1. Home
  2. BODY
  3. 運動すると、逆に体調を崩すことも? それを防ぐための秘策とは?

運動すると、逆に体調を崩すことも? それを防ぐための秘策とは?

ポジティブ栄養学

3,099

吉川圭美

走る女性

image via Shutterstock

秋まっただなか。近所を歩いているとランニングしている人たちをよく見かけます。気温もほどよいこの時期、「私も身体動かそうかな」「ボディラインをスッキリさせたいな」なんて思っている人も多いと思います。

そんなとき、意外と見落としがちなのが栄養のこと。運動するときこそ必要な栄養を身体に入れておかなければ、逆に体調を崩す、なんてことも考えられるのです

筋肉を修復するための栄養素、タンパク質

魚を食べる女性

image via Shutterstock

身体を動かす、ということを改めて考えてみると、筋肉を伸ばしたり縮めたりして負荷をかけ、壊していくことも言い換えることができます。そこで不可欠なのが、修復するための栄養素。とくにタンパク質は欠かせません。

にもかかわらず食事で肉や魚をしっかり食べていないと、修復が追いつかなくなってしまうことも。さらに足りない分をほかのパーツから調達することもあるため、免疫力が下がったり、別の筋肉が細くなったりすることも考えられます。「スリムになりたいから食事量を減らした」なんて場合はもっと大変です。

身体を動かす前には材料を入れる

肉を食べる女性

image via Shutterstock

恥ずかしながら、実は私もこのケースを体験したひとり。ある雑誌の企画でランニングを担当したことがきっかけで、朝焼けのなか走る気持ちよさにハマッてしまい、頻繁に走っていました。もちろん食事は帰ってきたあと。しかもタンパク質のことなどまったく意識していませんでした。

日ごとに太ももやふくらはぎが締まっていくことがうれしくてたまりませんでしたが、その冬は何度も風邪をひき、なかなか治らなかったり、インフルエンザにかかってしまったりと散々。さらには膝や腰が痛くなったり……。いま思えば、運動で損傷した足の筋肉を修復するために、身体は免疫細胞を減らして対応しようとしていたのでしょう。

冷静に考えてみれば、身体を動かす前には材料を入れる、というのはごく当たり前のこと。以降、プロテインは欠かせないものとなっています。

運動をするなら、栄養は切っても切り離せないもの。つい身体を動かすことばかりに目が行きがちですが、材料を入れることの大切さも忘れずに。運動をするなら、いつもの食事に肉や魚、卵をたっぷりプラス。運動に合わせた食べ物で、身体をもっと美しくバージョンアップしていきたいものです。

タンパク質を摂ろう!

タンパク質不足に気づいていますか? 手軽に摂れる良質プロテイン5つ

日本でも、注目度が高まっているプロテイン。たんぱく質が不足すると、基礎代謝の低下や、免疫力の低下、爪や髪のトラブルを招くことも……。今回は、効率的に...

https://mylohas.net/2018/11/177399protein.html

高タンパクな朝食が、減量&生産性向上に結びつく? 栄養士おすすめメニュー20

朝はタンパク質が摂りにくい?栄養士も認める高タンパク質な朝食をご紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/178439protein.html

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    4. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    5. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    6. 「おしっこのにおい」でわかる身体の異変。尿が臭い原因は?

    7. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    10. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    4. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    5. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    10. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?