1. Home
  2. BODY
  3. 【問題】瞑想をしても脳は活性化しない?|健康のウソ・ホント14

【問題】瞑想をしても脳は活性化しない?|健康のウソ・ホント14

30日間の健康のウソ・ホント

2,859

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_14

image via Shutterstock

A.ウソ。

サラ・ラザー博士の率いる研究チームが、次のステップとしてfMRIを使って「単純な形式の瞑想中に、脳内のどの部位が活性化するかを特定、解明する」ための研究を行い、脳内の部位で「信号の有意な増加を観察」した。

そして最も重要なことに、「この結果から、集中と自律神経をつかさどる神経構造が、瞑想によって活性化されることを確認した」

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

2000年に、fMRI(機能的磁気共鳴画像診断装置)と脳波記録を用いて、人が瞑想を行うときに脳内で何が起こっているのかを調査する画期的な研究が行われました。

この結果、上記の変化が確認され、瞑想が脳に変化をもたらすというエビデンスを提供することが可能となりました。

チョプラ教授は、瞑想を“脳と体を劇的に変える「静寂の時間」”と表現し、瞑想を正確に説明するものとして次の一文を紹介しています。

「瞑想が目指すのは、思考を支配することではなく、思考に支配されないようにすることである」

いろいろある瞑想の方法

【体験レポート】日本初の本格瞑想スタジオ「muon」で感じたこと

新宿の真ん中に、日本初の本格瞑想スタジオ「muon」がオープン。瞑想ははじめてというライターが体験レポート!

https://www.mylohas.net/2018/07/171997_muon.html

気持ちの整理に役立つ、ウォーキング・メディテーションのすすめ

メディテーション(瞑想)といえば、ひとり静かにキャンドルに囲まれながら、ゆっくりと座って行うイメージ。毎日忙しく過ごしていると、そのようなメディテー...

https://www.mylohas.net/2018/05/166049walkingmeditation.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-2

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    2. 筋肉のつく高タンパク質をワンプレートでおいしく。保存できるおかず7

    3. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    4. じつは若い人にも増えている。2型糖尿病ってどんな病気?

    5. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    6. 女性の75%が経験する「セックスが痛い」。婦人科医が教える性交痛のなくし方

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    9. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    7. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    8. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    9. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    7. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    【問題】瞑想をしても脳は活性化しない?|健康のウソ・ホント14

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More