1. Home
  2. BODY
  3. 体温が1度違うと、1週間で3キロ太る? 低体温&冷えと代謝の関係

体温が1度違うと、1週間で3キロ太る? 低体温&冷えと代謝の関係

代謝をアップする方法

8,559

島田ゆかり

「歳をとると代謝が落ちて、痩せにくくなった」というのはよく聞く話。ではなぜ代謝は落ちるのでしょう。そもそも代謝って何? そして代謝が影響する体の不調とは? 内科医である石原新菜先生の解説を、3回に分けてお届けします。

「代謝」とは、体内の栄養素がエネルギーに変わること

shutterstock_465204128

「代謝が落ちる」「代謝が上がる」など、私たちの体は代謝が「いい状態」と「悪い状態」があるそう。「代謝」の正体とは何なのでしょうか。

食べ物が体内に取りこまれると、栄養が血液によって隅々の細胞に届けられ、エネルギーが作られます。このシステムが『代謝』です。細胞の中には“エネルギー生産工場”であるミトコンドリアがあり、そこでエネルギーが作られます。エネルギーは脳や心臓、血管など内臓がはたらくために使われたり、私たちが体を動かして活動をしたりするためにも使われます。

代謝が落ちるというのは、体内で作られるエネルギーが少ない状態のこと。逆に、代謝のいい体はミトコンドリアでどんどんエネルギーが作られるので、内臓のはたらきもよく、体温も高いのです」(石原先生)

体温が1度下がると、代謝が12パーセント低下

shutterstock_707264464

では、作られるエネルギーが少なくなってしまうのはなぜなのでしょう。その原因は、体が冷えて、細胞に栄養が行きわたらないから。この60年で、日本人の平熱は1度下がっているのだそうです。

60年前に東京大学が調べた日本人の平熱の平均は、36.8度でした。当時は、36.5~37.2度が平熱の定義。今は平熱が35度台という人も少なくありません。ぜひ自分の体温を計ってみてください。36.5度を下回っている場合は、代謝が低い体といえます。

体温が1度下がると、代謝が12パーセント低下するというデータも出ていて、たとえば体重50キログラムのふたりが同じものを食べたとして、体温が1度低い人は1週間で3キログラム太るくらいの代謝量の違いです」(石原先生)

冷えと代謝は相互関係にあったのですね。体温が低いと血流が悪くなり、細胞に栄養が行き渡らず、エネルギー(=熱)が作られない。エネルギーが足りないので内臓のはたらきが悪くなり、血流も悪くなる。 その結果、さらに体が冷える、という悪循環ループを招くのです。

代謝の悪さは、冷えと筋肉の少なさが原因

shutterstock_1164853912

体温の低下に加え、筋肉量の低下も現代人の代謝を下げている原因なのだそうです。

「エネルギーを作るミトコンドリアは全身の細胞にありますが、なかでも筋肉、脳、肝臓に多く存在しています。とくに筋肉に多く、私たちの体温の4割は筋肉で作られています。

現代人は、車やエスカレーター、便利家電の普及などで、昔の人に比べて運動量はかなり減っています。その結果、筋肉が減り、熱が作れない=冷える=代謝が悪くなっているのです」(石原先生)

40歳を過ぎると、筋肉量はどんどん減っていくので、さらに代謝が悪い体になっていきます。

代謝が悪くなる人って、どんな習慣の人?

shutterstock_595918643

冷えと筋肉量の低下が代謝を下げる原因ということがわかりました。以下のような生活習慣の人は要注意です。

「まずは運動不足。意識的に運動をしていない人は、運動不足で筋肉量が低下していると考えられます。

それから年中エアコンの効いた部屋にいる人。オフィスなどはそうですね。汗をかかないので体温調節機能が低下し、代謝の悪い体に。

ダイエットで食事制限をしている生野菜をよく食べる、白いもの(白米、パン、うどん、砂糖)をよく食べる水をたくさん飲む毎日シャワーだけの人も体が冷えて、代謝が悪くなっています」(石原先生)

思い当たることがある人は、代謝低下の可能性ありです。

第2回では、冷えの種類と、冷えによって体に起こることについて解説します。

代謝アップは、食事でも叶います

白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

食事によって「代謝」を上げることはできるの? 管理栄養士の柴田真希先生に取材した内容を3回に分けてお届けします。第三回では、簡単代謝アップ術をご紹介...

https://mylohas.net/2018/12/180712metabolism_meal03.html

代謝UPをお助け! 脂肪燃焼&減量推進に役立つ食品12

健康に食事をしてよりスリムな体に。食べてやせられる、脂肪を燃やす食品をみていきましょう。

https://mylohas.net/2018/11/180456diet.html

石原新菜(いしはら・にいな)

プロフィール

内科医。イシハラクリニック副院長。医師の父(石原結實先生)と世界各地の自然療法を視察し、自然医学を学ぶ。現在は、漢方薬処方を中心とする診療を行う。わかりやすい医学解説と親しみやすい人柄が人気を博し、テレビ、ラジオ、雑誌など、幅広く活躍中。著書に『「冷え」をとれば9割治る!』(海竜社)、『きれいな人は温めている』(大和書房)などがある。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。2児の母。イシハラクリニックはこちら

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    5. わき腹をしぼって「くびれ」をつくる、ツイストトレーニング

    6. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 【診断テスト】あなたは何歳? 精神年齢をチェック

    9. ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    5. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    6. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    9. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    8. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら