1. Home
  2. MIND
  3. 「セラピーには何度も救われた」。元恋人の死や婚約破棄を乗り越えて

「セラピーには何度も救われた」。元恋人の死や婚約破棄を乗り越えて

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,806

アリアナグランデ

元恋人マック・ミラーの死、電撃婚約を公表してすぐの婚約者ピート・デヴィッドソンとの破局など、ここ数か月で多くの試練を経験してきたアリアナ・グランデ

でも彼女は、自分の痛みを口実に自暴自棄になることはありませんでした。プロらしく対処しているアリアナ・グランデにファンたちも注目しています。

恋人と別れた自分を元気づける新曲「Thank U, Next」をリリースした後、アリアナ・グランデのTwitterのフォロワーが、冗談まじりに彼女のかかりつけのセラピストについてたずね、「新しい患者を受け入れているか」と聞いたのです。

それに対してアリアナ・グランデは、自分のメンタルヘルスについて真面目に話すよい機会だと受け取りました。

「マジで超笑えるけど、実を言うとセラピーには何度も救われた」

手を握る人

image via shutterstock

「マジで超笑えるけど、実を言うとセラピーには何度も救われた」とアリアナ・グランデは返事をしています。

助けを求めるのが怖くても、怖がらないで。いつまでもずっと苦しんでいる必要はないし、トラウマも克服できる。わたしもやるべきことが山ほどあるけど、それは可能だっていうことに気づきはじめてもいる」

独りになったばかりの歌手アリアナ・グランデのファンは、彼女に賛同して、このリプライを37,000回以上もリツイートしています。

多くの人は支持する言葉をおくり、他者を助けるために自分のメンタルヘルスについて正直に打ち明ける彼女を賞賛する人も見られました。

また、彼女に同意するとともに、自分自身が抱えているメンタルヘルスの苦悩や、セラピーの体験をシェアする人もいました。

10年以上セラピーにかかっていることを告白

落ち込む女性

image via shutterstock

セラピーが好きだということを、アリアナ・グランデが明かすのはこれが初めてではありません。

7月の『ELLE』のインタビューでは、両親が離婚して以降、10年以上もセラピーにかかっていることを告白しています。それは簡単ではありませんでしたが、「効き目はあります」と彼女は述べています。

「わたしは25歳のひとりの女性です。しかしまた、わたしはこの数年をかなり特殊な状況下で成長してきたんです」

そのインタビューでは、イングランドのマンチェスターで行われたコンサートがテロ攻撃にあったことによって、彼女自身が受けた外傷後ストレスの体験についても詳しく語っています。

調子がよくて、元気でハッピーだとしても、それはいきなりわたしを襲ってくることがある」と彼女は話しています。

「わたしは前からいつも不安を抱えていたけど、でもそれまでは決して身体的なものではなかったんです。自分がめちゃくちゃになった状態が、数か月続きました」

社会のために自分のメンタルヘルスについて打ち明けているハリウッドスターは、アリアナ・グランデだけではありません。多くの有名人たちが、うつ、不安、その他の精神面の健康問題について、オープンに話しています

心はいつも穏やかでいたい

気分が落ち込んだら。〇〇に行くと心が解放される!?

芸術作品と触れ合うことで、心のケアに役立つことを期待する「アートセラピー」にはどんな効果があるのでしょうか?カナダで行われている取り組みやその効果に...

https://www.mylohas.net/2018/11/179669art_therapy.html

元アスリートが教える、心が折れたときに立ち直りを早くするヒント

あわただしい現代には、効率よくエネルギー回復を図る「レジリエンス」のスキルが有効です。トップアスリートも実践している「マイクロ・レジリエンス」は、あ...

https://www.mylohas.net/2018/11/179688micro_resilience.html

Leah Groth/Ariana Grande Says Therapy Saved Her Life 'So Many Times'—and Tons of People Can Relate
訳/Maya A. Kishida

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    「セラピーには何度も救われた」。元恋人の死や婚約破棄を乗り越えて

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More