1. Home
  2. EAT
  3. 塩鮭が食べたかったので、それに合わせて献立を立てたら【こぐれひでこの「ごはん日記」】

塩鮭が食べたかったので、それに合わせて献立を立てたら【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

7,261

キビナゴの甘辛煮,山東菜のおひたし

レタス畑

【11月12日】今日の散歩はちょっと手抜きの30分。うちのお隣の畑にはレタスが立派に育っています。空は全体に曇っている、でも所々に晴れ間が見える。今朝はちょっと寒いです。

山東菜のソテー

朝ごはん:生ジュース、トースト、ヨーグルト、山東菜のソテー(大根、パプリカ、きゅうり)、残り物のステーキ(薄切りにする)、café au lait。

青唐辛子のラムカレー,ココナツミルクのキーマカレー

Eric Southのカレー

昼ごはん:昨日Eric Southのカレー類が到着。早速頂きます。バスマティライス、青唐辛子のラムカレー、ココナッツミルクのキーマカレー、バナナ、カリフラワー、半ドライトマト。もうね。すっかりカレーを自分で作らなくなっちゃった。柿も食べました。

塩鮭

夜ごはん:塩鮭が食べたかったので、それに合わせて献立を立てたら、朝食みたいになっちゃった。冷奴、キビナゴの甘辛煮、山東菜のおひたし、日野菜漬け、塩昆布、ワカメと豆腐の味噌汁、ごはん。

珍しく録画してあった映画を見る。観たのは「あん」河瀬直美監督、樹木希林主演。希林さん演じる徳江さんは幼い頃、強制隔離されたハンセン病患者なのでした。「らい予防政策」は1996年まで続きました。まだ最近のことです。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

便秘解消の味方「さつまいも」。冷やすと〇〇がパワーアップ

太りそうと思いがちな、さつまいも。実はダイエットや美肌作りをサポートする、女性にうれしい食べ物だってご存知ですか? ダイエット中のおすすめの食べ方も...

https://www.mylohas.net/2018/11/178934diet_sweet_potato.html

茅乃舎の鍋シリーズが限定販売中。10分でごちそうが食べられます

寒くなると食べたくなる「鍋」。和風調味料を販売している株式会社久原本家から、だしとつゆで味わう「茅乃舎の鍋シリーズ」が期間・数量限定で発売中です。

https://www.mylohas.net/2018/11/177851kayanoya.html

こぐれひでこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 強い筋肉を手に入れたい! 高タンパクでおいしいスムージー7種

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン