1. Home
  2. HEALTH
  3. 運動すると、逆に体調を崩すことも? それを防ぐための秘策とは?

運動すると、逆に体調を崩すことも? それを防ぐための秘策とは?

ポジティブ栄養学

3,651

吉川圭美

走る女性

image via Shutterstock

秋まっただなか。近所を歩いているとランニングしている人たちをよく見かけます。気温もほどよいこの時期、「私も身体動かそうかな」「ボディラインをスッキリさせたいな」なんて思っている人も多いと思います。

そんなとき、意外と見落としがちなのが栄養のこと。運動するときこそ必要な栄養を身体に入れておかなければ、逆に体調を崩す、なんてことも考えられるのです

筋肉を修復するための栄養素、タンパク質

魚を食べる女性

image via Shutterstock

身体を動かす、ということを改めて考えてみると、筋肉を伸ばしたり縮めたりして負荷をかけ、壊していくことも言い換えることができます。そこで不可欠なのが、修復するための栄養素。とくにタンパク質は欠かせません。

にもかかわらず食事で肉や魚をしっかり食べていないと、修復が追いつかなくなってしまうことも。さらに足りない分をほかのパーツから調達することもあるため、免疫力が下がったり、別の筋肉が細くなったりすることも考えられます。「スリムになりたいから食事量を減らした」なんて場合はもっと大変です。

身体を動かす前には材料を入れる

肉を食べる女性

image via Shutterstock

恥ずかしながら、実は私もこのケースを体験したひとり。ある雑誌の企画でランニングを担当したことがきっかけで、朝焼けのなか走る気持ちよさにハマッてしまい、頻繁に走っていました。もちろん食事は帰ってきたあと。しかもタンパク質のことなどまったく意識していませんでした。

日ごとに太ももやふくらはぎが締まっていくことがうれしくてたまりませんでしたが、その冬は何度も風邪をひき、なかなか治らなかったり、インフルエンザにかかってしまったりと散々。さらには膝や腰が痛くなったり……。いま思えば、運動で損傷した足の筋肉を修復するために、身体は免疫細胞を減らして対応しようとしていたのでしょう。

冷静に考えてみれば、身体を動かす前には材料を入れる、というのはごく当たり前のこと。以降、プロテインは欠かせないものとなっています。

運動をするなら、栄養は切っても切り離せないもの。つい身体を動かすことばかりに目が行きがちですが、材料を入れることの大切さも忘れずに。運動をするなら、いつもの食事に肉や魚、卵をたっぷりプラス。運動に合わせた食べ物で、身体をもっと美しくバージョンアップしていきたいものです。

タンパク質を摂ろう!

タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

日本でも、注目度が高まっているプロテイン。たんぱく質が不足すると、基礎代謝の低下や、免疫力の低下、爪や髪のトラブルを招くことも……。今回は、効率的に...

https://mylohas.net/2018/11/177399protein.html

高タンパクな朝食が、減量&生産性向上に結びつく? 栄養士おすすめメニュー20

朝はタンパク質が摂りにくい?栄養士も認める高タンパク質な朝食をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/178439protein.html

    Ranking

    1. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. 2021年3月1日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. アルコール消毒と手洗いどっちが効果的? 今さらすぎて聞けなかった感染予防の基礎知識

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 温まるし、美肌作りにもぴったり。自宅で「炭酸風呂」を楽しむ方法

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    10. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら