1. Home
  2. BODY
  3. 魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,124

ジェニファー・ロペス

image via Shutterstock

ジェニファー・ロペスは年齢を感じさせないセレブのひとり。年を重ねるごとに、身体はどんどん若返っているようです。2019年7月には50歳になる彼女は、フィットネスを大切にしていることで知られていますが、長生きをするために行っている工夫はそれだけではないようです。

数十年にわたり、ハリウッドでも際立つ魅力的なボディを維持し続けるジェニファー。その背景には、3つのとてもシンプルなルールがありました。

ジェニファー・ロペス

『InStyle』誌への最近のインタビューで、ジェニファーは大人になってから続けている3つの健康的な習慣について明かしました。

  1. カフェインを摂らない
  2. アルコールを飲まない
  3. 睡眠をたっぷりとる

「これまで自分のケアをしてきた成果が今表れてるわ」と話します。

雑誌に掲載された写真には、エメラルドグリーンのスパンコールドレスを着こなすジェニファーが写っています。体の前と後ろしか隠さず、体の大部分を露出させています。下着もブラジャーもつけていません。

女性らしい体型のロールモデルであり、キム・カーダシアンにさえも影響を与えたジェニファーですが、意図してこうなったわけではないそう。

「自分が何をしているか、よくわかっていなかったわ。ただ、自分らしさを保っていただけ」とジェニファーは言います。「私の家では、曲線美を保つことがとても大事にされていて、生活の一部だったの。『ジェニファーのお尻は大きくて、とてもいいわね』という感じに」。

でも、ジェニファーは美しい体型に鍛えあげる努力も欠かさずに行っています。彼女のフィットネスはとても厳格ワークアウトは絶対に休まないのはもちろん、少なくとも1日1時間はトレーニングを行うようにしているそう。

またニューヨークとロサンゼルスで別々のトレーナーをつけることで、新鮮な気持ちで保てるようにしています。「バランスが気に入っているの。ふたりのトレーニング方法はまったく違うんだけど、身体をうまく切り替えるのが楽しいわ」と、雑誌『Hollywood Life』に語っています。

また、体型を維持することは見た目だけでなく、気持ちも強くしてくれるので、全身の健康を促進してくれるんだとか。先日、スーパーウーマンのような上腕二頭筋の写真をシェアしたジェニファー。ラスベガスでの生活に合わせて自分を磨くことが、最近の励みになっていると話しています。

「この公演が始まったとき、27日間で15公演なんて多すぎると思ったわ」とつづる彼女。「でも、自分と約束したの。このショーで疲れ果ててしまうんじゃなくて、終わる頃にはもっと強くなっていようって……ワークアウトを頑張って、今までで一番の体型になるってね」

さらに「疲れてしまったこともあったわ。遠征もあって、できる場所でワークアウトをなんとかこなすことも。でも、残り3公演よ! いろんな感情が入り混じってるけど、幸せと感謝の気持ちが大きいし、強さがみなぎっているわ!!!」と書いています。

ジェニファーが行っている食事・フィットネス・生活のアプローチは、どれも彼女に合っているようですね! ジェニファーは、私たちにも健康的な生き方を共有してくれるので、その恩恵にあずからない手はありません。

ジェニファー・ロペスの秘密に迫る!

ジェニファー・ロペスの引き締まった腕を作るワークアウトツールとは?

強い体のため、ワークアウトに懸命に取り組むジェニファー・ロペス。スーパーヒーローのような彼女のエクササイズの秘密とは?

https://www.mylohas.net/2018/10/177408jennifer.html

怠けそうになる自分に喝! 29歳の美しさを保つジェニファー・ロペスの秘訣とは?

健康を第一に考え、美しく歳を重ねるジェニファー・ロペス。そのスタイルと若さを維持している秘訣を5つをご紹介します。さらに、彼女のように最高の自分を引...

https://www.mylohas.net/2018/08/172786jenniferlopez.html

Leah Groth /J.Lo Just Posed Half-Naked—and Revealed the Simple Secret to Her Ageless Body at 49
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって