1. Home
  2. BODY
  3. 6時間睡眠の人は、8時間睡眠の人より脱水症になる可能性が上がるそうです

6時間睡眠の人は、8時間睡眠の人より脱水症になる可能性が上がるそうです

1,851

冠ゆき

睡眠をとる女性

ペンシルベニア州立大学が11月5日Sleep誌に発表した研究によると、一日6時間未満の睡眠しかとらない大人は、それ以上眠る人と比べて、脱水症をおこすリスクが高いことが分かりました。

6時間と8時間の差は大きい

アメリカ人と中国人合わせて2万人以上を対象としたこの研究は、それぞれの普段の睡眠時間と、尿比重(Usg)尿浸透圧(Uosm)それぞれの値との関係を調べたものです。

6時間睡眠が常であると答えた人の尿は、8時間の睡眠を取っている人と比べて、密度の高いものであった。とりわけ、体内の水分が不足している可能性が、16~59%も高かった。(Top Santeから翻訳引用)

おもしろいことに、睡眠が8時間を超えても、あまり差は見られなかったそうです。

9時間以上の睡眠をとる場合、明らかな関連は認められなかった。

Sleepから翻訳引用)

水分調整を司るホルモン、バソプレシン

コップに水を注ぐ

主著者である同大学のアッシャー・ロージンガー(Asher Rosinger)助教授によれば、ネックとなるのは、バソプレシンと呼ばれるホルモンとのこと。

体内の水分量を調整する働きを持つバソプレシンは、睡眠サイクルの終わりごろに、より活発に分泌されるそう。つまり、睡眠のサイクルの終わりまでちゃんと眠らずにいると、ホルモンが不足し、水分調節がうまくできなくなる可能性が高まるわけです。

従って、同教授は次のように薦めます。

睡眠不足の翌朝、疲れを覚えたり、気分がよくないときは、いつもより多く水分を摂ってください」(同教授談)

Top Santeから翻訳引用)

コネチカット大学のローレンスE.アームストロング名誉教授らが立ち上げた「Hydration for Health(健康のための水分)」研究サイトも説くように、体内の水分不足は、集中力の欠如など認知能力の低下や、心身の不調の原因となりえるもの。

よく眠れなかったと感じる日は、心して水分補給に努めたいものです。

それにしても、睡眠不足が身体によくないことは、これまでもさまざまな角度から取り上げられてきました(夜更かしが死亡率を上げる理由って?)が、脱水を引き起こす原因にもなるというのは初耳です。

おかげで、またひとつ十分な睡眠をとるモチベーションが上がりました。

睡眠時間が短い方必見!

入浴するだけでOK? 睡眠負債を防ぎ、高いパフォーマンスをキープするコツ

世界でも睡眠偏差値が低いといわれる日本。昨年は「睡眠負債」という言葉が流行語トップ10に選ばれるなど、どうやって質のよい睡眠をとるかに多くの人が注目...

https://www.mylohas.net/2018/08/173269sleep.html

夜更かしが死亡率を上げる理由って?

夜更かしが習慣になってしまっている人は要注意。夜更かしが死亡率を上げているという研究結果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167468stay_up_late.html

SLEEP, Top sante, Hydration for Health

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    5. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    6. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    9. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    10. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    10. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく/脳科学者・中野信子さん

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら