1. Home
  2. EAT
  3. 不調を癒したい。おすすめメディカルハーブティー3選+1

不調を癒したい。おすすめメディカルハーブティー3選+1

6,031

奥田景子

ラボティー

ホルモンの乱れや冷えを慢性的に感じたり、気候の変化になんとなく体調が優れないことは多くの女性が経験するもの。

そんな時にハーブは、気分を変え心を前向きにさせるために取り入れたいアイテムです。

最近ではそれぞれの症状に合わせ、機能性がありながら気軽に飲めるメディカルハーブティーが増えています。

体質やライフスタイルに合わせて。メディカルハーブティー3選+1

メディカルハーブは、ハーバリズムのもとに成りたっているもの。ハーバリズムとは「ハーブを病気治療や健康促進に利用するための学問や研究。また、ハーブを用いた療法の総称」です。

自分の体調を観察し向き合うことで、健康管理の習慣やハーブと薬の知識が身につきそうです。

そこで、各々の症状、体質、ライフスタイルに合うものがきっと見つかるようなハーブティー4選をご紹介します。

1.初めてメディカルハーブをためしてみたい人に。マリエン薬局の「ライフサポートブレンド」

マリエン薬局_ライフサポートブレンド

マリエン薬局」のドイツ・メディカルハーブ薬でつくられているハーブティー。

創業以来、自然療法師のエビデンスや知識が継承されています。たくさんのアイテムの中から、年間通して健やかな暮らしのために「ライフサポートブレンド」をピックアップしました。

マリエン薬局_ライフサポートブレンドティーバッグ

ライフサポートブレンド ティーバッグ 1袋(約1.5g×45個入り):3,980円 本体価格

初心者や日常づかいに最適な、麦茶感覚で飲める配合比率でブレンドされています。

「ライフサポートブレンド」は、メンタルバランスを整えると言われるセントジョーンズワートやカモミール、心身の調子をサポートする16種類のメディカルハーブを配合

リラックス効果や、緊張性の胃腸トラブルや慢性的な疲労、気分の落ち込みにも効果があるそう。

マリエン薬局_ライフサポートブレンドリーフタイプ_2

ライフサポートブレンド リーフ1袋(100g入り):3,780円 本体価格

とくに慢性的な頭痛や肩こり、気持ちの浮き沈みが大きくやる気がでない、イライラや倦怠感などの不定愁訴で悩んでいる人に合うメディカルハーブティーだと言われています。クセがなく、毎日飲めるお茶です。

2.女性のためのハーブをブレンド。enherbの「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」

enherbハーブティー

enherbハーブティー

enherb(エンハーブ)は、ヨーロッパやアメリカ、アジア、アフリカなど世界31カ国から、野生に近い環境で生育した生命力あふれるワイルドクラフトを使い、品質やブレンドにこだわってつくられているメディカルハーブティーのラインナップ。

enherb女性リズム~10包

ティーバッグ「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」10包:1,512円(税込)

女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」というブレンドティーは、「シャタバリ」と「ジンジャー」をキーハーブにした9種類を、ブレンダーが独自にブレンドしたもの。

シャタバリは、女性リズムをサポートする、女性の強壮剤とも言われています。

enherb女性リズム~30包TB

ティーバッグ「女性リズムを笑顔で過ごしたい時に」30包:3,240円(税込)

体を温めてくれるジンジャーやターメリックも配合。すっきりとした味わいの中に、ほんのり甘味もあり、微かにカモミールの香りがしました。

一口飲むたびに、手先や足先まで温かくなる心地よいメディカルハーブティーです。

3.食物繊維不足をサポートするBREW COMPANYの「Cleanse」

HERB-BREWER

BREW COMPANY(ブリューカンパニー)HERB BREWER(ハーブブリューワー)は、もっとも手軽に飲めるメディカルハーブティーです。

ポットを用意する必要がなく、そのままお湯を注ぐだけ

フラボノイドやアントシアニン、ポリフェノール、ビタミンCなどを含む1パック1.2リットルのHERB BREWERは、1回400mlで3回抽出が可能。

それを一日に人が必要な水分摂取量1リットルにおき替えることで、健康をキープすると言われています。

HERB-BREWER_Cleans7個パック

Cleanse 7個パック 5g×7pcs:3,456円(税込)

HERB BREWERの中でもCleanse(クレンズ)は、食物繊維不足をサポートするバーレイグラス(大麦若葉)、滞りに働きかけるダンデライオン、爽やかな香りのスペアミントがブレンドされ、水分の代謝が悪くむくみが気になる人に飲んでほしいタイプ。

代謝が改善されデトックス効果が期待できるので、毎日を軽快に過ごせそう。

仕事中の忙しい時間でも、メディカルハーブティーに含まれる有効成分を継続的に摂ることができそうです。

国産原料にこだわった、Herb Laboratoryの「ラボティー 24種国産和草ハーブ配合健康茶」

ラボティー2

メディカルハーブではありませんが、完全国産有機茶のHerb Laboratoryも最後におすすめしたいと思います。

ロングセラーのラボティー 24種国産和草ハーブ配合健康茶は、普段の暮らしに寄り添ってくれるハーブティーです。

ラボティー3

24種のすべての原料は、一貫して国産にこだわったもの。

佐賀・三重のオオムギやハブ、はと麦、岡山のトウモロコシ、青森のクロマメ、北海道のクロゴマ、長野のクマザサ、熊本のシモンやレイシ、静岡のアロエなどなど、健康によいとされている成分をたくさん含む原料がゴロゴロと入っています。

ラボティー300gと150g

ラボティー 300g :1,620円(税込) ラボティー 150g:972円(税込) ※300gで約60ℓ、150gで約30ℓ作れます

大さじ一杯で1リットルつくれるので、とても経済的。夏は4~5時間置いて水出しで、冬は急須なら大さじ1/2で大丈夫です。

じんわりと深い味わいが、体全体に染みわたっていくティー。マクロビオティックの身土不二にも通じる伝統的な植物原料を多く含み、私たちの体に合ったハーブティーといえそうです。

体調や体質は、生きていれば必ず変化していきます。本当の美しさは、やはり心身の健康から。快適で健康な毎日を過ごすため、ライフスタイルにうまく取り入れたいですね。

マリエン薬局, enherb, BREW COMPANY, Herb Laboratory

冬に向けて免疫力アップ!

カヒミ・カリィさんが、免疫力アップのためにやっていること

カヒミカリィさんの人気連載は、2018年4月からよりヘルシーな内容になってお届け。今回は、本格的な秋に突入したニューヨークでの「冷え対策」を紹介しま...

https://www.mylohas.net/2018/11/179632.html

風邪予防にも! 免疫力を高めたいときにおすすめのお茶3選

風邪予防が気になる季節。栄養価の高いお茶を飲んで免疫力アップを狙ってみませんか? おすすめの茶葉3選をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/176282tea.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析