1. Home
  2. EAT
  3. りんご酢の隠れたダイエットパワー3つ。ぽっこりお腹や脂肪燃焼に

りんご酢の隠れたダイエットパワー3つ。ぽっこりお腹や脂肪燃焼に

17,822

りんご酢とりんご

りんごの果汁を発酵させたフルーティーな「りんご酢」。ドレッシングやピクルスなどでよく使われる調味料ですが、美容や健康を意識してドリンクとしてもよく飲まれています。

今回は、りんご酢の美容や健康への3つの効果を紹介します。

01. りんご酢は脂肪を減らす?

コップに入ったりんご酢とりんご

りんご酢は、実は脂肪を減らす効果が期待できるそう。

りんご酢に含まれる酢酸には、血液中の脂質を減少させる働きがあることが最近の研究で明らかとなっています。また、クエン酸は体内で栄養素のエネルギー生産に関わることから、代謝が活発になり、やせやすい体質を手に入れることができると言われています。さらにお酢が含むアミノ酸にも、脂肪の分解を促す働きがあります。

(「Diet Plus」より引用)

これらのことから、肥満や動脈硬化などを予防する効果も期待できるそう。

02. 腸活にもぴったり

りんご酢とりんご

りんご酢の原料であるりんごには、「アップルペクチン」という栄養成分があります。この成分が、腸機能をサポートする働きがあるそう。

りんご酢の原料であるりんごにはアップルペクチンという栄養成分が含まれます。この成分には、腸内の善玉菌を増やして腸機能を活発にさせる働きがあると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

りんご酢は、腸活にもぴったりとのこと。

03. りんご酢は、むくみにもよし

りんご酢とりんご

りんご酢に豊富に含まれるカリウム。カリウムは、体内の塩分や水分のバランスを整えて、余分なものを排出する役割を担っています。

カリウムの働きで、むくみ予防むくみ改善も期待できるそう。むくみやすい人は、毎日の食生活に取り入れてみるのがおすすめです。

アレンジして飲みやすく

りんご酢とりんご

うれしい効果がある「りんご酢」ですが、クセがあって苦手という人も。基本的には、水で割って飲みますが、はちみつを加えるとさらに飲みやすくなります。

割るものは水でなくても、牛乳炭酸水に変えてみてもいいですよ。また、ヨーグルトサラダのドレッシングとしても使えるので便利ですよ。

(「Diet Plus」より引用)

りんご酢の一日あたりの適量は15~30mlとのこと。継続的に食生活に取り入れていきましょう。

お酢のパワーをもっと知りたい

不眠改善にお酢がいい? お酢の健康効果のウソ・ホント4つ

巷に出まわる「お酢」にまつわる噂を検証! お酢を飲むと体がやわらかくなる? ダイエット中は、朝にお酢を飲むと効果的? 風邪をひいたときはお酢を飲めば...

https://www.mylohas.net/2018/10/176565vinegar.html

頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

おなかの脂肪は、ワンピース以外の服では隠せないイヤなものですし、実際、悪者です。おなかに「白色脂肪」が広がり、臓器深くに根付いてしまうと、事態は深刻...

https://www.mylohas.net/2018/07/171818fat-belly.html

Diet Plus

image via shutterstock

横山智世

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン