1. Home
  2. BODY
  3. 原因は姿勢の悪さじゃない。背中が痛む本当の理由を、理学療法士が明かす

原因は姿勢の悪さじゃない。背中が痛む本当の理由を、理学療法士が明かす

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,725

腰が痛い女性

image via shutterstock

首や背中が痛むのは、猫背や前かがみの姿勢のせいだと結論づけるのは簡単ですが、それは短絡的すぎます、と南カリフォルニア大学で臨床理学療法学を教えるエリック・ロバートソン准教授は言います。

「少しの間、前かがみの姿勢でいても問題はありません」と彼は言います。「変な姿勢や体勢をしている人はたくさんいますが、痛みは伴いません。誰かが痛みを感じると言ったときに、姿勢を見て『あ、それが原因ね』と簡単に結論づけてしまうのです」。さらに、ロバートソン准教授によれば、痛みと姿勢を関連づける研究結果はないそうです。

ではなぜ、こんなにも痛むのでしょう? 答えはシンプルです。もしかしたら、十分に動いていないのかもしれません。

腰痛

痛みは、筋肉の衰えやこわばりが原因で起こります。「起きてから1日中ずっと頭を動かさなかったら、と想像してみてください。1日の終わりには、頭を右にも左にも動かせなくなっているでしょう。筋肉が固くなり凝ってしまいます」とロバートソン准教授は言います。車やデスクで座っているときも同じです。背中を丸めたり、前かがみになったりするのがいけないのではありません。ずっと座っているだけ、ということが問題なんです。

解決方法は、関節を毎日しっかり動かしてあげること。「どの関節も動かせる範囲というのが決まっています。その可動域をめいっぱい、頻繁に使ってあげると関節が喜びます」とロバートソン准教授。「古くから行われてきたヨガも、幅広い動きを取り入れていますよね」。

ストレッチする人

image via shutterstock

背中や首がズキズキしてきたら、頭、肩、背中をしっかり回して伸ばしましょう。痛みが悪化するのを予防できます。さらに、定期的にストレッチする習慣をつけるといいでしょう。ストレッチのよさについては皆さんご存知かと思います。腰、ヒップ、股関節、首のストレッチにトライしてみてください

痛みが長く続く場合には、理学療法士に診てもらうのがいいでしょう、とロバートソン准教授はおすすめします。「ケアは個々に合わせて行います。ですので、治療の強度は問題の深刻さによって異なります」と彼は話します。「受動的な治療よりも、パートナーとしてパワーや自信を与えてくれる人に診てもらうことが、成功への重要な鍵です」。

ストレッチで体をほぐす

自分を大切にしたいあなたへ。身体が気持ちよくなる10分間のヨガ

自分への思いやり回復するための習慣はヨガがおすすめ。強く美しい心と身体を手に入れるヨガポーズをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/179638yoga.html

毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

ストレッチは本当にやるだけの価値がある健康的な習慣なのです。ストレッチのおかげで得られるメリットをいくつかみていきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/11/179826-stretch.html

Sarah Smith/Bad Posture Isn't Why Your Back Hurts, Says This Physical Therapist
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    5. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン