1. Home
  2. BODY
  3. 【問題】週6時間以上運動すると、乳がんリスクが低下する?|健康のウソ・ホント08

【問題】週6時間以上運動すると、乳がんリスクが低下する?|健康のウソ・ホント08

30日間の健康のウソ・ホント

4,181

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_08

image via Shutterstock

A.ホント。

アメリカがん協会による研究では、週6時間以上運動する女性は、乳がんリスクが30%低下したことが確認された。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

アメリカがん協会だけでなく、キャンサー・リサーチUKも同様の発表をしています。2002年に51件の研究を分析した結果、1週間に3回、30分ずつ運動をすることで、結腸がんリスクを50%、肺がんリスクを40%、乳がんリスクを33%減らすことができ、前立腺がんリスクの発症率にも有利な影響を及ぼしたと結論づけているのです。

基本的な有酸素運動に加えて、ウエイトトレーニングとレジスタンストレーニングも、がんを予防・抑制する効果が大きいことが報告されているそう。週6時間は厳しくても、1週間に3回、30分ずつなら運動する時間も確保しやすいのでは? まずは体の負担にならない、軽い運動から始めてみてはいかがでしょう。

知っておきたい乳がんの対策

乳がんの原因、知っていますか?リスクを高める18の要因

何が最初の引き金となって細胞の突然変異が起こり、乳がんになるのか。その点については、専門家の間でもまだ完全に明らかになっていません。ですが、乳がんの...

https://www.mylohas.net/2018/11/178677breast-cancer.html

34歳以下の若年性乳がんの見つけ方と、もしも乳がんが見つかったらどうする?

20代、30代の若い世代の乳がんのことが「気になる……」という質問が私のもとに増えています。そこで今回は、若年性乳がんについて、前回に続いてお伝えし...

https://www.mylohas.net/2018/09/175956.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-1

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは