1. Home
  2. BODY
  3. 【問題】瞑想をしても脳は活性化しない?|健康のウソ・ホント14

【問題】瞑想をしても脳は活性化しない?|健康のウソ・ホント14

30日間の健康のウソ・ホント

3,078

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_14

image via Shutterstock

A.ウソ。

サラ・ラザー博士の率いる研究チームが、次のステップとしてfMRIを使って「単純な形式の瞑想中に、脳内のどの部位が活性化するかを特定、解明する」ための研究を行い、脳内の部位で「信号の有意な増加を観察」した。

そして最も重要なことに、「この結果から、集中と自律神経をつかさどる神経構造が、瞑想によって活性化されることを確認した」

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

2000年に、fMRI(機能的磁気共鳴画像診断装置)と脳波記録を用いて、人が瞑想を行うときに脳内で何が起こっているのかを調査する画期的な研究が行われました。

この結果、上記の変化が確認され、瞑想が脳に変化をもたらすというエビデンスを提供することが可能となりました。

チョプラ教授は、瞑想を“脳と体を劇的に変える「静寂の時間」”と表現し、瞑想を正確に説明するものとして次の一文を紹介しています。

「瞑想が目指すのは、思考を支配することではなく、思考に支配されないようにすることである」

いろいろある瞑想の方法

【体験レポート】日本初の本格瞑想スタジオ「muon」で感じたこと

新宿の真ん中に、日本初の本格瞑想スタジオ「muon」がオープン。瞑想ははじめてというライターが体験レポート!

https://www.mylohas.net/2018/07/171997_muon.html

気持ちの整理に役立つ、ウォーキング・メディテーションのすすめ

メディテーション(瞑想)といえば、ひとり静かにキャンドルに囲まれながら、ゆっくりと座って行うイメージ。毎日忙しく過ごしていると、そのようなメディテー...

https://www.mylohas.net/2018/05/166049walkingmeditation.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-2

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 東洋医学の「気」を整える発想に注目した、リトアニア生まれのアロマオイル【プレゼント】

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. もう離れた方がいい? パートナーとの危機を乗り越えるための8つのこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 運動しない人が、運動を思わず続けたくなるコツ

    9. 「折れない心」の作り方。誰でもできるストレスマネジメント

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう