1. Home
  2. BODY
  3. 体重や肌の調子にも影響が。甲状腺の不調を示す16のサイン

体重や肌の調子にも影響が。甲状腺の不調を示す16のサイン

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,642

MYLOHAS編集部

喉を触る女性

image via shutterstock

のどの根元にあるチョウチョ型の小さな器官、「甲状腺」。体内の各器官の大きさや重さを同等にして比べてみると、いちばんパワフルな器官と言えるかもしれません。

甲状腺が分泌するホルモンは、食欲やエネルギーレベルから体内の温度調節にいたるまで、すべてを調整しています。ですから、甲状腺がちゃんとはたらいていれば何もかもうまくいっていますが、とにかくたくさんの機能を担っているため、ちょっとおかしくなると予想もしないところに影響があらわれることに

首を伸ばす女性

シカゴのラッシュ大学医療センターで内科教授を努める医師で博士のアントニオ・ビアンコさんによると、「甲状腺のはたらきが悪い『甲状腺機能低下症』、つまり“甲状腺の活性不足”の場合は特に、症状だけでは診断がつきにくくなります。診断のためのいちばんよい方法は、血液検査です」(この先でもっと詳しく紹介します)

逆に甲状腺がはたらきすぎている『甲状腺機能亢進症』(甲状腺の活性過剰)の方がもう少し診断しやすいとはいえ、甲状腺の不調に関連する症状は、ほとんどがうつ症状、閉経、慢性疲労症候群などほかのよくある問題でも特徴的に見られる症状と共通しています、とビアンコさん。「ですから患者には、甲状腺の活性過剰か活性不足が疑われる症状が見られますが、検査で確認する必要があります、と言うようにしています」

実にさまざまな症状があらわれるため、多くの人が甲状腺の問題とは気づかずに毎日を過ごしています。アメリカ甲状腺学会(ATA)によると、2000万人のアメリカ人が何らかの甲状腺障害をかかえていて、その60%は診断されていません。また、やはりATAによると、甲状腺に問題がある女性は男性の5〜8倍だそう。

甲状腺障害の症状

こんな健康上の問題があったら甲状腺障害の確かなサイン、と言えるようなものは特にないのですが、一般的に甲状腺の活性過剰や活性不足に関連すると考えられている症状がいくつかあります。ビアンコさんが教えてくれた、症状と対処法をご紹介しましょう。

甲状腺の活性不足(甲状腺機能低下症)

ブラシを見る女性

image via shutterstock

  • いつも、あるいはたいてい、寒く感じる
  • ずっと続いている疲労感または筋肉痛
  • ドライスキン
  • 抜け毛
  • 異常に重い生理
  • 体重増加
  • 便秘

【このような症状があったら】

医師の診察と血液検査を受けましょう、とビアンコさん。「検査では、血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定します」

ビアンコさんによると、血液検査の結果、TSHが0.4〜4.5ミリ単位/リットル(mU/L)であれば正常。10 mU/L以上なら、甲状腺機能低下症です。4.5〜10 mU/Lの場合はグレーゾーンで、ビアンコさんの呼び方では「潜在性の甲状腺機能低下症」になります。「TSHがこの範囲の場合、明らかな危険要素や健康上の問題はありません。ですから、ケースバイケースで処置します」

医師はあなたの具合と血液検査にもとづいて、ホルモン療法がふさわしいかどうか判断する手助けをしてくれるでしょう。

甲状腺の活性過剰(甲状腺機能亢進症)

脈を測る女性

image via shutterstock

  • 眼球が出っ張っている(びっくりしたような目)
  • いつも暑く感じる
  • 運動中は特に、心臓の鼓動がとても速くなる
  • 不安感または緊張感
  • 視覚に問題がある
  • 体重減少
  • 汗をたくさんかく、または手が湿っぽい、または両方
  • 排便の増加
  • 異常に軽い生理

【このような症状があったら】

甲状腺の活性不足に比べて、活性過剰は症状だけ見ても診断が容易です、とビアンコさん。それでも、医師は血液のTSH検査で診断を確かめるでしょう。

「TSHがゼロなら、確実に甲状腺機能亢進症で、おそらくこのような症状のすべて、あるいは大部分があらわれます」(ビアンコさん)。TSHがゼロより上でも低ければ、症状がまったくなくても、やはり医師は治療を選ぶかもしれません。

その理由は、「甲状腺ホルモンの過剰は心房細動に結びついているため、心臓に影響して血栓や脳卒中の原因になりかねないからです」(ビアンコさん)。研究によると、甲状腺の活性過剰は骨粗しょう症のリスク増加にも関連します。

ですから、潜在的な甲状腺機能低下症とは違って、潜在的な甲状腺機能亢進症の場合は、特に具合が悪くなくても治療が必要な可能性があります(ビアンコさん)。

甲状腺に問題があるかどうか、どうすればわかるの?

エコー検査

image via shutterstock

甲状腺の問題は変化しやすく、予想できません。また、関連する症状が人によって違うため、診断は難しくなります。上記の症状がいくつか当てはまるようであれば、そしてその症状が突発的に現れる場合は特に、医師に診てもらう方がよさそうです。

病気のサイン、見逃さない

病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因

生理はいつも同じように来るとは限りません。生理不順が深刻な病気の兆候であることも。生理不順の7つの原因と、正常に戻すための方法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/08/173369menstruation.html

「だるい、疲れる」とき、隠れた病気がないか要チェック

前回は「乳がん検診のマンモグラフィではがんが見つからないおっぱい」について、お届けしました。今回のテーマは、「女性のための漢方」についてです。

https://www.mylohas.net/2018/08/strategy29.html

Markham Heid/16 Signs Your Thyroid Is out of Whack
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析