1. Home
  2. MIND
  3. 予約半年待ちの人気カウンセラーが教える、ネガティブな気持ちの切り替え方

予約半年待ちの人気カウンセラーが教える、ネガティブな気持ちの切り替え方

9,289

似鳥よーこりん

ネガティブになる女性

2018年を締めくくる12月。仕事もプライベートも、スケジュールがフル回転の時季です。慌ただしい日々を過ごしていると、体調の変化や、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いなどでも、心は揺れ動きやすいもの。

そんな、落ち込みや不安を一瞬でクールダウンさせ、「最高」の状態にポジティブチェンジできる方法を見つけました。

「ありがとう」の言葉に込められた、大きな力

ありがとう

『負の感情を捨てる方法 「最悪」は0.1秒で最高に変わる』(朝日新聞出版)の著者である中島輝さんは、予約半年待ちという人気カウンセラー。心の回復率95%!というマインド術は、どれも、発想の転換とやさしさに満ちています。

ネガティブな気持ちを切り替えるには、マイナスの言葉が思い浮かんだり、つい口から出てしまったあとに、感謝の言葉を加えるとよいのだそう。「ありがとう」という言葉には、大きな打ち消し効果があるといいます。

「ありがとう」のようなプラスの言葉は、脳内にドーパミンを出してくれ、そのおかげで快の状態になります。快の状態になると、楽しい気持ちになって、ささいなことが気にならなくなり、苦しみや嫌なことを忘れることができます。

(『負の感情を捨てる方法 「最悪」は0.1秒で最高に変わる』155ページより引用)

つらい状況が訪れたり、誰かの言葉に傷ついた時、自分の気持ちを圧し込めてポジティブになろうとしても、かえって反動で落ち込むことも。でも、愚痴や否定的な言葉を言ってしまった時、たった一言加えるだけなら、なんとか無理せず実践できそうです。

科学的にわかった、「ありがとう」が健康によい理由

感謝の気持ちは、精神状態や人間関係だけでなく、からだの健康にもよい影響を及ぼすのだそう。その理論を探ります。

https://www.mylohas.net/2018/12/181267thanks.html

自己肯定感を高めるには、他人にフォーカスすること

手紙を書く女性

心地よく生活していくために、自分の心を満たすことの大切さがよく言われますが、中島さんは逆転の発想で「逆シャンパンタワーの法則」を提案しています。

自分ができる範囲で周囲の人に感謝の気持ちを表し、役に立つことを考えて実践していくと、自分を肯定する力が生まれてくるのだそう。自分を満足させようとするより、実行しやすく効果も高いとのことです。

手軽にできることとして、中島さんがおすすめする方法は、感謝の手紙を書いてみること。感謝といっても大げさなことではなく、過去にお世話になったり、ふと思い出した方などに、シンプルな御礼の言葉でいいそうです。

言葉だけでもいい、あなたの感謝の感情を伝えるのです。今までの人生の中で、手を差し伸べてくれた人がたくさんいた。そして、今この瞬間も手を差し伸べてくれる人がいるんだと実感できるでしょう。

(『負の感情を捨てる方法 「最悪」は0.1秒で最高に変わる』163ページより引用)

同書でほかに提案されている方法は、すぐに気持ちが温かくなるものばかりです。慌ただしい日々を、ちょっとした行動で意識を切り替えて、「最高」のマインドで師走を乗り切っていきましょう。

ストレス解消したい!

メンタル強化にもなる! ストレスを感じたら試したい「ネガティブ感情ラベリング」

サイエンスライターの鈴木祐さんによる著書『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』より、すぐに実践できるストレス対策を毎日紹...

https://www.mylohas.net/2018/12/stress_19.html

イベント満載な時期にストレスを溜めない、10個の簡単な方法

楽しいホリデーシーズンは意外とストレスフルになることも。できるだけストレスを溜めずに乗りきる方法をチェックしましょう。

https://www.mylohas.net/2018/12/181381holiday_stress.html

負の感情を捨てる方法 「最悪」は0.1秒で最高に変わる

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?