1. Home
  2. EAT
  3. 「鮭缶(水煮)」を入れたらどうだろう【こぐれひでこの「ごはん日記」】

「鮭缶(水煮)」を入れたらどうだろう【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

6,568

こぐれひでこ

Thymr

朝ごはん

柿

【11月6日】朝ごはん:生ジュース、漬物(きゅうりと日野菜かぶ)、納豆(卵入り)、海苔、ビーフ on 大根おろし、ごはん、味噌汁(日野菜カブの葉っぱとネギ)、柿。10時ごろから雨が降ってきました。寒いです。

鮭缶(水煮)とニンニクのスパゲッティ

昼ごはん:アンチョビとニンニクのスパゲッティを作ろうと思っていたのに、ちょっと前に買っておいた「鮭缶(水煮)」を入れたらどうだろう、という興味が湧いて、加えてみたんだが……、残念! 鮭缶は若い頃やってたように、お醤油をちろっと垂らして食べた方が美味しいんだ、きっと。

柿とルコラと玉ねぎとクリームチーズのサラダ

柿とルッコラと玉ねぎとクリームチーズのサラダ。これもイマイチ!

八千穂サーモン(玉ねぎとレモンスライス)

トマトとルコラ

夜ごはん:八千穂サーモン(玉ねぎとレモンスライス)、トマトとルッコラ。

ヒレステーキとインゲンのソテー

ビーフステーキ(わさびと醤油で和風味付け)とインゲンのソテー。部位はヒレでした。柔らかくて美味しかった。バニラアイスを食べた。

アメリカではそろそろ「中間選挙」の投票が始まる。よその国とはいえ、気にかかる。このままアメリカがトランプを先頭に突っ走ったらどうなるのか?

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

便秘解消をサポート! いつものヨーグルト+αでできる簡単パフェの作り方

夜ご飯を食べすぎてしまったり、便秘気味だったりすると、ついつい朝ごはんを抜きがちですよね。そんなとき、一気にカラダをデトックスするために、いつものヨ...

https://www.mylohas.net/2018/11/178674chiagurt.html

すぐ作れて満足感もあるのに44kcal。具だくさん温奴のレシピ

ダイエットの定番、豆腐を使った簡単レシピ。水溶性食物繊維が豊富ななめこ、ビタミンB群が豊富な豚肉など具沢山のあんかけです。44kcalとなのに満足感...

https://www.mylohas.net/2018/11/178665diet_recipe.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?