1. Home
  2. STYLE
  3. 愛する人とハッピーな時間を過ごすための、冬のとっておきプラン30

愛する人とハッピーな時間を過ごすための、冬のとっておきプラン30

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,296

MYLOHAS編集部

冬のカップルのデート

image via Shutterstock

冬はつらい季節ですが、寒いからといって貴重な1日をあきらめる必要はありません。夏は、いきあたりばったりのドライブ旅行をしたり、のんびりビーチで過ごしたりすることが多いですが、寒い季節でも楽しめるアクティビティはたくさんあります

冬の間に、やることリストに手をつけたり、新しいレシピに挑戦したり、セルフケアに時間をかけたり、コンフォートゾーンから抜け出して新しいワークアウトに挑戦してみましょう。セーターを羽織って外へ出かけ、冬の憂鬱を吹き飛ばし、愛する人と思い出を作るチャンスです。極寒の日でも楽しめることの多さに、きっと驚きますよ。

  1. アイススケートに行く
  2. ホットココアを飲む
  3. 山小屋で週末を過ごす
  4. バレエを見に行く
  5. 生地からクッキーを作る
  6. スキーへ行く
  7. チリボウルを楽しむ
  8. お手製ブランケットを編む
  9. 本を読んで過ごす
  10. ホリデーデコレーションを楽しむ
  11. スパイスサイダーをふたり分作る
  12. お城を作る
  13. ランニングに出かける
  14. アロマキャンドルを灯す
  15. 休日にムービーナイトを楽しむ
  16. アイスホッケーの試合を観に行く
  17. ジンジャーブレッドハウスを作る
  18. 炊きだしのボランティアに参加する
  19. スポーツ観戦パーティーを開く
  20. 温かいお風呂につかる
  21. ホットワインを飲む
  22. 美術館に行く
  23. ゲームナイトを開催する
  24. 温かい部屋でメディテーションする
  25. 夜の散歩に出かける
  26. ホリデーショッピングを早めに始める
  27. 1日スパデーを楽しむ
  28. ヨガクラスに参加する
  29. 家の整理整頓をする
  30. 自分にご褒美をあげる

01. アイススケートに行く

アイススケート

冬の定番といえば、地元のスケートリンクで(ときどき転びながら)滑るスケート。楽しくお尻の筋肉を鍛えて、カロリーを消費しつつ、外の世界を満喫できます。ふくらはぎの引き締めにも効果的ですよ。

02. ホットココアを飲む

ココア

肌寒い冬の日には、まったりとホットココアを飲んで体を温めるのがおすすめ。精製糖の代わりにメープルシロップを使ったホットチョコレートなら、おいしさを味わいながら華やかな気分も楽しめます。

03. 山小屋で週末を過ごす

山小屋

寒い季節に、現実逃避できる素敵な山小屋はたくさんあります。今のあなたに必要なのは旅行かもしれません。特に冬になると、精神的に落ち込んでしまうという方におすすめです。

04. バレエを見に行く

バレエ

おすすめは『くるみ割り人形』。クラシックな作品を見れば、刺激を受けてフィットネスへの意欲が高まるかもしれません。理想的な脚についての話も弾むかも?

05. 生地からクッキーを作る

クッキー

焼きたてのクッキーは、冬の1日に甘い彩りをもたらしてくれるでしょう。友人や家族と素敵な時間を過ごせます。甘いものは控えているという方は、砂糖を使わないクッキー作りにチャレンジしてみてください。

06. スキーへ行く

スキー

そろそろ物置きにしまい込んであるスキー板を取り出す時期です。雄大な景色やちょっとした有酸素運動を楽しみながら、転んだときには友人と笑い合い、1日の終わりには温かい食事を食べる。美しい冬の日を十二分に楽しめる過ごし方です。

07. チリボウルを楽しむ

チリボウル

寒がりな方にとって、冬はなかなか楽しめない季節。でも、食事でしっかり体を温めれば、少し状況が変わる可能性も。心温まるたんぱく質たっぷりのチリボウルや、週末ディナーにもおすすめの、簡単に作れるスープを作って食べてみて。

08. お手製ブランケットを編む

編み物

ソファに掛かった分厚いニットのブランケットを見たことありませんか? 雪の日の時間つぶしに、ぜひ自分のブランケットを編んでみてください。心のこもったプレゼントとして誰かにあげることもできますよ! じっと寝そべっているだけではつまらないですからね。

09. 本を読んで過ごす

犬と本

家のなかの好きな場所で、読みたかった本に没頭しましょう。忙しいシーズンだからこそ、平穏な時間を満喫して。

10. ホリデーデコレーションを楽しむ

オーナメント

おうちでホリデー気分を味わえば、冬の寒さをしのげます。なんでも構いませんが、昔から家族と行っている習慣があればそれをやってみましょう。ホリデーデコレーションを行うことで、子どもの頃のワクワク感を思い出し、幸せな気持ちになれることが、研究でも証明されています。

11. スパイスサイダーをふたり分作る

スパイスソーダ

パートナー、家族、親友とホットアップルサイダーを作って、一緒に時間を過ごしましょう。ゲームをしたり、ホームベーキングを楽しんだり、ショッピングに出かけてもいいでしょう。アップルサイダービネガーほどの効果はありませんが、とってもおいしいですよ。

12. お城を作る

ベッド

寒すぎて外に出られないという日には、内なる子ども心を解放し、パートナーや子どもと一緒に枕でお城を作ってみて。なかで子どもたちと遊んだり、数時間眠ったりしてもいいでしょう。ブランケットに身を包めば、うたた寝を満喫できます。

13. ランニングに出かける

ランニングする女性

季節が変わったからといって、ワークアウトを怠ってはいけません。冬のランニングは、ストレス発散にもつながります。ただし、雪のなかを走る場合は、しっかり寒さに備えた服装をして、インフルエンザや風邪をひかないように注意してください。

14. アロマキャンドルを灯す

ろうそく

冬のスランプに陥ってしまった? そんなときは、アロマテラピーキャンドルで気分をリラックスさせましょう。研究によると、正しい香りを選べば、幸せな気分に浸れてストレスの緩和にもつながるそう。

15. 休日にムービーナイトを楽しむ

クリスマスパーティー

アウトドアアクティビティを1日楽しんだ後は、暖かいブランケットに包まって、お気に入りの映画を鑑賞しましょう。低糖質なホリデースイーツを手作りすれば、夜通し楽しめます。

16. アイスホッケーの試合を観に行く

アイスホッケー

外の寒さを忘れて、リンクに没頭しましょう。アイスホッケーは家族全員で夢中になれるスポーツです。ひょっとすると自分もやってみようなんて気持ちになるかも?

17. ジンジャーブレッドハウスを作る

ジンジャーブレッド

何か芸術的なことをしてみたいという方におすすめなのがこちら。ジンジャーブレッドハウスコンテストを開催して、みんなの創造性を引き出しましょう。なかに住まわせるジンジャーブレッドマンも焼いてみてくださいね。

18. 炊きだしのボランティアに参加する

料理する人々

社会貢献に季節は関係ありません。食料品を整理して、寄付できる缶詰などがないか確認してみましょう。時間があれば、地元の炊き出しに参加してみて。お手伝いすることで感謝の気持ちをより感じることができます

19. スポーツ観戦パーティーを開く

サラダ

ピザ、フライドチキン、ポテトチップスでテーブルを飾って、スポーツ観戦を楽しみましょう。カロリーが気になるという方は、ギルトフリースナックなら普通のおやつと同じようにおいしく満腹感も得られて、食後の倦怠感もありません。

20. 温かいお風呂につかる

入浴する女性

長い寒い1日を終えた後は、温かいお風呂とエッセンシャルオイルでリラックスしましょう。忙しい季節にもほっとできるひとときを与えてくれます。

21. ホットワインを飲む

ホットワイン

かわいいデートのアイディアに尽きたという方、ふたりだけの親密なハッピーアワーを作ってみてはいかがでしょうか。用意するのは、ポットとお気に入りの赤ワインだけ。手軽においしいホットワインを味わえます。

22. 美術館に行く

ぞう

いつもとは違う雰囲気を味わいたい? 肌寒い冬の日には、近くの美術館をのぞいてみましょう。新しい発見があるかもしれません。出かける際は、ウォーキングシューズを履くことを忘れずに。

23. ゲームナイトを開催する

トランプする人

ひとりで過ごすのが好きという内向的な方、たまにはコンフォートゾーンの外に出て、友人とゲームナイトを開催してみてはいかがでしょうか。トランプやボードゲーム、ヘルシーなスナックを用意して、友人と競い合いながら夜を過ごせば、自分の殻から抜け出すことができますよ!

24. 暖かい部屋でメディテーションする

暖炉

天気が悪く出かけられない日は、マインドフルになる時間を持つといいでしょうメディテーションは、ストレスの緩和や1日を振り返るのに適したとてもシンプルなアクティビティ。もこもこソックスを履いて、暖かい部屋でゆったりと呼吸に集中しましょう。

25. 夜の散歩に出かける

夜空

冬の間は空がとてもきれいなので、家族を誘って星空の下を歩いてみるのもおすすめです。ちょっとしたエクササイズを組み込んだり、愛する人と向き合ったり、という時間にしてもいいでしょう。出かける前に、温かい上着を羽織るのを忘れないようにしてください。

26. ホリデーショッピングを早めに始める

プレゼント

今年は早めにホリデーギフトの買い物を始めてみませんか? 思春期の子どもや旦那さんに心のこもったプレゼントを贈りたいという方も、早めに準備しておけば気が楽です。

27. 1日スパデーを楽しむ

フェイシャルエステ

冬の間は、いつも以上にお肌に愛情を注いであげることが大切です。自宅で乾燥した肌を潤してあげる“おうちスパ”なら手軽に楽しめます。潤いフェイスマスクや乾燥肌用の保湿クリーム、セルフケアグッズを使って、癒しの時間を過ごしてください。思いっきりケアをしたいという方は、スパを予約してみて。プロの手に身をゆだね、自分のための時間を満喫しましょう。

28. ヨガクラスに参加する

ヨガ

体のストレッチには、エネルギー増大、怪我の予防、ストレス緩和など、さまざまなメリットがあります。今まで試したことのなかったヨガクラスに参加して、レベルアップを図ってみるのはどうでしょう? 自宅でゆるめのルーティンを行うのもおすすめです。簡単にできるヨガシークエンスを10分間行えば、気分もすっきりするでしょう。

29. 家の整理整頓をする

ペンキを塗る女性

今まで考えていた家のなかの改善点を、実行に移しましょう。冬は家に閉じこもってしまうものですが、家のなかをリフレッシュさせれば気分も高まります。服を整理してベッドルームを広く使えるようにしたり、壁を塗り替えてリビングルームを明るくしたり、どんなことでもOKです!

30. 自分にご褒美をあげる

買い物する女性

みんなへのプレゼントを買うのも重要ですが、自分を少し甘やかしてあげることも忘れずに。ホリデーシーズンはストレスがたまりやすいので、履き心地のいい靴や狙っていたセーターなどを買って、自分へのご褒美にしましょう。せっかくのクリスマスシーズンです、遠慮はいりません!

寒さに負けず冬対策

冷えた体がポカポカに! 生姜を使ったクリーミーパンプキンスープ

身体の芯から温まるパンプキンスープ。こちらのレシピでは、今が旬の野菜のパワーがギュッと詰まっており、生姜のピリッとした辛さを残しながら、野菜の甘さも...

https://www.mylohas.net/2018/11/179718pumpkinsoup.html

冬のツライ冷え対策に。お腹まわりスッキリ「腹巻き」5選

今年は暖冬という予報ですが、それでも寒さはやってきます。特に冷えに弱い女性にとっては、冬はいろんな意味で大敵です。そこで今回ご紹介するのが「腹巻き」...

https://www.mylohas.net/2018/11/179399haramaki.html

Alexis Jones/These Fun Winter Activities Are Guaranteed to Beat the Cold-Weather Blues
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析