1. Home
  2. BODY
  3. 骨盤の歪みがお尻のたるみの原因? 簡単トレーニングで改善

骨盤の歪みがお尻のたるみの原因? 簡単トレーニングで改善

8,887

田邉愛理

hipup_3_01

image via Shutterstock

フィジカルトレーナーの第一人者である中野ジェームズ修一さんに、“ヒップアップの正攻法”をうかがう短期連載。第3回はヒップアップの鍵を握る「骨盤」に注目。自宅でできるワークアウト:レベル3もレクチャーします。

ビフォーアフター写真は「骨盤」をチェック

hipup_3_02

image via Shutterstock

ヒップアップは比較的簡単――そんなイメージを生んだ一因は、SNSなどで流布するビフォーアフター写真にあるかもしれません。中野さんによると、これらの写真の多くは「骨盤」の操作で演出されているそう。

「要は、骨盤が後傾気味になっているとおしりが下がってみえる。骨盤を前傾させると、おしりが上がって見えるんですよ。ビフォーアフター写真をよく見ると、腰を反らせているだけだったり、撮影のアングルを微妙に変えていたりするので、私たちトレーナーからすると疑問を感じます。

ただ、そうしたトレーニングでは骨盤を前傾させる動作を何度も行うので、その姿勢が安定してできるようになり、ヒップが上がってみえるということはあります。骨盤が後傾位だった方が前傾位になることで、ヒップアップして見せることは可能です」(中野さん)

もともと日本人は骨盤が後傾気味の人が多く、ヒップが下がってみえる一因だと中野さん。今回は骨盤を前傾させる方法など、ヒップアップのトレーニングの詳細をうかがいます。

“ヒップアップ”ワークアウト・レベル3

中野さんが“ヒップアップ”の正攻法として教えてくれたのは、おしりが上がって見えるよう骨盤を前傾位に戻し、そのうえでヒップ周辺の筋肉を鍛えるというメソッド。

レベル3では腸腰筋を鍛え、前傾位にした骨盤をキープできるようにするトレーニングをご紹介します。腰元にある腸腰筋は、背骨と両脚の付け根、骨盤と脚の付け根を結ぶ大切な筋肉。ここを鍛えることで骨盤の位置が矯正され、前傾位に保ちやすくなりますよ。

腸腰筋のトレーニング(ニーアップ)

hipup_3_03

1.壁の横に立ち、壁に右手をつく。右脚を前に大きく踏み込み、左脚は後ろに開く。

hipup_3_04

2.壁に手をついたまま、左膝を高く上げるようなイメージで腿上げを繰り返す。上体は倒さないように注意。

3.反対側も同様に行いましょう。

腸腰筋のトレーニングにより骨盤の位置を調整すれば、下腹が出ているのを目立たなくすることも可能です。第4回ではヒップアップのコツとともに、大臀筋を効果的に鍛えるトレーニングをご紹介します。


医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)

book_01

運動指導のプロが教える、医学的に正しい最強の運動法。時間がなくても続けられ、確実に成果が出せるやり方を解説した、運動が苦手な人こそチェックしたい一冊です。

CLUB100

中野ジェームズ修一さんのトレーニングメソッドが唯一受けられる会員制パーソナルトレーニングスペース。トレーニング、有酸素運動、ストレッチをベースに、ダイエットやボディメイクは勿論、食事などの生活習慣、モチベーションの保ち方までを包括的にアドバイスしてくれます。お問い合わせはこちらから。

TEL:03-5255-1626
住所:東京都新宿区岩戸町17 文英堂ビル1102
アクセス:都営大江戸線「牛込神楽坂駅」徒歩1分、東西線「神楽坂駅」徒歩5分、「飯田橋駅」各線徒歩9分

中野ジェームズ修一さん

スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者、PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー、米国スポーツ医学会認定 運動生理学士(ACSM/EP-C)フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得ている。2008年の伊達公子選手現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くから「モチベーション」の大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍を続けている。自身が技術責任者を務める東京神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」は、「楽しく継続できる運動指導と高いホスピタリティ」が評価され活況を呈している。主な著書に『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ』(徳間書店)などベストセラー多数。2018年10月に新著『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP社)を刊行。

中野さんが教えてくれたヒップアップのコツ

“美尻”は男性のほうが作りやすい? ヒップアップの正攻法02

お尻がブームです。キュッと上がったお尻、程よい大きさのお尻。なりたいお尻は人それぞれですが、お尻の上げるという点においては、みなさん共通の思いではな...

https://www.mylohas.net/2018/11/179447hipup.html

おしりを上げるのは簡単じゃない。ヒップアップの正攻法01

お尻がブームです。キュッと上がったお尻、程よい大きさのお尻。なりたいお尻は人それぞれですが、お尻の上げるという点においては、みなさん共通の思いではな...

https://www.mylohas.net/2018/11/179444hipup.html

撮影(メソッドパート)/中山実華 モデル(メソッドパート)/鈴丘めみ

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由