1. Home
  2. EAT
  3. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

46,674

MYLOHAS編集部

りんごチョコ

「糖尿病とデザート」と聞くと、どうもあまりいい組み合わせとは思えません。大量の砂糖に精製された小麦粉のせいで、ほとんどの甘いお菓子は問答無用で「ごくたまに食べるもの」というカテゴリーに。

でも必ずしもそうとは限らないかも! 血糖値を急上昇させることなく、甘いもの好きの人も満足できる方法はたくさんあるのです。おまけに特別な材料を使った手間のかかるレシピに頭を悩ませながら、何時間もキッチンで過ごす必要もありません。

とっても簡単でおいしくて、栄養士のお墨付きのすばらしいアイデアをいくつか紹介します。

  1. チョコレート・ピスタチオ・バーク(Chocolate Pistachio Bark)
  2. クリーミー・スタッフド・プラム(Creamy Stuffed Plums)
  3. ピーナッツバター・バナナ・ポップ(Peanut Butter Banana Pops)
  4. スキニー・ペパーミント・カフェ・モカ(Skinny Peppermint Café Mocha)
  5. ブルーベリー・ミント・パフェ(Blueberry Mint Parfait)
  6. ダークチョコレート・ディップド・アップル(Dark Chocolate Dipped Apples)

01. チョコレート・ピスタチオ・バーク(Chocolate Pistachio Bark)

溶かしたダークチョコレートに、刻んだナッツとシーソルトをふりかけます。それをよく冷やし固めてから、いくつかに砕くと何ができるでしょう? チョコレートバーに似ているけれど、ヘルシーな脂肪分たっぷりの低糖のおやつです!

ポイントは、カカオが70パーセント以上のダークチョコレートを使うこと。「心臓の健康にもメリットがあり、マグネシウムの摂取にもよいでしょう。マグネシウム不足はインスリン抵抗性に関連しているため、糖尿病の人はマグネシウムを摂取することが大切です」と説明するのは、『The Diabetes Cookbook and Meal Plan for the Newly Diagnosed』の著者で、栄養士のロリ・ザニーニさん。

02. クリーミー・スタッフド・プラム(Creamy Stuffed Plums)

ジューシーなプラムを、大満足のおいしいデザートに変身させる方法がこちら。プラムを半分にカットして、種を取り除きます。そこにギリシャヨーグルトをひとかたまりずつ詰め、刻んだアーモンドをのせ、シナモンをひとつまみふりかけましょう。

ヨーグルトとナッツのたんぱく質は、プラムの糖質の消化を遅らせ、血糖値の急上昇や急降下を防ぎます」と言うのは、栄養士のリッシー・ラカトスさんとタミー・ラカトス・シェイムズさんのおふたり。

そしてシナモンはただフレイバーを加えるだけではなりません。「血糖値を下げるのを助けてくれます」とのこと。

03. ピーナッツバター・バナナ・ポップ(Peanut Butter Banana Pops)

砂糖たっぷりのアイスクリームじゃなくても、濃厚でクリーミーなアイスキャンデーを食べることができます。バナナを半分にカットし、表面にナチュラルピーナッツバターを塗ります。刻んだピーナッツの上で転がすようにして、全体にピーナッツをまぶします。これをクッキングシートの上にのせて、冷凍庫で冷やし固めましょう。

冷凍バナナはクリーミーな舌触りですが、繊維質が高く、余計な砂糖も加えていないので、ほかのフローズンデザートのように血糖値の上昇を引き起こすこともありません、と説明するのは『2-Day Diabetes Diet』の著者で栄養士のエリン・パリンスキー=ウェイドさん。

04. スキニー・ペパーミント・カフェ・モカ(Skinny Peppermint Café Mocha)

この手づくりラテは、コーヒーショップで買うよりも安あがりなだけではありません。甘いシロップの代わりにステビアで甘みをつけているので、血糖値にもよいのです。

ラカトスさんとラカトス・シェイムズさんいわく、コーヒーに無加糖のアーモンドミルク、ステビア、ココアパウダー、ペパーミントエクストラクトを加えて、濃厚で泡立つまでかき混ぜて、とのこと。「ブレンダーに材料を入れてよく混ぜると、さらにクリーミーになりますよ」。

05. ブルーベリー・ミント・パフェ(Blueberry Mint Parfait)

新鮮なブルーベリーをのせたプレーンヨーグルトは、おいしい朝食にぴったりなだけではありません。フレッシュなミントの葉を飾れば、甘さ控えめのおしゃれなデザートに、とザニーニさん。

「ベリーには繊維質や抗酸化物質が多く含まれますが、GI(グリセミック指数)が低いので、多くのほかのフルーツと比較しても、血糖値への影響が少なくてすむ」とザニーニさんは説明してくれました。

06. ダークチョコレート・ディップド・アップル(Dark Chocolate Dipped Apples)

見た目もおいしそうなこのデザートのつくりかたは、まずリンゴを薄い輪切りにするところから。1枚1枚、溶かしたダークチョコレートに半分ひたします(ここでもカカオ70パーセント以上のチョコを使うこと)。チョコレートのかかっている部分に、チアシードやフリーズドライのベリーなど、好みのトッピングを散らしたら、できあがり、とパリンスキー=ウェイドさん。

リンゴ以外のフルーツもミックスしたいなら、いちごやスライスしたオレンジなど、低糖のフルーツをチョコレートにひたすのがおすすめだそう。

糖尿病のことをもっと知る

グルテンフリーで、糖尿病のリスクが上がる? 意外な行動6つ

すこしでも健康について考えている方なら、2型糖尿病にならないための基本ルールはご存知かもしれません。正しい食習慣、身体を動かす、標準体重を保つという...

https://www.mylohas.net/2018/09/176069diabetes.html

天然の甘味料もOKとは言えない。糖尿病の人に気をつけてほしい食べ物8種(後編)

どんな食べ物であっても、まったく食べないようにする必要はありませんが、糖尿病の管理に役立つ食べ物とそうでもない食べ物があります。では、糖尿病の人には...

https://www.mylohas.net/2018/09/175795diabetes.html

Marygrace Taylor/7 Diabetes-Friendly Desserts That'll Actually Satisfy Your Sweet Tooth
訳/Maya A. Kishida

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?