MYLOHAS

[ MYLOHAS Special Feature ]

ココロに届く、
人生が楽しくなる。
香りのすべて

パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

sponsored by ライオン株式会社

aromarich_001

似合う色を探し、その人の魅力を引き出す「パーソナルカラー診断」。そのメソッドにメイクアップとITを結びつけ、まったく新しいサービスを追求しているのが、今回の主人公である三輪詩織さんです。

転職を重ね、必要な資質を身につけながら「30歳までに独立する」という目標を叶えた三輪さんの人生の選択とは? そして今後目指すものとは……。会社を経営しながらふたりの男の子を育てる三輪さんのパワフルでスマートな生き方に迫ります。

起業のきっかけは、育休中に出会ったパーソナルカラーの魅力だった

aromarich_002

三輪さんが「パーソナルカラー診断」に出会ったのは、長男出産のために取得した育休中。パーソナルカラーアナリストとして活躍する実のお姉さんの仕事風景を見にいったのが始まりでした。

たとえば同じイエローでも明度や彩度などのトーンによって色調はさまざま。ひとつの色を「春夏秋冬」の4つのグループに分け、自分に似合う色のグループを探っていくのがパーソナルカラー診断です。

自分に似合う色グループの布をあてると顔色や瞳が輝き、似合わない色の布をあてると顔色がくすんだり、血色が悪く見えてしまう――。実際にお姉さんに診断してもらい、まるでマジックのようなパーソナルカラーの効果に衝撃を受けた三輪さん。

育休の期間を利用して勉強をするなかで湧いたのが「このメソッドをもっと多くの人に伝えていきたい」という思いでした。

aromarich_003

「パーソナルカラー診断は、どちらかというと“一部の人のみぞ知る”ものなのかなという印象を受けました。でもこのメソッドは、自分に似合う色の服はもちろん、どんな色のコスメを選んだらいいかわからないという悩みを抱える多くの女性たちにとって、とても役に立つはずだと思ったんです」(三輪さん)

育休を終え、仕事を再開。忙しい中でも週末はパーソナルカラー診断の知識を深めるために専門スクールに通ったり、さまざまな関連書籍を読みふけったりしたとのこと。

aromarich_004

「当時はパーソナルカラー診断というと、ホームページやブログなどでの宣伝が一般的でした。そこで私は差別化をするため、とくにインスタグラムに注力。

またメイクに特化し、お客さまの自己流メイクの写真とパーソナルカラー診断によって導き出された似合う色でメイクをした写真とを“ビフォーアフター”として比較できるように投稿し、“自分に似合う色を使うだけでこんなに変われる”ということをわかりやすく伝えていくことにしました」(三輪さん)

その結果、アカウント開設から数カ月後には数百人もの予約が殺到するほどに。そこで仕事をパーソナルカラーに絞り、2017年にカラーや骨格診断からイメージコンサルティングを行う「株式会社Style Works」を設立。その年末に、PR会社とともにパーソナルカラーに特化した国内初の会員制美容メディアを開始します。

「いい物やサービスも、伝わらなければ意味がない」

会社設立から1年で、コンサルティングを受けにサロンを訪れた人は全国から約2,000名以上。立ち上げたメディアもリリース初月で50万PVという好調なスタートを切りました。さらに、パーソナルカラーを掛け合わせた新しいテクノロジーサービスのリリースもまもなくとのこと。

aromarich_005

パーソナルカラーとの親和性の高いコスメに特化して、パーソナルカラーの存在や効果を伝えられたことがよかったのかなと思っています。また、高い技術を持つパートナー講師の方々に日々サポートしていただけていることも大きいです」(三輪さん)

会社設立にあたり、生かされたのが「いい物やサービスがあっても、人に伝わらなければ意味がない」という元上司の教え。

大学卒業後、大手人材広告会社に勤務した三輪さんは「仕事をする上で、営業力はすべての基本になるはず」と考え、営業職を希望。3年後、IT企業に転職して広報を務めます。

aromarich_006

「営業や広報の仕事をするなかで、物やサービスの魅力を伝えることの大切さや手法は身につけたつもりです。自分が学んできたことを生かして、自分なりのやり方で、このパーソナルカラーというメソッドを世の中に伝えていこうと思い、起業に至りました。

コンサルティングを通して、お客さまにその価値を直接伝えるのもひとつ。でもそれだけではなく、テクノロジーの力を借りることでもっと多くの人にこのメソッドの本当の価値を届けたいと考えています」(三輪さん)

「30歳までには独立する」という目標を29歳で叶えた三輪さん。社会人経験7年目のスピード起業と思いきや、お話をうかがうといかに地に足のついた考えによるものであったかということがわかります。

部屋着の香りや柔らかさが、息子たちに愛を伝えてくれる

現在は、個人のコンサルティングだけでなく、企業を相手にパーソナルカラーを掛けあわせたサービスの開発やコンテンツ制作を行う仕事も増え、いろいろなプレッシャーや不安から「眠れない夜もある」とのこと。

aromarich_007

待っていても仕事は与えてもらえません。だからこそ、少しでも成長してお客様に選んでいただける存在になるために、“アイデアと行動量は誰よりも多く”ということをいつも意識しています。

不安やプレッシャーでつぶれそうになるときもありますが、新入社員時代から粘り強さには自信があるので、浮いたり沈没したりしながら、なんとか乗り切っています(笑)」(三輪さん)

「もうダメだ、って前にも嘆いていたじゃない? でもちゃんと乗り越えられたんだから、今回も絶対に大丈夫だよ」といつも励ましてくれるのは、友だちのように仲良しだという2つ年上のお姉さん。

はじめは起業に反対していたご主人も、三輪さんの本気の姿勢が伝わったのか、「育児や家事などできることは俺もやるから、やれる限り全力でがんばれ!」と応援してくれるのだそうです。

aromarich_008

そして何より心の支えとなるのが、3歳と0歳の愛息子の存在です。次男が生まれたときはそれまでで一番多くの仕事を抱えていた時期。次男の授乳に加えて長男が“赤ちゃん返り”してしまい、睡眠時間があまり取れない日々が続きました。心身ともに疲れ果て、さすがに仕事をあきらめようかと思ったそうです。


「次男が4月に生まれてまもなく母の日があったのですが、長男が保育園の先生に促されて“ママ大好き”と書かれたカードを手渡してくれたんです。このときは感極まって保育園で泣きました。がんばっていてよかったと、救われた気持ちになれた出来事でした」(三輪さん)

カードはいつもバッグに入れていて、ふと不安になったときや出張の宿泊先でひとりになったときに眺めては心を落ち着けているそうです。


「長男は人の気持ちを察することができるようになってきて、ときにふさぎ込む私を見て『どうしたの?』と心配そうに声をかけてくれることもあります。仕事が忙しく、寂しい思いをさせていることに後ろめたさを感じていましたが、そのぶんすべてをあとで返せるように、やるからには全力で取り組もうと考えています」(三輪さん)

仕事で遅くなった日は、ママの香りがついた部屋着にくるまって帰りを待っているという長男。そんなけなげな思いは、三輪さんの大きなパワーにもなり、お子さんとの絆も深まっているそうです。また、ママの香りを感じたり生地の柔らかさを通じて、息子さんたちは忙しいママの愛情を感じ取ってくれていることでしょう。

そして、疲れたときや気分を変えたいとき、自分を取り戻したいときに三輪さんが頼るのも、やはり香りのチカラ。以前はアロマキャンドルをよく焚いていたそうですが、お子さんがふれると危ないので、最近はおやすみ。ボディクリームや香水の香りを楽しんでいるそうです。

パーソナルカラー別、イメージにあう香りは?

aromarich_009

さまざまなシーンで私たちの気持ちを整えてくれる香り。似合う色と同じように、その人にあった香りはあるのでしょうか。三輪さんにうかがってみると「あくまでも香りは好みやシーンで選ぶものだと思いますが」と前置きしながらも、次のように教えてくれました。

・パーソナルカラーが春(スプリング)の人:キュートでかわいらしいイメージにあわせて、さわやかでフルーティーな香り、甘い香り

・パーソナルカラーが夏(サマー)の人:ソフトでエレガントなイメージにあわせて、フローラル系、エレガント系の香り

・パーソナルカラーが秋(オータム)の人:シックで落ち着いたイメージにあわせて、ウッディ系、自然の深い香り

・パーソナルカラーが冬(ウィンター)の人:クールでシャープなイメージにあわせて、ユニセックスな香り、オリエンタルな香り

香りは好みやTPOにあわせて使いたいものなので、あくまでも参考としてですが、見た目のイメージに近づけて香りを演出するというのも楽しそうです。その日の気分や服装にあわせて香りを選ぶ。そんな楽しみも自己演出の大きなひとつではないでしょうか。

心がほっと温まる、冬にぴったりの香りが登場

aromarich_item

香りを自分らしく、もっと自由に楽しみたい。

そんな女性たちに寄り添うべく、こだわりの香りをお届けするのがアロマ柔軟剤「ソフラン アロマリッチ」です。袖を通したとき、ストールに顔をうずめたとき、クッションを抱きしめたとき、毎日のあらゆるシーンで生地の柔らかさとアロマの香りでホッと一息。私たちの心を落ち着かせてくれます。

1万人を超える女性の声から生まれた香りは5種類。製品には高級感、可愛さ、清潔感、女性らしさ、爽やかさをイメージした女性の名前がつけられています。

さらに2018年11月30日(金)から数量限定で発売されるのが「フローラルキャンドルアロマの香り」です。天然イランイランオイルと天然ベルガモットオイルを配合したアロマブレンドで、ホワイトフローラルの上品な香りにストロベリーやバニラの甘さをプラス。奥深いアロマの香りが冬にぴったりです。

1年でもっとも慌ただしい冬。忙しい毎日でも好きな香りを感じる瞬間があれば、心にもあたたかな火が灯るはず。ぬくもりのある「フローラルキャンドルアロマの香り」もその選択肢のひとつとなりそうです。

いまなら「フローラルキャンドルアロマの香り」がもらえるチャンス!

アロマリッチの購入は下記から。

amazon_logo001

lohaco_logo003

三輪 詩織さん

1987年、愛知県生まれ。大学を卒業後、大手人材広告会社での営業を経てIT企業の広報に携わる。長男出産に際して1年間の育休を取り、関連企業の取締役として職場復帰。2017年に「株式会社Style Works」を設立し、東京・名古屋にて月間150名以上のコンサルティングを手掛けるサロンを運営。設立1年で来訪約2,000名を超える。同年12月末、パーソナルカラーに特化した国内初の会員制美容メディア「COLOR ME(カラーミー)」を開始。従来のイメージコンサルティングの枠にとらわれないビューティーテックサービスを追求。今年4月に次男を出産、2児の母に。

アロマリッチ

文/MYLOHAS編集部 写真/中山実華

好きな香りといっしょに、深呼吸しよう

Back number

Related article from MYLOHAS