1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 別人のようなツルツル肌に!? 美容大国・韓国の薬用 「ヨモギマスク」を試してみた

別人のようなツルツル肌に!? 美容大国・韓国の薬用 「ヨモギマスク」を試してみた

1,272

江華島 ヨモギマスク

「江華島 ヨモギマスク」3,500円(税抜)110g

生理前になると、必ずといっていいほど、肌があれて化粧ノリもいまいちな状態に。特に頬や顎にざらつきを感じます。

そこで、美容大国の韓国で生まれた、肌あれにいいと言われる薬用ヨモギのコスメを試してみました。

ヨモギを煎じた蒸気で、下半身を中心に温める「ヨモギ蒸し」は何度かお世話になったことがありますが、ヨモギ入りコスメは初体験。使ってみたのは「江華島 ヨモギマスク」です。

パスタソースのような食欲をそそる見た目!

江華島 ヨモギマスク

見た目はジェノベーゼソースのようで、かなりトロッとしています。これはおいしそう(食べていませんよー)!

フタを開けると、しっかりとしたヨモギの香りがします。 こちらのヨモギは韓国の江華島(カンファド)産のもので、香りが濃く、薬用効果が高いのが特徴。

古くから民間療法で用いられ、解熱や鎮静効果が期待できるのだそう。

この香り、インパクトありすぎです

0shutterstock_622485758

洗顔後、濡れた顔にヨモギのジェルを少し厚めに塗っていきます

すると、雨上がりの草むらのような、草の生命力をこれでもかと感じるような強い香りが……。これはいかにも効きそうです。

0shutterstock_1025203717

この香り、個人的にはまったく気にならないのですが、好みは分かれるかもしれません。ちなみに同居人は「何この匂い!? 」と言ってました。

顔にまんべんなく塗り込んだ後は、指定された時間(約5~10分)放置し、ぬるま湯で洗い流します

洗い始めは、なめこのようにぬるぬるしていて、これは手強いかも、と思ったのですが、すぐにするんと洗い流せました。

別人の肌かと思うぐらい変化が!

肌がどうなったかというと、まず洗い流している時点で、「え、別人の肌?」と思うぐらい、肌の質感が変化したのを感じます。

タオルで拭いて、乾いた肌を触ってみると、薄いヴェールを肌にまとったような、しっとり滑らかな感じに。

その後はいつも使用している化粧水で整えればOK。気になる人は、美容液や保湿クリームを使ってもよいのだとか。

あごのにきび痕も目立ちづらく!

毎日使用しても問題ないとのことで、3日間連続して使用。

顎に小さなプツプツのニキビ痕があったのですが、手で顎をさわると、前はザラザラした感じだったのが、ざらつきが抑えられてなだらかに。プツプツも目立たなくなっていました!

0shutterstock_336067817

見た目と香りのインパクトがかなり強いので、「肌にいいことしてる!」感を得やすいのが嬉しいところ。

こういうのって意外と大事ですよね。もちろん、きちんと肌の不調が整った実感もあったので、生理前や不摂生が続いて肌の不調が気になるときのスペシャルケアとして使用するのがおすすめです。

個性の強いアイテムですが、どハマりする人、結構多いような気がします。日本未発売のオーガニック商品を扱うショッピングサイト「naturacart」から購入することができます。

※当記事の内容は個人の感想であり、効果や感じ方に関しては個人差があります

いますぐ始めたい!冬の肌の乾燥対策

冬の保湿対策の必需品! 顔・カラダ・髪に使える全身保湿オイルがすごい

ドイツの薬局で販売されているスキンケアオイルカテゴリーにおいて、No.1 を獲得しているオイルシリーズ、「frei oil(フレイオイル)」。 この...

https://www.mylohas.net/2018/11/178984freioil.html

冬に負けない肌は今つくる。まずはヴェレダのクレンジングをチョイス

秋が深まると、気温や湿度の低下でお肌が乾燥しはじめます。さらに皮脂の分泌量も減り、目元や口元がカサつくことも。うるおいをキープし、紫外線による夏ダメ...

https://www.mylohas.net/2018/10/176776weleda.html

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    別人のようなツルツル肌に!? 美容大国・韓国の薬用 「ヨモギマスク」を試してみた

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More