1. Home
  2. BODY
  3. 医者がすすめる、10分で眠りにつくための簡単な呼吸法

医者がすすめる、10分で眠りにつくための簡単な呼吸法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,004

MYLOHAS編集部

寝る女性

image via shutterstock

今年のはじめ、米軍が80年代に用いていたと伝えられている「2分以内で眠りにつくための昔ながらの技」というものが、イギリスのウェブサイトJoeで取りあげられて拡散しました。話題になった理由......それはもちろん、誰もがすぐに眠りにつきたいと思っているからではないでしょうか。

ここでひとつ大きな問題があります。この方法にはおそらく効果はないだろう、と言うのは、The Sleep Doctorのマイケル・ブレウス医学博士です。

軍隊に所属している人、つまり体がとても鍛えられていて超健康的、そして常に膨大なストレスにさらされているような人であれば、このメソッドは効果があるかもしれません。ただ、一般人にも同じような効果があるとは確信できない、とブレウス博士。

しかし、だからといって呼吸エクササイズが睡眠に役に立たないということではありません

睡眠のために試したい呼吸法

寝る女性

ブレウス博士が代わりにすすめているのは、心拍数をゆっくりにさせる呼吸エクササイズです。「睡眠状態に入るには、基本的に心拍数が60以下になる必要があります」とブレウス博士(目覚めている時間の平均的な心拍数は、1分間に60〜80回です)。

4-6-7テクニック

  • 4秒間数えながら息を吸う
  • 6秒間呼吸を止める
  • 7秒間かけて息を吐く

10〜20分以内で眠りにつくようにするには、この呼吸法が役に立つはず、とブレウス博士は述べています。

眠りにつくまでの時間は、どのくらいであるべき?

顔を隠す女性

image via shutterstock

2分間で眠るコツがうまくいかなくても、2分以内に絶対に眠らなくてはならないという人はいません。それどころか、そこまで早く眠りに落ちるのは、実際には睡眠不足の印だとブレウス博士は注意しています。

眠りにつくまでには10〜20分かかるべきなのです」とブレウス博士。いつの間にか夢の世界に行っている状態になるのが難しいなら、睡眠の習慣を全体的に見直すようにしましょう。

  • 毎日大体同じ時間にベッドに行き、同じ時間に起きる(週末も!)
  • 寝室は涼しく暗くする
  • ベッドで、ペットと一緒に寝ない
  • 夜にはブルーライトを発する電子機器の使用を避ける(携帯電話やタブレットなど)

夜間に携帯電話を使うのをやめるのが難しい場合、ブレウス博士は、ブルーライトをカットするメガネの使用を推奨しています。

快眠のためにできること

「横向き寝」でストレートネックやいびきも解消!? 専用まくらを使ってみた

睡眠環境を整えることは快眠につながるというのは当然の話ですが、実際いま使っているまくらは、あなた自身に合っているのでしょうか? 首や肩がこった理、頭...

https://www.mylohas.net/2018/11/yokone.html

世界的スリープドクターが伝授! 眠りをもっとグレードアップする方法

質のよい睡眠は、疲労回復や美容のためのみならず、仕事のパフォーマンスアップの点でも大切。一日の疲れをすっきりリセットし、羽のように軽い体で明日を始め...

https://www.mylohas.net/2018/08/173262sleep_doctor.html

Leah Groth/A Doctor Says This Simple Breathing Technique Will Put You to Sleep in 10 Minutes
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた