1. Home
  2. BODY
  3. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

65,627

MYLOHAS編集部

ストレッチは、やる価値のある健康的な習慣

ストレッチ

小学校の初めての体育の授業以来、血行をよくしてケガを予防するのでストレッチは大切だと聞かされてきたはず。

しかし時間がないとき、有酸素トレーニングを少しでも長くできるように、あるいは筋力トレーニングを早く始めたくて、ストレッチをつい飛ばしたくなるかもしれません。ランニングに行こうかな、というときも、あるいは1日中座りっぱなしで休憩しようかなというときも、ストレッチは本当にやるだけの価値がある健康的な習慣なのです。

ストレッチのおかげで得られるメリットをいくつかみていきましょう。

  1. 午後3時になっても頭がさえ、いまにも走り出したい気持ちになれる
  2. あまりつまずいたり、転んだりしなくなる
  3. 痛みも少なく、より楽に動けるようになる
  4. 汗をかくセッションをフルに活かせる
  5. 怪我をしにくくなる
  6. 血糖値を下げてくれるかもしれません
  7. ストレスが減る

01. 午後3時になっても頭がさえ、いまにも走り出したい気持ちになれる

ストレッチ休憩

午後も半ばになると完全に電池が切れてしまうなら、ストレッチ休憩を取りましょう!

コーヒーブレイクをとるよりも短時間で元気が回復するはず。ほんの数分のストレッチで、脳から体全体への血の巡りがよくなりますよ、と言うのはヴァージニア州サリーのパーソナルトレーナー、ジェニファー・ウォーサンさん。「目が覚めるし、かったるい気分が薄れます」

02. あまりつまずいたり、転んだりしなくなる

つまずく

大学生42人を対象に、ストレッチをすることで、どのくらい長く重心動揺計という検査台の上にふらつかないで立っていられるかをテストした研究があります。

テストの前に30分間ストレッチを行った学生は、検査台に乗る前は静かに座っていただけの学生にくらべて、より長時間バランスをとることができました。研究者たちは、ストレッチが細かい筋協調に役立ったのではないかと考えています。

つまり、テスト前にストレッチを行った人は小さなバランス調整を行うことができたため、ふらつかずに済んだのではないか、ということで す。

03. 痛みも少なく、より楽に動けるようになる

腰痛

通常のストレッチでは、凝り固まった筋肉やきしむ関節をほぐしますが、こうしたメリットを十分に得るには、正しい方法でストレッチをすることが大切。

「静的ストレッチ、つまり“ストレッチして静止する”のは避けましょう」と言うのは、Rothman Institute Performance Labの医療ディレクターのマイケル・ロス医学博士です。「関節可動域のエクササイズとフォームローラーを使用した軟部組織のワークを行って、可動性に集中してください」

関節可動域のエクササイズには、ショルダーシュラッグ、手首を曲げ、膝を上げるなど、筋肉や関節の全可動域を動かし続けるものなら、なんでも含まれます。

04. 汗をかくセッションをフルに活かせる

ワークアウト

ランナーでもウェイトリフターでも、ストレッチはワークアウトのルーティンの前後に定期的に行うべきです。フィットネスのことになると、ほとんどの人が柔軟性のトレーニングを重要でないとみなしがちですが、実際にはストレッチをすると動きや関節可動域がアップします。

関節可動域がよくなるということは、ランジをより低く、ジャンプをより高くできるということ。さらに効果的なワークアウトができるようになるのです。「スクワットであれば、より深くスクワットができるようになるということ。膝や股関節屈筋がさらに曲がるようになるのです」とウォーサンさん。「したがって、ワークアウトからより多くの効果を引き出せます

ワークアウトの前には、体温を上げて関節の柔軟性を増すためのダイナミック・ストレッチがおすすめ。ワークアウトの終わりにクールダウンするときは、静的ストレッチがよいでしょう。

05. 怪我をしにくくなる

ウォームアップ

ウォームアップにストレッチを取り入れることは(冷えた筋肉をいきなりストレッチしようとしないこと)、身体がエクササイズする準備を整えるだけでなく、脳が「ワークアウトモード」に切り替わるのも助けてくれます、とニュージャージー州マールトンの認証パーソナルトレーナー、チャールズ・ドラスさん。

「ストレッチで完全にケガを防ぐことはできませんが、心の準備という点では明らかに役に立ちます」。要するに、集中力が増すので、体を痛めるような失敗をしにくくなるのです。

背中の痛みをやわらげ、筋肉が固まるのを予防するには、ヨガのヒップオープニングのポーズをいくつか試してみましょう。

06. 血糖値を下げてくれるかもしれません

血糖値

エクササイズが、血糖値を抑制するのに役立つことはよく知られていますが、スニーカーの紐を結んで走り出すよりも前にメリットを上乗せできるかもしれません。

2型糖尿病、または前糖尿病の成人を対象にした2011年の研究では、糖分の入った飲料を飲んだ後に40分間ストレッチを行った人々は、姿勢は同じでも実際には筋肉を伸ばしていない“ストレッチのまねごと”を行った人々にくらべて、血糖値が低くなることがわかっています。

07. ストレスが減る

スマイル

肩を耳につけることができますか? 背中が凝り固まっていませんか? ストレッチはかたくなった筋肉をほぐして、気分をリラックスさせるので、肉体的にも精神的にも緊張をやわらげるのによいのです

ただしやりすぎは禁物。特に身体がかなりかたい人は気をつけて。「ストレッチをチカラまかせにやってはいけません」とドラスさん。「リラックスしてストレッチをしなくてはダメです。痛いと感じるなら、やり方が間違っているのです」

ストレッチ、あれこれ

すべてのランナーにおすすめ! 運動前にやっておきたいストレッチ6

運動強度の大きいランニングは、長く続けていると体にかなりの負担がかかります。そのため、ランニング前に簡単なストレッチをして、筋肉や関節の準備を整える...

https://www.mylohas.net/2018/11/178980dynamic-stretch.html

すぐに効果が! 理学療法士おすすめの、股関節の痛みを和らげるストレッチ5つ

股関節の痛みを緩和するには、その原因を知る必要があります。お腹と太ももの間にある内転筋群には、脚を柔軟に動かすための5つの筋肉、恥骨筋、薄筋、大内転...

https://www.mylohas.net/2018/10/176692stretches.html

Kara Wahlgren/7 Amazing Things That Happen to Your Body When You Stretch Every Day
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析