1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

1,819

201812130208

平日夜のデートや女子会、仕事でやつれ、メイクのよれたボロボロの顔でのぞみたくないですよね。とはいえ、直している時間がない!というあなたへ。「これだけやればOK!」と岡本さんが実践する、簡単お直しテクを紹介します。

メイク直しは「一瞬で出来ることだけ」

0ml023

写真左から)クレ・ド・ポー ボーテ「マニフィカトゥールレーブル」、リサージ「ビューティーアップヴェイル(ライブリー)」、キッカ リキッドアイライナー W 01 アビス」

わたしはいつも、「一瞬で朝の顔に戻せる」コスメを持ち歩いています。

1日に取材を3〜4件お受けすることもあるので、楽しくて気力は十分なのに、夕方には顔が疲れてしまうことも、もちろんあります。むしろ毎日かもしれません。

顔に疲れが出ることはしょうがないので、大丈夫。お疲れ顔をどう生き生きさせるかが、メイク直しのテーマです。

0image2(1)

「メイク直しの時間がない」とよく聞きますが、お直しの時間を10分もとる必要はありません。むしろ1分あれば十分です!

会議室を出てオフィスに戻る前に、ちょっとお化粧室で脂浮きをおさえるだけでも、立派なメイク直しです。ポイントは、テカリをオフすること、暗いところを明るくすること。テカリはティッシュで十分にオフできます。

シンプルなメイク直しを叶えるためには、朝のスキンケアとメイクも大切スキンケアでしっかり水分保湿して内側から透明感を出し、ベースメイクにコントロールカラーを使うと、日中も明るい肌でいられます。

また、顔が疲れて見えるときは血行が悪くなっているので、座っているときにすこし足首を回したり、耳を揉みほぐすのもおすすめ。お化粧室や移動中によくグルグルしています。

1分のメイク直しをするタイミングとしては「外出する前」、その空間から移動するときには鏡を見てみて。そのクセをつければ、いきなり疲れ顔すぎてがっかりすることもありません。

男性が気になるのは、マスカラを綺麗に塗っているかよりも「ちょっとした崩れ」

疲れ顔の原因は影なので、まずは明るさをプラスすることが大切です。

0ml028

コンシーラーかハイライトで、目の下や口の周りに明るさをプラスして。

リサージの「ビューティーアップヴェイル」のように、チークとハイライトが両方入っているパレットがオススメです。

チークも色をばっちりのせるというよりは、透明感をアップさせるカラーを選んで。最近のメイクトレンド的にも、自然に血色があがるようにさっと入れると綺麗です。

そして唇が常に潤っているのも生き生きポイント。クレ・ド・ポー ボーテの「マニフィカトゥールレーブル」のように、鏡を見なくても色づきとツヤが足せるものがあると心強いです。

唇にツヤと明るさがあると、お顔全体も明るくつややかに見えますよ。そして私が必ずポーチに入れるのはアイライナー。目をふちどると、目もとに生き生きとした輝きが戻ります。

キッカのリキッドアイライナーは、とにかく筆先が細くて繊細なお直しができる。目尻の跳ね上げは特に丁寧に仕上げて。

一番濃い色が、一番よれが目立つんですよね。

男性はマスカラをどんなに綺麗に塗っているかよりも、眉が片方短くなっているとか、ネイルがちょっとはげているとか、「塗ったのにとれちゃった」というところに目がいくそう。

デート前には、お肌も明るく、血色もプラスして、濃い色は丁寧にプラスしてみてください。生き生き顔になれば、疲れまでも回復してくるので不思議。

メイク直しのポイントを抑えて、お仕事あとの予定もたっぷり楽しんでくださいね!

岡本静香さん

2020180524_SOFINA_PRO(1)(1)

美容家。2005年に始めた美容ブログが人気を集め活動を開始。女性誌のライターアシスタント、化粧品会社のビューティーアドバイザー、美容講師の経験を経て、美容家として活躍中。2017年からは、それぞれの生活スタイルに沿った美容法のコンサルティング「静香塾」、会員制オンライン美容メディア「biishiki」をスタート。「biishiki」では凛とした美しさをつくる動画レッスン、心を掘り下げるQ&A、魅力的なゲストとのトークラジオなど、選りすぐりのコンテンツを通して多くの女性の本質的な美を引き出している。近著は『自分の肌を好きになったら運命は変わる』など。HPはこちら

美しい素肌をかなえるスキンケアメソッド

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063566positive.html

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【実践編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063675positive.html

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    2. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    5. お腹の脂肪が落ちないのは、運動の仕方が間違っていた!

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 冷蔵庫もテーブルもスッキリ。作り置きおかずの鮮度を保つ密閉ガラス容器【プレゼント】

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ! 性欲の強さや赤裸々な悩みも......

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?