1. Home
  2. BODY
  3. 運動すると、逆に体調を崩すことも? それを防ぐための秘策とは?

運動すると、逆に体調を崩すことも? それを防ぐための秘策とは?

ポジティブ栄養学

2,642

走る女性

image via Shutterstock

秋まっただなか。近所を歩いているとランニングしている人たちをよく見かけます。気温もほどよいこの時期、「私も身体動かそうかな」「ボディラインをスッキリさせたいな」なんて思っている人も多いと思います。

そんなとき、意外と見落としがちなのが栄養のこと。運動するときこそ必要な栄養を身体に入れておかなければ、逆に体調を崩す、なんてことも考えられるのです

筋肉を修復するための栄養素、タンパク質

魚を食べる女性

image via Shutterstock

身体を動かす、ということを改めて考えてみると、筋肉を伸ばしたり縮めたりして負荷をかけ、壊していくことも言い換えることができます。そこで不可欠なのが、修復するための栄養素。とくにタンパク質は欠かせません。

にもかかわらず食事で肉や魚をしっかり食べていないと、修復が追いつかなくなってしまうことも。さらに足りない分をほかのパーツから調達することもあるため、免疫力が下がったり、別の筋肉が細くなったりすることも考えられます。「スリムになりたいから食事量を減らした」なんて場合はもっと大変です。

身体を動かす前には材料を入れる

肉を食べる女性

image via Shutterstock

恥ずかしながら、実は私もこのケースを体験したひとり。ある雑誌の企画でランニングを担当したことがきっかけで、朝焼けのなか走る気持ちよさにハマッてしまい、頻繁に走っていました。もちろん食事は帰ってきたあと。しかもタンパク質のことなどまったく意識していませんでした。

日ごとに太ももやふくらはぎが締まっていくことがうれしくてたまりませんでしたが、その冬は何度も風邪をひき、なかなか治らなかったり、インフルエンザにかかってしまったりと散々。さらには膝や腰が痛くなったり……。いま思えば、運動で損傷した足の筋肉を修復するために、身体は免疫細胞を減らして対応しようとしていたのでしょう。

冷静に考えてみれば、身体を動かす前には材料を入れる、というのはごく当たり前のこと。以降、プロテインは欠かせないものとなっています。

運動をするなら、栄養は切っても切り離せないもの。つい身体を動かすことばかりに目が行きがちですが、材料を入れることの大切さも忘れずに。運動をするなら、いつもの食事に肉や魚、卵をたっぷりプラス。運動に合わせた食べ物で、身体をもっと美しくバージョンアップしていきたいものです。

タンパク質を摂ろう!

タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

日本でも、注目度が高まっているプロテイン。たんぱく質が不足すると、基礎代謝の低下や、免疫力の低下、爪や髪のトラブルを招くことも……。今回は、効率的に...

https://mylohas.net/2018/11/177399protein.html

高タンパクな朝食が、減量&生産性向上に結びつく? 栄養士おすすめメニュー20

朝はタンパク質が摂りにくい?栄養士も認める高タンパク質な朝食をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/178439protein.html

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    3. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    8. お互いに縛りあっていない? 共依存の闇から抜け出すためには

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    7. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって