1. Home
  2. EAT
  3. 代謝UPをお助け! 脂肪燃焼&減量推進に役立つ食品12

代謝UPをお助け! 脂肪燃焼&減量推進に役立つ食品12

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,916

穀物

image via shutterstock

食べて体重を減らすことはもちろん可能です。体重を減らすのに栄養を摂取することは基本的に欠かせないし、体重を落とすのに役立つ食べ物もあります。

体重を減らすことを継続するには、代謝をあげること、そしてそれを助ける食べ物を摂ることです」と『Prevention』に語ったのは、減量と体重管理の専門家で公認心臓医のルイーザ・ペトレ医学博士です。

食材

では、どんな食べ物がよいのでしょうか?「最もヘルシーで減量に最適な食品は、繊維質と水分が豊富で、カロリーの密度が必然的または適度に低いもの」と説明するのは、Pritikin Longevity Centerの栄養ディレクターで栄養士のキンバリー・ゴーマーさん。

彼女によれば、もうひとつ重要な要素としては、加工されていない食品のほうが脂肪をよく燃やすということ。フルーツや野菜から、パスタやチョコレートまで、よりスリムな身体のために、食べてやせられる、脂肪を燃やす食品をみていきましょう

  1. 全粒粉パスタ
  2. リンゴ
  3. ナッツのバター
  4. アボカド
  5. ホウレンソウ
  6. サツマイモやヤムイモ
  7. 全粒粉のイングリッシュマフィン
  8. バナナ
  9. ギリシャヨーグルト
  10. オートミール

01. 水

水

水は食べ物ではないのですが、チプッロさんによれば、栄養のゴールを最適化したいときには絶対に必要なものだとのこと。

「お湯は胃腸を刺激するのにぴったりで、(特に食物繊維を増やしている場合)便秘予防にもよく、口寂しくなって夜に何か食べてしまう気持ちを抑えてくれます」。つまり、夕食の後に何か食べてしまうのが習慣になっていることに気づいたなら、1杯のお湯が入ったコップを手にしましょう

ペパーミントやラベンダーなど食用のエッセンシャルオイルをたらしたり、レモンなどの柑橘類をしぼったりしてみて。リラックスできるだけなく、余計なものを食べなくてすみます。

02. 全粒粉パスタ

パスタ

多くの人にとって減量中にパスタを食べないでいるのは難しいかもしれませんが、チプッロさんによれば、がまんする必要はないそう。

「パスタを食べない栄養士はいません」とチプッロさん。炭水化物として満足でき、脳や筋肉のエネルギーにもなるので、全粒粉のパスタがおすすめです。「炭水化物は、脳やさらには筋肉の主なエネルギー源」とチプッロさん。

「食事と食事の間や、スピンバイクをこいだり、大好きなエクササイズのクラスに参加したりしている間にもエネルギーを維持しておくのに、筋肉に糖質を蓄えておくことが重要。炭水化物を恐れることはないのです。それよりも、すべての食品をまんべんなく適度な量を食べる方法を見つけましょう」

03. リンゴ

りんご

これからは「1日に1個のリンゴ」をモットーにするよう、チプッロさんは強くすすめています。その理由は、リンゴは主にペクチンを摂取するのに優れているから

「リンゴに含まれるペクチンのおかげでお腹が十分にいっぱいになるし、食べるときの歯ごたえが、心理的にも満足度をアップさせる」とチプッロさんは説明します。

シャキッとしたリンゴをカリカリかじっていれば、ポテトチップスは必要ありません。チプッロさんからのアドバイスは、旬のオーガニックなリンゴにこだわること。そうでないリンゴは、長期間保存されていることが多く、栄養価が失われたり、殺虫剤がたくさん使用されていたりするからです。

04. ナッツのバター

ナッツバター

ナチュラルなナッツのバターは、過食の予防に理想的だと言うチプッロさん。「栄養士としては、満腹感を得てその状態をキープするのに、血糖値やホルモン管理の重要性を認識しています」とのこと。「炭水化物、たんぱく質、脂肪を一緒に食べると、食事の血糖負荷を下げるため、インスリンの分泌を抑えるのです」。

インスリン抵抗性のある人は、より空腹を感じやすく、お腹まわりが太る傾向にあります。「おやつには、オーバーナイトオーツやフルーツと一緒に、ピーナッツバターやアーモンドバターを食べましょう」

05. アボカド

アボカド

アボカドは一価不飽和脂肪(よい脂肪)が豊富なので、次の食事まで満腹感を保つのを助け、減量しようとしているときに食べるのに最適、と言うのは、『Everyday Diabetes Meals — Cooking for One or Two』の共著者で、ローラ・チプッロさんと一緒にニューヨーク市でWhole Nutrition Servicesに携わっているリサ・マイカスさん。

アボカド半分には6グラムの繊維質が含まれ、1グラムあたりのカリウム量はバナナよりも多いとマイカスさんは指摘しています。

06. ホウレンソウ

ほうれん草

ホウレンソウは葉酸たっぷりで繊維質も含まれている葉物野菜として、積極的に食べたい食材。「ホウレンソウには水分が多く含まれていて、栄養価は高いのに全体のカロリーを低く抑えることができる」とマイカスさん。

生のホウレンソウをサラダにしたり、オリーブオイル、ニンニク、レモンと一緒に炒めたり、スムージーに加えたりするのがおすすめ。

07. 卵

卵

卵は白身だけではなく全部食べると、脂肪、脂溶性ビタミン、たんぱく質を摂取できるとマイカスさん。

「脂肪とたんぱく質の組み合わせは、身体がこれらの主要栄養素をゆっくりと消化している間、満腹感をより長時間持続させることができるのです」

08. サツマイモやヤムイモ

さつまいも

サツマイモやヤムイモは、繊維質やビタミンCが豊富で、ベータカロチンの量も高いのです。「この万能な根菜は、バランスのとれた夕食に追加したり、おやつに食べたりするのにぴったり」とマイカスさん。

09. 全粒粉のイングリッシュマフィン

マフィン

全粒粉のイングリッシュマフィンにはビタミンB群、鉄分、繊維が含まれ、1個あたりのたんぱく質は5グラム、カロリーは120キロカロリーです。

「たんぱく質と脂肪をあわせて摂取するなら、目玉焼きやスクランブルエッグをのせたり、あるいは大さじ1〜2のアーモンドバターかピーナッツバターをのせたり」とマイカスさん。

10. バナナ

バナナ

バナナは体にいいの? もちろんです! バナナは、100キロカロリーしかないのですが、繊維質は3グラムもあり、満足感の高いおやつになります

特にナッツのバターと組み合わせると最高。他のメリットとして、カリウムやマグネシウムも豊富、とマイカスさん。

11. ギリシャヨーグルト

ヨーグルト

栄養士が昔ながらのヨーグルトよりもギリシャヨーグルトを好むのは、たんぱく質の含有量が高く、炭水化物がもともと低いから、とマイカスさんは説明します。

炭水化物は、ギリシャヨーグルトのが8グラムなのに対して、従来のヨーグルトは30グラム。また、含まれている炭水化物とのバランスを保つのによいたんぱく質も豊富。マイカスさんは、オーガニックのものか、ホルモン剤や抗生物質不使用の乳製品のものを買うようすすめています。

脂肪分0%は避け、1〜2%のものを選ぶと、満腹感が長時間持続できます」

12. オートミール

シリアル

オートミールには水溶性繊維が含まれているだけでなく、他のほとんどの穀物にくらべ、たんぱく質が豊富、とマイカスさん。

「健康的に1日をスタートさせるためには、朝にオートミールを食べると、3〜4時間は腹持ちします」とマイカスさんはアドバイス。

たんぱく質を追加するなら、刻んだアーモンドをトッピングしたり、繊維質をアップするにはブルーベリーをのせたりしてもいいですね。

健康的にダイエットしたい

チキンやショウガなど、脂肪を燃やし減量を推進する13の食品

健康的にダイエットしたい! 食べてやせられる、脂肪を燃やす食品をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/180291diet.html

すぐ作れて満足感もあるのに44kcal。具だくさん温奴のレシピ

ダイエットの定番、豆腐を使った簡単レシピ。水溶性食物繊維が豊富ななめこ、ビタミンB群が豊富な豚肉など具沢山のあんかけです。44kcalとなのに満足感...

https://www.mylohas.net/2018/11/178665diet_recipe.html

Leah Groth/25 Fat-Burning Foods to Jumpstart Your Weight Loss
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    代謝UPをお助け! 脂肪燃焼&減量推進に役立つ食品12

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More