1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

2,329

MYLOHAS編集部

201812130208

平日夜のデートや女子会、仕事でやつれ、メイクのよれたボロボロの顔でのぞみたくないですよね。とはいえ、直している時間がない!というあなたへ。「これだけやればOK!」と岡本さんが実践する、簡単お直しテクを紹介します。

メイク直しは「一瞬で出来ることだけ」

0ml023

写真左から)クレ・ド・ポー ボーテ「マニフィカトゥールレーブル」、リサージ「ビューティーアップヴェイル(ライブリー)」、キッカ リキッドアイライナー W 01 アビス」

わたしはいつも、「一瞬で朝の顔に戻せる」コスメを持ち歩いています。

1日に取材を3〜4件お受けすることもあるので、楽しくて気力は十分なのに、夕方には顔が疲れてしまうことも、もちろんあります。むしろ毎日かもしれません。

顔に疲れが出ることはしょうがないので、大丈夫。お疲れ顔をどう生き生きさせるかが、メイク直しのテーマです。

0image2(1)

「メイク直しの時間がない」とよく聞きますが、お直しの時間を10分もとる必要はありません。むしろ1分あれば十分です!

会議室を出てオフィスに戻る前に、ちょっとお化粧室で脂浮きをおさえるだけでも、立派なメイク直しです。ポイントは、テカリをオフすること、暗いところを明るくすること。テカリはティッシュで十分にオフできます。

シンプルなメイク直しを叶えるためには、朝のスキンケアとメイクも大切スキンケアでしっかり水分保湿して内側から透明感を出し、ベースメイクにコントロールカラーを使うと、日中も明るい肌でいられます。

また、顔が疲れて見えるときは血行が悪くなっているので、座っているときにすこし足首を回したり、耳を揉みほぐすのもおすすめ。お化粧室や移動中によくグルグルしています。

1分のメイク直しをするタイミングとしては「外出する前」、その空間から移動するときには鏡を見てみて。そのクセをつければ、いきなり疲れ顔すぎてがっかりすることもありません。

男性が気になるのは、マスカラを綺麗に塗っているかよりも「ちょっとした崩れ」

疲れ顔の原因は影なので、まずは明るさをプラスすることが大切です。

0ml028

コンシーラーかハイライトで、目の下や口の周りに明るさをプラスして。

リサージの「ビューティーアップヴェイル」のように、チークとハイライトが両方入っているパレットがオススメです。

チークも色をばっちりのせるというよりは、透明感をアップさせるカラーを選んで。最近のメイクトレンド的にも、自然に血色があがるようにさっと入れると綺麗です。

そして唇が常に潤っているのも生き生きポイント。クレ・ド・ポー ボーテの「マニフィカトゥールレーブル」のように、鏡を見なくても色づきとツヤが足せるものがあると心強いです。

唇にツヤと明るさがあると、お顔全体も明るくつややかに見えますよ。そして私が必ずポーチに入れるのはアイライナー。目をふちどると、目もとに生き生きとした輝きが戻ります。

キッカのリキッドアイライナーは、とにかく筆先が細くて繊細なお直しができる。目尻の跳ね上げは特に丁寧に仕上げて。

一番濃い色が、一番よれが目立つんですよね。

男性はマスカラをどんなに綺麗に塗っているかよりも、眉が片方短くなっているとか、ネイルがちょっとはげているとか、「塗ったのにとれちゃった」というところに目がいくそう。

デート前には、お肌も明るく、血色もプラスして、濃い色は丁寧にプラスしてみてください。生き生き顔になれば、疲れまでも回復してくるので不思議。

メイク直しのポイントを抑えて、お仕事あとの予定もたっぷり楽しんでくださいね!

岡本静香さん

2020180524_SOFINA_PRO(1)(1)

美容家。2005年に始めた美容ブログが人気を集め活動を開始。女性誌のライターアシスタント、化粧品会社のビューティーアドバイザー、美容講師の経験を経て、美容家として活躍中。2017年からは、それぞれの生活スタイルに沿った美容法のコンサルティング「静香塾」、会員制オンライン美容メディア「biishiki」をスタート。「biishiki」では凛とした美しさをつくる動画レッスン、心を掘り下げるQ&A、魅力的なゲストとのトークラジオなど、選りすぐりのコンテンツを通して多くの女性の本質的な美を引き出している。近著は『自分の肌を好きになったら運命は変わる』など。HPはこちら

美しい素肌をかなえるスキンケアメソッド

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063566positive.html

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【実践編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063675positive.html

    specialbanner

    Ranking

    1. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    5. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    6. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    7. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    8. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    9. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    3. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    4. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    8. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    8. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら