1. Home
  2. EAT
  3. 【問題】ナッツを週5回以上食べると「心臓発作」のリスクが半分になる?|健康のウソ・ホント11

【問題】ナッツを週5回以上食べると「心臓発作」のリスクが半分になる?|健康のウソ・ホント11

2,507

MYLOHAS編集部

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_11

image via Shutterstock

A.ホント。

ナッツを週1~4回食べた人は、ナッツを食べる頻度が週1回未満の人に比べて、致死性の心臓発作を起こすリスクが約27%、非致死性の心臓発作を起こすリスクが26%低かった

しかしナッツの予防効果がさらに顕著に表れたのは、週5回以上食べた人だった。致死性の心臓発作のリスクは48%低く、非致死性の心臓発作のリスクは半分以下だったのだ。

また毎日の食事にナッツが含まれていた人は、週1回未満しか食べなかった人に比べて、心臓発作を起こす確率がなんと60%も低かった

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

1992年に『アーカイブズ・オブ・インターナル・メディシン』に掲載されたこの調査は、カリフォルニアのロマ・リンダ大学が、同州のセブンスデー・アドベンチスト教会の協力を得て行ったもの。ヒスパニックでない白人信者3万1208人の健康データを12年にわたり収集するという、かなり大規模な調査でした。

参加者が食べたナッツはピーナッツ、アーモンド、クルミなどで、ナッツの種類による顕著なちがいは認められなかったそうです。

「おいしいものはカラダに悪い」という思い込みは、ナッツに関しては当てはまらないようですね。

積極的に食べたいカラダにいいもの

抜群のアンチエイジング力! アボカド×生スピルリナのスムージーボウル

身近なスーパーフード「アボカド」をKelly流の食べ方をレシピとともに公開!今回はアボカドに抗酸化成分が豊富な「生スピルリナ」を組み合わせた、朝食や...

https://www.mylohas.net/2018/10/176195kelly19.html

美肌、骨粗しょう症対策に。アンチエイジングのための食べ物<後編>

アンチエイジングを意識した健康的な食事は、肌の状態を改善したりといった多くの良い効果をもたらしてくれるかも。専門家が認める食材をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/178318antiaging.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-4

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

    Ranking

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    5. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    6. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    10. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    5. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    6. 「脚の重だるさ」がスッキリ。むくむ5つの原因と簡単ストレッチ

    7. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    8. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    5. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 人との間に「健全な境界線」を引く方法。「気遣いさん」は疲れてしまう前にやってみて

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら