1. Home
  2. EAT
  3. 運動後30分以内が勝負! きれいなカラダを作るツールとは?

運動後30分以内が勝負! きれいなカラダを作るツールとは?

dear-natura_01_b

image via Shutterstock

忙しい日々に流されず、運動を習慣化している女性は、日々どんな工夫をしているのでしょうか?

MYLOHASでもおなじみの美しきスポーツウーマンに、自分を変えたスポーツとの出会いや今の課題、運動効率を上げる食習慣など、トレーニングとともにある日常についてうかがいました。

Case1:ヨガインストラクター・村上華子さんの場合

「今、自分に何が必要なのかを常に意識する」

mfs005_01

30代でヨガをはじめ、会社員をやめてインストラクターをしています。以前は仕事や人間関係のストレスを忘れたくて倒れるまで遊んでいたけれど、ヨガの力で気分のアップダウンを軌道修正できるようになりました。

いまは40代になり、基礎代謝が落ちてきたという実感があるので、ボディメイクのために少々強度を上げたメニューを取り入れようかと考えているところです。

ただ、同時に疲れやすくもなっているので、体調やホルモンサイクルによっては無理をせず、静養するという選択も。いま、自分に何が必要なのかを常に意識しています。

食事の際に気にしているのはタイミング。ヨガは呼吸法を大切にするので、内臓に負担がかかる食後2時間は避けるようにしています。1日に複数回レッスンを行う日は、なにをいつ食べるかの段取りがちょっと大変ですね。

Case2:スタイリスト・工藤満美さんの場合

「食事制限はせず、カラダが欲するものを食べる」

mfs004_01

10年ほどマラソンを続けていたのですが、友人に誘われたのがきっかけでそれ以来7年トレイルランニングのおもしろさにハマっています。

山を走るのって、舗装路の倍くらいの体力が必要なんです。スタイリストは体力勝負の面もありますが、疲れにくくなり、マッサージにも行かなくなりましたね。

トレイルランはとにかくカロリーを消費するので、たくさん食べるようになったのも変化のひとつ。基本、食事制限はしていません。カラダが欲するものを食べることが、そのときに足りない栄養素を補うことになると思っています。

とはいえエネルギーになる炭水化物、よい筋肉をつけるタンパク質、腸を健やかに保つ食物繊維などは意識して摂るようにしています。

トレーニング終了後のタンパク質補給には、納豆や豆腐といった大豆製品を積極的に食べています。タンパク質はなるべく食事から摂ることを心がけていることもあり、プロテインは少し苦手意識がありますね。

運動後の彼女たちを支えてくれる新ツール

ヨガレッスンの前は重たいものが食べられないという村上さんと、プロテインに少し苦手意識があるという工藤さん。おふたりともプロテインに関しては「肉体改造したいマッチョな男性向け」というイメージがあり、ふだんはほとんど飲まないとのこと。

dear-natura_03_a

左より「ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ココア味」2,376円(税込)/360g、「ディアナチュラアクティブ ソイプロテイン ソイミルク味」2,376円(税込)/360g、「ディアナチュラアクティブ ホエイプロテイン カフェオレ味」2,592円(税込)/360g *価格はすべてメーカー希望小売価格(税込)

今回、そんなおふたりに試していただいたのが「ディアナチュラアクティブ」。プロテインになじみがない女性にもお試しいただきやすいプロテインパウダーです。

「『ディアナチュラアクティブ』、自然体で美しい井川 遥さんがCMに出ているのを見て、ちょっと気になっていたんです。ふだん飲み慣れないので恐る恐る試しましたが、予想外に飲みやすくて驚きました。私が飲むのを見て、夫も興味津々で。『昔のプロテインと全然違う!』と驚いていましたね」(村上さん)

「私はボディビルダーのように筋肉を大きくしたいわけでもないし、プロテインは味も苦手で作るのも面倒と思っていたけれど、これは飲みやすくて味もおいしかったです。シェイクを飲んでいるかのような満足感があって。翌日のトレーニングでもいつも以上に楽しく走れました」(工藤さん)

ディアナチュラアクティブ」は、アサヒのサプリ「ディアナチュラ」ブランドのプロテイン。無着色・保存料無添加で、クセのないスッキリとした味わいが特徴です。

女性にとってうれしいのは、タンパク質以外にも鉄やカルシウムなどのミネラルや11種のビタミンなど、全23種の成分を含んでいること。食事だけでは摂りきれないタンパク質を補いたい人にもおすすめしたいプロテインパウダーです。

運動後30分以内に!「ディアナチュラアクティブ」

dear-natura_02_a

image via Shutterstock

ディアナチュラアクティブ」は、運動後や就寝前、食事では摂りきれないタンパク質の補給として飲むのがおすすめ。タンパク質の合成が高まるトレーニング後30分以内は、美しくしなやかな筋肉を育てるベストタイミング

ディアナチュラアクティブ」は水の量を多めに作れば運動後でもすっきり飲めて、運動で失われた水分補給もできます。

味は「ソイプロテイン ソイミルク味」、「ソイプロテイン ココア味」、「ホエイプロテイン カフェオレ味」の3種類。

定番フレーバーの「ココア味」はもちろん、ソイミルク味」は豆乳のようなほのかな甘さとスッキリした後味で、プロテイン初心者にこそ試してほしい逸品。「カフェオレ味」はカフェインレスコーヒー使用なので、眠る前にもぴったりです。

「ヨガレッスンがたくさんある日は『ディアナチュラアクティブ』を休憩の合間にさっと作って飲んだり、ビタミンやミネラルも摂れるので外食が続くときの栄養補給にもよさそう

今日は食事のバランスがいまいちだった……なんてモヤモヤする日もあるのですが、『ディアナチュラアクティブ』を上手に活用すれば、ストレスフリーな暮らしが実現できそうですね」(村上さん)

インフルエンサーも愛用の「ディアナチュラアクティブ」

ヘルスコンシャスな女性のニーズを満たしてくれる「ディアナチュラアクティブ」。筋肉を大きくするためではなく、美しく健康なカラダをつくるためのプロテインという考え方が、いまスポーツを愛する女性たちの間で注目を集めています。

モデルの山中島あずささんは、甘すぎずスッキリ飲めるココア味がお気に入り。公園ウォーキングのお供に、シェイカーに入れた「ディアナチュラアクティブ」を持っていくことも。

ヨガインストラクターの渡辺由布子さんは、最近プロテインを飲み始めたそうで、チョイスしたのが「ディアナチュラアクティブ」。しなやかなカラダ作りには欠かせなくなっているようです。

ソイミルク味の「ディアナチュラアクティブ」は、「いつもの豆乳を飲んでいる気分で飲めちゃう」とphotoenpointeさん。頻繁にお肉を食べないので、プロテインパウダーでタンパク質補給をしているとのこと。

キックボクシングを普段のトレーニングに取り入れている神林真里さん。プロテインが初めての方にも「ディアナチュラアクティブ」は、粉っぽくなく、飲みやすいとおすすめしています。

おいしさにもこだわりを持ち、“続けられること”を第一に考えて作られた「ディアナチュラアクティブ」。もっと健康的なカラダで、アクティブに過ごしたい――そう願うなら、ぜひ「ディアナチュラアクティブ」の力を借りて、運動を楽しく習慣化してみてください。

「ディアナチュラアクティブ」の購入はこちら

ディアナチュラアクティブ

写真/内山めぐみ(村上さん、工藤さん) 文/ 田邉愛理

Sponsored by アサヒグループ食品株式会社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって