1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 飲みすぎた翌日の、顔のむくみ対策を教えて! 肌のリカバリー力を上げる3つのヒント

飲みすぎた翌日の、顔のむくみ対策を教えて! 肌のリカバリー力を上げる3つのヒント

1,179

20181206_01

食べすぎた日の翌日や生理前後など、「顔の調子がいまいち……」なんてことありませんか? 顔の調子が悪くて気分がのらない!なんてことになったら残念。

そこで、むくみのケアやお疲れ顔のリセット法など、 どんなときでもベストコンディションでいるための美顔習慣を美容家の岡本静香さんがお届けします。

暴飲暴食した後、肌のピンチを救うひと手間

忘年会やクリスマスなど多忙なシーズン。肌に悪いとわかっていても、つい暴飲暴食してしまいがち。「お酒は大好き」と話す岡本さんは、どんなアフターケアをしているのでしょうか?

1.おなかを温めてから眠ると翌朝違います!

0ml013

写真左から)トワイニング「ハーバルティー ナイトリーカーム」、クリッパー「カモミールインフュージョン」

そもそも暴飲暴食しないコツは、“自分が気持ち悪くならない量”を把握すること。今は妊娠中なので飲酒はおやすみ中ですが、私もお酒は大好きです。

友達と旅行すると「ポテチ解禁!」なんて盛り上がったり、おつまみを食べながら飲み過ぎてしまうこともあります。

そんな夜は、ハーブティーでおなかを温めてから眠るようにしています。冷たいお酒を飲むと、胃が冷えてしまうんですよね。胃が冷えると血行が悪くなって、むくみやくすみにも繋がります

和食などのお店だったら、食後に温かいお茶を。2軒目にバーに行く時は、その場ではお酒を楽しみ、帰宅してからハーブティーを飲んでいます。

胃腸を休めるためにもよく眠るためにも、カフェインレスのドリンクがおすすめ。飲んでから眠ると、翌日のリカバリー力が違います。ハーブティー、コーン茶、または白湯でももちろんOKです。

2.夜のスキンケアは2ステップでOK

どんなに疲れていても、メイクを落とさず寝ることはありません。帰ったら必ず靴を脱ぐのと同じように、メイクは落とします。その方が、ずっと気持ちよく眠れます。

さっと洗い流すのが楽ならばオイルクレンジング、ながらで落としたいなら拭き取りクレンジング、など、簡単と思えるクレンジング法をチョイスするのがポイント。

メイクを落とすとその後の保湿もしなくちゃ、、というのがクレンジング出来ない女性のお悩み理由に多いのですが、疲れて帰った日に心強いオールインワンのアイテムで保湿すれば大丈夫!

メイクはさっと落として、1アイテムだけでもいいから保湿する。この2ステップ美容を実践してみてください。

3.「なめくじカッサ」のマッサージですっきり

翌朝はちょっと乾燥が気になるかもしれないので、シートマスクで保湿ケアをプラスするといいですね。効果的なのはシートマスクしながらのフェイスマッサージ。

私は経絡整体師の朝井麗華さんに教えていただいたなめくじカッサを使っています。触覚のような丸い玉がいろんなところにピタッとハマるんです。顔だけではなく、鎖骨や脇の下までマッサージすることで、むくみがすっきりとし、透明感も戻ります。

20181205_4step

ステップ1(写真左上). フェイスラインに沿って、顎の真ん中から耳にむかってなぞり上げる。
ステップ2.(写真右上) 耳横から首筋を、上から下へむかってリンパを流す。
ステップ3(写真左下). 鎖骨を内から外にむかってリンパを流す。
ステップ4(写真右下). 老廃物が脇の下あたりにたまってくるので、指で揉みほぐす。

頭もグリグリすると、顔がすごくスッキリしますよ。

つい暴飲暴食してしまうこれからの季節。ご紹介したスキンケアやインナーケア、マッサージをぜひ試してみてください。

岡本静香さん

2020180524_SOFINA_PRO(1)(1)

美容家。2005年に始めた美容ブログが人気を集め活動を開始。女性誌のライターアシスタント、化粧品会社のビューティーアドバイザー、美容講師の経験を経て、美容家として活躍中。2017年からは、それぞれの生活スタイルに沿った美容法のコンサルティング「静香塾」、オンライン美容メディア「biishiki」をスタート。「biishiki」ではメイクやスキンケアの動画レッスン、心が軽くなるコラム、魅力的なゲストとのトークラジオなど、選りすぐりのコンテンツを通して多くの女性の本質的な美を引き出している。近著は『自分の肌を好きになったら運命は変わる』など。HPはこちら

美しい素肌をかなえるスキンケアメソッド

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063566positive.html

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【実践編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063675positive.html

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    飲みすぎた翌日の、顔のむくみ対策を教えて! 肌のリカバリー力を上げる3つのヒント

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More