡単。上半身にある筋肉のほとんどを刺激することができます。

  1. 両腕を肩幅より少し広げて壁に手をつき、ひじを伸ばして背筋をまっすぐにする。
  2. 脇をしめ、ひじを曲げて壁に胸を近づけていく。
  3. ひじを伸ばし、もとの姿勢に戻る。これを20回くらい。立つ位置を後ろにすると、負荷がアップします。

2. 片足立ち1分間

片足立ち1分間

ダイナミックフラミンゴ療法ともいいます。片足立ち1分間で、ウォーキング50分の効果が! 片足で立ち、1分間その姿勢を保つだけの簡単筋トレです。

3. スクワット

スクワット

下半身にある筋肉のすべてに刺激を与える、下半身運動の王様。産熱量を増やすことができます。

  1. 肩幅よりやや広めに立ち、両手は頭の後ろに。
  2. その姿勢から、息を吸い込みながらしゃがみ込む。ひざを軽く曲げる程度でもOK。
  3. 息を吐きながら立ち上がる。

10回1セット×5セットが理想。余裕がある人は1セットを15回に増やしても。

筋トレは、筋肉に刺激を与えるために、週に2回以上行いましょう。さらに有酸素運動もプラスできたら、血流もよくなります。

【食事編】あたため調味料で体温アップ

陽性食品

食材には体を温める「陽性食品」と体を冷やす「陰性食品」があります。冷えを改善するには、陽性食品を積極的に摂り、陰性食品は控えめにすること。食べ物の見た目や色、採れる場所や季節で見分けられます。

陽性食品

  • 赤、橙、黒、黄色系
  • 水分が少なく、固め
  • 寒冷地のもの、冷たい土の中から採れるもの
  • 冬が旬のもの
  • 肉、魚、にんじん、紅茶、赤ワイン、チーズ、しょうが、卵、黒砂糖、黒豆など(例外:トマト、コーヒー、カレーは陰性)

陰性食品

  • 白、青、緑系のもの
  • 水分が多く、やわらかめ
  • 暑い地方で採れるもの
  • 夏が旬のもの
  • 白米、白砂糖、白菜、うどん、牛乳、豆乳、バナナ、パイナップル、レモン、キュウリ、緑茶など

ただし、陰性食品に「あたため調味料」をプラスすると、陽性に近づけることができるので、以下の調味料を常備して、活用してみましょう。

味噌料理

  • 味噌:味噌は陽性。陰性食品は味噌汁に
  • しょうゆ:しょうゆは陽性で、温め効果あり
  • 天然塩:陰性+塩で陽性食品に変化
  • タバスコ:陰性食品に温め効果をプラス。七味も同様
  • シナモン:陰性のコーヒーにプラスしたい
  • 黒酢:お酢は陰性、黒酢は陽性

【習慣】外から温めるのは十分効果アリ

暖める

自分の体内で熱を作り出せるようになるのが理想ですが、冷えてしまった体は外から温めることも重要です。また、自律神経の乱れは血管が収縮し、冷えの原因に。

  • 毎日浴槽につかる。ぬるめはNG。汗がプチプチと出るのが目安
  • 頭寒足熱ファッションに。足元が冷えないようにタイツや靴下を
  • 下半身冷えには腹巻きを常用する
  • カイロを貼る。おへその下、腰の仙骨、肩甲骨の間、足の裏、ふくらはぎなど
  • リラックスして自律神経を整える

代謝を上げるにはまず、冷えの改善を。習慣を変えるだけで冷えは治ってきます

冷えと代謝、短期連載

体温が1度違うと、1週間で3キロ太る? 低体温&冷えと代謝の関係

「歳をとると代謝が落ちて、痩せにくくなった」というのはよく聞く話。ではなぜ代謝は落ちるのでしょう。そもそも代謝って何? そして代謝が影響する体の不調...

https://www.mylohas.net/2018/12/180304coldsensitivity.html

【チェックリスト】あなたの冷えは「◯◯冷え」? 放置すると恐ろしい冷えとは

「冷え」を自分で気づいていない人もいるようですが、冷えは「末端冷え」「下半身冷え」「内臓冷え」の3つに分けられます。 チェックリストで早速あなた...

https://www.mylohas.net/2018/12/180305coldsensitivity.html

石原新菜(いしはら・にいな)

石原新菜先生

内科医。イシハラクリニック副院長。医師の父(石原結實先生)と世界各地の自然療法を視察し、自然医学を学ぶ。現在は、漢方薬処方を中心とする診療を行う。わかりやすい医学解説と親しみやすい人柄が人気を博し、テレビ、ラジオ、雑誌など、幅広く活躍中。著書に『「冷え」をとれば9割治る!』(海竜社)、『きれいな人は温めている』(大和書房)などがある。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。2児の母。イシハラクリニックはこちら

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由