1. Home
  2. EAT
  3. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

42,209

スイカとパイナップル

ご存じの通り、フルーツには炭水化物や天然糖が含まれます。そのためケトダイエットでは禁止されていますが、むしろ食べ続けた方がいい食材です。フルーツをたくさん摂ると、糖尿病のリスクを軽減したり、健康的な体重を維持したりと、さまざまな健康的メリットがあります

フルーツの炭水化物は、ジャンクフードから摂取する炭水化物とはまったく異なります。「摂取カロリーの80%を、フルーツ、野菜、全粒穀物、豆などヘルシーな複合炭水化物を含む食品から摂れば、同じカロリーを食パン、甘いシリアル、ポテトチップスなどから摂るよりずっと健康的です」と、オハイオ州コロンバスでサイトOne Bite Wellnessを運営する、管理栄養士のエイドリアン・ライモさんは言います。

フルーツ

image via shutterstock

なぜかって? 答えは簡単です。食パンや砂糖を含むスナックはカロリーばかりで栄養がありませんが、フルーツにはビタミンや栄養素が豊富に含まれ、満腹感を持続させる食物繊維も摂ることができます

「食物繊維によって、グルコースに対するインスリン反応が遅くなり、食後の満腹感が増します。ですので、低炭水化物ダイエットに取り組んでいる患者のカウンセリングをするときは、食物繊維の重要性を強調して伝えるようにしています」と、ブログDelish Knowledgeの開設者で、管理栄養士のアレックス・カスペロさんは言います。食物繊維はほかにも、便秘、痔、憩室炎などを予防し、コレステロールを下げることも証明されています。

だからといって、フルーツばかりの食事でもいけません。「たんぱく質や糖分を摂りすぎてしまいます。また、炭水化物を摂取しすぎると、余分な脂肪が蓄積していきます。バランスが大事です」とライモさん。低炭水化物ダイエットを始めようとしている方や体重を落としたいという方は、ここに紹介する10種類の低糖質フルーツを食事に加え、これらのナチュラルスイーツを適度に楽しんでみてください。糖質の多いフルーツから低いフルーツの順にご紹介します。

  1. りんご
  2. パイナップル
  3. ブルーベリー
  4. 洋ナシ
  5. オレンジ
  6. ハニーデューメロン
  7. スイカ
  8. ラズベリー
  9. ルバーブ
  10. アボカド

1. りんご

りんご

糖質量:砂糖10グラム/100グラム

朝にオーツを食べるなら、砂糖やハチミツをかけるのではなく、角切りりんごとシナモンをのせてみてください。

朝食に砂糖を摂らないようにしてください」とライモさんは言います。「患者さんにも私自身にも言えることですが、朝、砂糖を摂取してしまうと血糖値が上がり、その後も1日中糖分を欲するようになってしまいます」。

2. パイナップル

パイナップル

糖質量:砂糖10グラム/100グラム

ピニャコラーダが好きな方、ジュースやシロップを使わずに、自然な甘さのパイナップルを使って、ハッピーアワーの1杯を楽しんでみませんか?

「私のお気に入りのカクテルは、ウォッカ、ミネラルウォーター、庭で育てたフレッシュミント、フローズンパイナップルを混ぜた1杯です。砂糖は一切加えませんが、とてもおいしいですよ」とライモさん。

3. ブルーベリー

ブルーベリー

糖質量:砂糖10グラム/100グラム

ベリー類にはつぶつぶの種がたくさんあるので、ほかのフルーツよりも食物繊維が豊富です。

「ブルーベリーは、オーバーナイトオーツやパンケーキなどの朝食によく合います。おやつのスムージーに混ぜたり、ランチのサラダにのせたりしてもいいでしょう。ココナッツヨーグルトにシナモンとブルーベリーをかければ、ヘルシーなデザートになります」とライモさん。

健康効果を最大限に得たいなら、ワイルドブルーベリーがおすすめです。「ワイルドブルーベリーには、普通のブルーベリーの2倍の抗酸化物質が含まれます」とカスペロさんは解説します。

4. 洋ナシ

洋梨

糖質量:砂糖10グラム/100グラム

ここに紹介する低糖質フルーツは、生のまま食べるのが一番です。洋ナシはシロップ漬けになっていたり、スナックパックや缶詰になっていたりするものが多いですが、こちらも生で食べるのがおすすめです。

「加糖表示を確認してください。スープ、パン、ヨーグルト、グラノーラバー、パックに入ったフルーツなど、砂糖が加えられていることに気づかないまま食べている食品がたくさんあります」とカスペロさん。「多少の添加糖を摂取するのは問題ありませんが、すぐにその量は積み重なっていきます」。

5. オレンジ

オレンジ

糖質量:9グラム/100グラム

オレンジを摂取するなら、オレンジジュースより生のまま食べた方が血糖値にやさしいでしょう。オレンジには糖分が含まれますが、Mサイズのオレンジには食物繊維3グラムが含まれます。

「自然食品には天然糖が含まれますが、あまり気になりません。その分、食物繊維が消化や吸収をよくしてくれるからです」とカスペロさん。「植物によって、ペクチン、ガム、粘液、セルロース、ヘミセルロース、リグニン、水溶性食物繊維など、さまざまな種類の食物繊維を摂ることができます」。

6. ハニーデューメロン

メロン

糖質量:8グラム/100グラム

この緑色のメロンは、フルーツサラダに入れてしまうとあまり目立ちませんが、ネガティブな先入観は捨ててください。カリウム、ビタミンA、ビタミンCが含まれるので、低炭水化物ダイエットをしている人におすすめの甘い秘密兵器です。

角切りにしてカクテルに入れたり、くし形に切ってスパークリングワインに漬けてみたり、丸く切り抜いてフルーティーなビネガーをかけたりするとおいしいですよ。

7. スイカ

スイカ

糖質量:6グラム/100グラム

この可愛らしいピンクのフルーツは、水分量が抜群で低カロリー(1カップで46カロリー)。夏のスーパーフードです。

「スイカは体の水分補給に最適です。ライムジュースをかけると、とてもおいしいです」とライモさん。

8. ラズベリー

ラズベリー

糖質量:4グラム/100グラム

どのフルーツよりも食物繊維を豊富に含むラズベリーは、冷蔵庫(または冷凍庫)に常備しておくといい食材。

「ラズベリーは食物繊維が豊富なので、消化を促進し、血糖値を整える作用があります。ブルーベリーと同様、ラズベリーには食物繊維がたっぷり含まれますが、糖分は非常に少ないです。また、冷凍ベリーもお忘れなく。生のものよりお手頃なうえ、栄養もほとんど変わりません」とカスペロさん。

ラズベリーにチョコレートを詰めて食べれば、ちょっとしたおやつになりますよ、とライモさん。

9. ルバーブ

ルバーブ

糖質量:1グラム/100グラム

ルバーブは糖分の少ない細長いフルーツですが、『Food Chemistry』誌の研究により、20分間加熱すると特定のがんのリスクを下げることが証明されています。

定番のクランブルパイにはせず、ギリシャヨーグルトにトッピング(ハチミツを少し)したり、低糖質マフィンに入れたりしてみてください。

10. アボカド

アボカド

糖質量:1グラム/100グラム

クリーミーで甘いアボカドは、ワカモレ、アボカドトーストなど、さまざまな方法でおいしく食べられるフルーツです。「善玉脂肪を含むお気に入りのフルーツです」とライモさん。

ディップだけでなく、いろいろな料理に使えます。ワークアウト後のスムージーにアボカド1/4とココアパウダーを加えれば、クリーミーなチョコレート味のスイーツを楽しめます。

フルーツの力を味方に

忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

きちんと朝ごはんを食べて一日をスタートさせるのは、体にはとてもよいこと。それはわかってはいるけど、朝食をきちんと作る時間がない……。そんなときに便利...

https://www.mylohas.net/2018/10/177433bananatoast.html

アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

アボカドでちょうど良い熟し加減を探すのは困難なもの。そんな時役立つ、硬いアボカドを、一晩で完熟にする画期的な方法をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/10/178014avocado.html

Karla Walsh/10 Low-Sugar Fruits to Eat on a Low-Carb Diet
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More