1. Home
  2. EAT
  3. 腸活や美肌作りに! 納豆レタスの酢トマト添えのレシピ

腸活や美肌作りに! 納豆レタスの酢トマト添えのレシピ

2,127

MYLOHAS編集部

納豆レタスの酢トマト添え

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

納豆は、調理要らずの手軽なたんぱく質源。発酵食品でもあるため、腸活美肌作りのためにも積極的に摂りたい食材です。

酢トマトは、リコピンをはじめとしたトマトの栄養分を逃すことなく摂れる調味料。塩分控えめなので、むくみ対策にもなるレシピです。

納豆レタスの酢トマト添え

<材料1人分>

  • 納豆 1と1/2パック
  • 添付のたれ 1つ
  • カロリーハーフマヨネーズ 小さじ1
  • 万能、酢トマト 大さじ1(固形のミニトマト1個分と液体が小さじ1。作り方は後述)
  • レタス 2枚

<作り方>

  1. レタスは洗い、ペーパーで水気をふきとる。
  2. 納豆に添付のたれを混ぜ、レタスにのせる。マヨネーズをかけ、酢トマトをのせる。

万能、酢トマト

<材料16人分>

  • ミニトマト赤 5個
  • ミニトマト黄色 5個
  • ミニトマトオレンジ 5個
  • 穀物酢 1/2カップ

<作り方>

  1. ミニトマトはヘタをとり、洗ってペーパーで水気をふきとり全て4等分に切る。
  2. ガラスやホウロウの保存容器に1と酢を入れ、蓋をする。2~3日置くと酢の酸味が和らぎます。1週間で食べきること。

※出来上がり分量は約1瓶分です。

納豆とトマトの健康効果

納豆はダイエットの強い味方。注目の3つの栄養素

日本が誇るスーパーフード、納豆。納豆には、ダイエットに効果的な栄養素がたくさん含まれています。とくに注目したい3つの栄養素についてご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/176443diet_natto.html

肌や爪の健康を保つ! ビタミンAが豊富な15の食べ物

ビタミンAは免疫機能を助け、目や歯、骨、肌、爪の健康を保つはたらきがあります。コンスタントに摂るためにおすすめな食材15をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/08/172992vitamina.html

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析