1. Home
  2. BODY
  3. 6時間睡眠の人は、8時間睡眠の人より脱水症になる可能性が上がるそうです

6時間睡眠の人は、8時間睡眠の人より脱水症になる可能性が上がるそうです

1,766

冠ゆき

睡眠をとる女性

ペンシルベニア州立大学が11月5日Sleep誌に発表した研究によると、一日6時間未満の睡眠しかとらない大人は、それ以上眠る人と比べて、脱水症をおこすリスクが高いことが分かりました。

6時間と8時間の差は大きい

アメリカ人と中国人合わせて2万人以上を対象としたこの研究は、それぞれの普段の睡眠時間と、尿比重(Usg)尿浸透圧(Uosm)それぞれの値との関係を調べたものです。

6時間睡眠が常であると答えた人の尿は、8時間の睡眠を取っている人と比べて、密度の高いものであった。とりわけ、体内の水分が不足している可能性が、16~59%も高かった。(Top Santeから翻訳引用)

おもしろいことに、睡眠が8時間を超えても、あまり差は見られなかったそうです。

9時間以上の睡眠をとる場合、明らかな関連は認められなかった。

Sleepから翻訳引用)

水分調整を司るホルモン、バソプレシン

コップに水を注ぐ

主著者である同大学のアッシャー・ロージンガー(Asher Rosinger)助教授によれば、ネックとなるのは、バソプレシンと呼ばれるホルモンとのこと。

体内の水分量を調整する働きを持つバソプレシンは、睡眠サイクルの終わりごろに、より活発に分泌されるそう。つまり、睡眠のサイクルの終わりまでちゃんと眠らずにいると、ホルモンが不足し、水分調節がうまくできなくなる可能性が高まるわけです。

従って、同教授は次のように薦めます。

睡眠不足の翌朝、疲れを覚えたり、気分がよくないときは、いつもより多く水分を摂ってください」(同教授談)

Top Santeから翻訳引用)

コネチカット大学のローレンスE.アームストロング名誉教授らが立ち上げた「Hydration for Health(健康のための水分)」研究サイトも説くように、体内の水分不足は、集中力の欠如など認知能力の低下や、心身の不調の原因となりえるもの。

よく眠れなかったと感じる日は、心して水分補給に努めたいものです。

それにしても、睡眠不足が身体によくないことは、これまでもさまざまな角度から取り上げられてきました(夜更かしが死亡率を上げる理由って?)が、脱水を引き起こす原因にもなるというのは初耳です。

おかげで、またひとつ十分な睡眠をとるモチベーションが上がりました。

睡眠時間が短い方必見!

入浴するだけでOK? 睡眠負債を防ぎ、高いパフォーマンスをキープするコツ

世界でも睡眠偏差値が低いといわれる日本。昨年は「睡眠負債」という言葉が流行語トップ10に選ばれるなど、どうやって質のよい睡眠をとるかに多くの人が注目...

https://www.mylohas.net/2018/08/173269sleep.html

夜更かしが死亡率を上げる理由って?

夜更かしが習慣になってしまっている人は要注意。夜更かしが死亡率を上げているという研究結果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167468stay_up_late.html

SLEEP, Top sante, Hydration for Health

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    7. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    8. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    9. 寝ている間に、やせやすい体へ導くバスオイルのコフレ【プレゼント】

    10. 爪がもろいとおしゃれも半減! 健康的な爪をつくる15の基本

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由