1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. おなかを温めるといい!? 飲みすぎた翌日の肌ピンチを救うひと手間

おなかを温めるといい!? 飲みすぎた翌日の肌ピンチを救うひと手間

1,793

MYLOHAS編集部

20181206_01

食べすぎた日の翌日や生理前後など、「顔の調子がいまいち……」なんてことありませんか? 顔の調子が悪くて気分がのらない!なんてことになったら残念。

そこで、むくみのケアやお疲れ顔のリセット法など、 どんなときでもベストコンディションでいるための美顔習慣を美容家の岡本静香さんがお届けします。

暴飲暴食した後、肌のピンチを救うひと手間

忘年会やクリスマスなど多忙なシーズン。肌に悪いとわかっていても、つい暴飲暴食してしまいがち。「お酒は大好き」と話す岡本さんは、どんなアフターケアをしているのでしょうか?

1.おなかを温めてから眠ると翌朝違います!

0ml013

写真左から)トワイニング「ハーバルティー ナイトリーカーム」、クリッパー「カモミールインフュージョン」

そもそも暴飲暴食しないコツは、“自分が気持ち悪くならない量”を把握すること。今は妊娠中なので飲酒はおやすみ中ですが、私もお酒は大好きです。

友達と旅行すると「ポテチ解禁!」なんて盛り上がったり、おつまみを食べながら飲み過ぎてしまうこともあります。

そんな夜は、ハーブティーでおなかを温めてから眠るようにしています。冷たいお酒を飲むと、胃が冷えてしまうんですよね。胃が冷えると血行が悪くなって、むくみやくすみにも繋がります

和食などのお店だったら、食後に温かいお茶を。2軒目にバーに行く時は、その場ではお酒を楽しみ、帰宅してからハーブティーを飲んでいます。

胃腸を休めるためにもよく眠るためにも、カフェインレスのドリンクがおすすめ。飲んでから眠ると、翌日のリカバリー力が違います。ハーブティー、コーン茶、または白湯でももちろんOKです。

2.夜のスキンケアは2ステップでOK

どんなに疲れていても、メイクを落とさず寝ることはありません。帰ったら必ず靴を脱ぐのと同じように、メイクは落とします。その方が、ずっと気持ちよく眠れます。

さっと洗い流すのが楽ならばオイルクレンジング、ながらで落としたいなら拭き取りクレンジング、など、簡単と思えるクレンジング法をチョイスするのがポイント。

メイクを落とすとその後の保湿もしなくちゃ、、というのがクレンジング出来ない女性のお悩み理由に多いのですが、疲れて帰った日に心強いオールインワンのアイテムで保湿すれば大丈夫!

メイクはさっと落として、1アイテムだけでもいいから保湿する。この2ステップ美容を実践してみてください。

3.「なめくじカッサ」のマッサージですっきり

翌朝はちょっと乾燥が気になるかもしれないので、シートマスクで保湿ケアをプラスするといいですね。効果的なのはシートマスクしながらのフェイスマッサージ。

私は経絡整体師の朝井麗華さんに教えていただいたなめくじカッサを使っています。触覚のような丸い玉がいろんなところにピタッとハマるんです。顔だけではなく、鎖骨や脇の下までマッサージすることで、むくみがすっきりとし、透明感も戻ります。

20181205_4step

ステップ1(写真左上). フェイスラインに沿って、顎の真ん中から耳にむかってなぞり上げる。
ステップ2.(写真右上) 耳横から首筋を、上から下へむかってリンパを流す。
ステップ3(写真左下). 鎖骨を内から外にむかってリンパを流す。
ステップ4(写真右下). 老廃物が脇の下あたりにたまってくるので、指で揉みほぐす。

頭もグリグリすると、顔がすごくスッキリしますよ。

つい暴飲暴食してしまうこれからの季節。ご紹介したスキンケアやインナーケア、マッサージをぜひ試してみてください。

岡本静香さん

2020180524_SOFINA_PRO(1)(1)

美容家。2005年に始めた美容ブログが人気を集め活動を開始。女性誌のライターアシスタント、化粧品会社のビューティーアドバイザー、美容講師の経験を経て、美容家として活躍中。2017年からは、それぞれの生活スタイルに沿った美容法のコンサルティング「静香塾」、オンライン美容メディア「biishiki」をスタート。「biishiki」ではメイクやスキンケアの動画レッスン、心が軽くなるコラム、魅力的なゲストとのトークラジオなど、選りすぐりのコンテンツを通して多くの女性の本質的な美を引き出している。近著は『自分の肌を好きになったら運命は変わる』など。HPはこちら

美しい素肌をかなえるスキンケアメソッド

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【マインド編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063566positive.html

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【実践編】

若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」についてうかがいました。

https://www.mylohas.net/2017/07/063675positive.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    5. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    6. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. カヒミ・カリィさんがNYで出合った、高性能でおしゃれな生理用ショーツ

    9. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    10. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    6. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー