1. Home
  2. BODY
  3. 【問題】「アスピリン」で心臓発作を防げる?|健康のウソ・ホント17

【問題】「アスピリン」で心臓発作を防げる?|健康のウソ・ホント17

30日間の健康のウソ・ホント

田邉愛理

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_17_a

A.ホント。

医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』が、あの昔からおなじみのアスピリンに、男性の最初の心臓発作のリスクを44%も減少させる効果があると報告したのだ。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

痛みや頭痛の治療薬として、昔から親しまれてきたアスピリン。上記の画期的な調査は1989年に行われたもので、男性医師2万2071人を対象に、アスピリンの常用が心血管疾患に与える影響を調べる目的で行われました。

ほかにもアスピリンに心臓発作と脳卒中の予防効果があるというエビデンスは数多くあり、チョプラ教授も「アスピリンをいつも持ち歩くといいですよ」と患者や友人に勧めているそう。

激しい胸の痛みを感じたら、ただちにアスピリンの錠剤を噛み砕いて救急車を呼ぼう。アスピリンは血液を薄め、心臓への血流を確保するため、医師の手当てを受けるまでの時間稼ぎになる」と述べています。

*ただし、アスピリンの常用には副作用もあるため、心臓発作や脳卒中の既往がない人には「常用」するのはおすすめできないとのことです。

脳卒中の予防方法

「脳動脈瘤」のせいかも。ズキズキする激しい頭痛、見過ごさないで

激しい頭痛の原因は脳動脈瘤かも?カリブ海のバカンス中にいきなり倒れた女性の例をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/179241headache.html

毎日30分だけ歩けば、7つも健康メリットが! 簡単にできるおどろきの効果

一日30分歩けば、医者いらず?心身ともにメリットがあるウォーキングの効果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/178124wolking.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-2-3

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由