1. Home
  2. BODY
  3. 【問題】週6時間以上運動すると、乳がんリスクが低下する?|健康のウソ・ホント08

【問題】週6時間以上運動すると、乳がんリスクが低下する?|健康のウソ・ホント08

30日間の健康のウソ・ホント

4,199

ハーバードメディカルスクールのサンジブ・チョプラ教授による『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)から毎日ひとつずつ、健康の素朴な疑問をご紹介します。

health_08

image via Shutterstock

A.ホント。

アメリカがん協会による研究では、週6時間以上運動する女性は、乳がんリスクが30%低下したことが確認された。

『ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)より

アメリカがん協会だけでなく、キャンサー・リサーチUKも同様の発表をしています。2002年に51件の研究を分析した結果、1週間に3回、30分ずつ運動をすることで、結腸がんリスクを50%、肺がんリスクを40%、乳がんリスクを33%減らすことができ、前立腺がんリスクの発症率にも有利な影響を及ぼしたと結論づけているのです。

基本的な有酸素運動に加えて、ウエイトトレーニングとレジスタンストレーニングも、がんを予防・抑制する効果が大きいことが報告されているそう。週6時間は厳しくても、1週間に3回、30分ずつなら運動する時間も確保しやすいのでは? まずは体の負担にならない、軽い運動から始めてみてはいかがでしょう。

知っておきたい乳がんの対策

乳がんの原因、知っていますか?リスクを高める18の要因

何が最初の引き金となって細胞の突然変異が起こり、乳がんになるのか。その点については、専門家の間でもまだ完全に明らかになっていません。ですが、乳がんの...

https://www.mylohas.net/2018/11/178677breast-cancer.html

34歳以下の若年性乳がんの見つけ方と、もしも乳がんが見つかったらどうする?

20代、30代の若い世代の乳がんのことが「気になる……」という質問が私のもとに増えています。そこで今回は、若年性乳がんについて、前回に続いてお伝えし...

https://www.mylohas.net/2018/09/175956.html

ハーバード医学教授が教える健康の正解』(ダイヤモンド社刊)

health_book-1

医師が断言する「究極の飲み物」コーヒーについて、ビタミンDの新しいポテンシャル、運動による知られざるメリット、スーパーフードとしておなじみの「ナッツ」が本当にすごい理由、脳だけではなくカラダにも影響を与える「瞑想」の力など6つのカテゴリーにて、本当に正しい健康の知識について触れています。膨大なデータベースを元に導き出したからこそ信頼できるトピックが満載です。

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃酸の逆流を促すNG食品6つ

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 上半身やせを狙える15分自宅トレーニング。3日に1回でOK!

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 【5月の満月】固定観念から解き放たれ、視界が開けるタイミング

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?