1. Home
  2. BODY
  3. 医者がすすめる、10分で眠りにつくための簡単な呼吸法

医者がすすめる、10分で眠りにつくための簡単な呼吸法

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

10,556

MYLOHAS編集部

寝る女性

image via shutterstock

今年のはじめ、米軍が80年代に用いていたと伝えられている「2分以内で眠りにつくための昔ながらの技」というものが、イギリスのウェブサイトJoeで取りあげられて拡散しました。話題になった理由......それはもちろん、誰もがすぐに眠りにつきたいと思っているからではないでしょうか。

ここでひとつ大きな問題があります。この方法にはおそらく効果はないだろう、と言うのは、The Sleep Doctorのマイケル・ブレウス医学博士です。

軍隊に所属している人、つまり体がとても鍛えられていて超健康的、そして常に膨大なストレスにさらされているような人であれば、このメソッドは効果があるかもしれません。ただ、一般人にも同じような効果があるとは確信できない、とブレウス博士。

しかし、だからといって呼吸エクササイズが睡眠に役に立たないということではありません

睡眠のために試したい呼吸法

寝る女性

ブレウス博士が代わりにすすめているのは、心拍数をゆっくりにさせる呼吸エクササイズです。「睡眠状態に入るには、基本的に心拍数が60以下になる必要があります」とブレウス博士(目覚めている時間の平均的な心拍数は、1分間に60〜80回です)。

4-6-7テクニック

  • 4秒間数えながら息を吸う
  • 6秒間呼吸を止める
  • 7秒間かけて息を吐く

10〜20分以内で眠りにつくようにするには、この呼吸法が役に立つはず、とブレウス博士は述べています。

眠りにつくまでの時間は、どのくらいであるべき?

顔を隠す女性

image via shutterstock

2分間で眠るコツがうまくいかなくても、2分以内に絶対に眠らなくてはならないという人はいません。それどころか、そこまで早く眠りに落ちるのは、実際には睡眠不足の印だとブレウス博士は注意しています。

眠りにつくまでには10〜20分かかるべきなのです」とブレウス博士。いつの間にか夢の世界に行っている状態になるのが難しいなら、睡眠の習慣を全体的に見直すようにしましょう。

  • 毎日大体同じ時間にベッドに行き、同じ時間に起きる(週末も!)
  • 寝室は涼しく暗くする
  • ベッドで、ペットと一緒に寝ない
  • 夜にはブルーライトを発する電子機器の使用を避ける(携帯電話やタブレットなど)

夜間に携帯電話を使うのをやめるのが難しい場合、ブレウス博士は、ブルーライトをカットするメガネの使用を推奨しています。

快眠のためにできること

「横向き寝」でストレートネックやいびきも解消!? 専用まくらを使ってみた

睡眠環境を整えることは快眠につながるというのは当然の話ですが、実際いま使っているまくらは、あなた自身に合っているのでしょうか? 首や肩がこった理、頭...

https://www.mylohas.net/2018/11/yokone.html

世界的スリープドクターが伝授! 眠りをもっとグレードアップする方法

質のよい睡眠は、疲労回復や美容のためのみならず、仕事のパフォーマンスアップの点でも大切。一日の疲れをすっきりリセットし、羽のように軽い体で明日を始め...

https://www.mylohas.net/2018/08/173262sleep_doctor.html

Leah Groth/A Doctor Says This Simple Breathing Technique Will Put You to Sleep in 10 Minutes
訳/Maya A. Kishida

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?