1. Home
  2. BODY
  3. 【問題】激しい運動の直後は、記憶力が一時的に低くなる?|健康のウソ・ホント09

【問題】激しい運動の直後は、記憶力が一時的に低くなる?|健康のウソ・ホント09

30日間の健康のウソ・ホント

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_09

image via Shutterstock

A.ウソ。

2007年に神経学の専門誌『ニューロバイオロジー・オブ・ラーニング・アンド・メモリー』に結論が掲載され、「激しい身体運動の直後は、ほかの2条件に比べて、単語を覚える速度が20%速かった。・・・・・・定期的な運動は認知機能を高め、加齢による認知機能低下リスクを低減させる」としている。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

正解は「激しい運動の直後は、記憶力がアップする」です。

この実験は、ドイツのミュンスター大学神経内科の研究者が、健康な成人男性27人を対象に、運動と学習能力との関連性を調べたもの。参加者は「高負荷ワークアウトの直後」、「低負荷ワークアウトの直後」、「休憩の直後」に単語を暗記させられました。その結果、激しく運動した後は暗記が20%スピードアップしたのです。

また、カリフォルニア州のソーク研究所とコロンビア大学医療センターのチームは、11人の参加者を対象に調査を行い、有酸素運動が、記憶をつかさどる脳内の部位への血流をつねに増加させたことを確認しています。チョプラ教授が言うように、「運動すると頭がよくなる」ことは、どうやら確実であるようです。

脳を活性化させるためにできること

脳の老化を防ぎたい。「ずっと若い人」と「すぐに老ける人」の違いは?

「ずっと若い人」」と「すぐに老ける人」の違いは、どこにあるのでしょうか? 脳科学×アンチエイジングの最前線を紐解く、医師・久賀谷 亮(くがやあきら)...

https://www.mylohas.net/2018/11/178678brain.html

ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

「食欲のコントロール術」を身につければ、ダイエットは必ず成功する――そう説くのは、脳神経外科医の菅原道仁先生。医学・脳科学・心理学など多様な観点から...

https://www.mylohas.net/2018/10/177086diet_brain.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-2

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    5. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン