1. Home
  2. BODY
  3. 6時間睡眠の人は、8時間睡眠の人より脱水症になる可能性が上がるそうです

6時間睡眠の人は、8時間睡眠の人より脱水症になる可能性が上がるそうです

1,743

冠ゆき

睡眠をとる女性

ペンシルベニア州立大学が11月5日Sleep誌に発表した研究によると、一日6時間未満の睡眠しかとらない大人は、それ以上眠る人と比べて、脱水症をおこすリスクが高いことが分かりました。

6時間と8時間の差は大きい

アメリカ人と中国人合わせて2万人以上を対象としたこの研究は、それぞれの普段の睡眠時間と、尿比重(Usg)尿浸透圧(Uosm)それぞれの値との関係を調べたものです。

6時間睡眠が常であると答えた人の尿は、8時間の睡眠を取っている人と比べて、密度の高いものであった。とりわけ、体内の水分が不足している可能性が、16~59%も高かった。(Top Santeから翻訳引用)

おもしろいことに、睡眠が8時間を超えても、あまり差は見られなかったそうです。

9時間以上の睡眠をとる場合、明らかな関連は認められなかった。

Sleepから翻訳引用)

水分調整を司るホルモン、バソプレシン

コップに水を注ぐ

主著者である同大学のアッシャー・ロージンガー(Asher Rosinger)助教授によれば、ネックとなるのは、バソプレシンと呼ばれるホルモンとのこと。

体内の水分量を調整する働きを持つバソプレシンは、睡眠サイクルの終わりごろに、より活発に分泌されるそう。つまり、睡眠のサイクルの終わりまでちゃんと眠らずにいると、ホルモンが不足し、水分調節がうまくできなくなる可能性が高まるわけです。

従って、同教授は次のように薦めます。

睡眠不足の翌朝、疲れを覚えたり、気分がよくないときは、いつもより多く水分を摂ってください」(同教授談)

Top Santeから翻訳引用)

コネチカット大学のローレンスE.アームストロング名誉教授らが立ち上げた「Hydration for Health(健康のための水分)」研究サイトも説くように、体内の水分不足は、集中力の欠如など認知能力の低下や、心身の不調の原因となりえるもの。

よく眠れなかったと感じる日は、心して水分補給に努めたいものです。

それにしても、睡眠不足が身体によくないことは、これまでもさまざまな角度から取り上げられてきました(夜更かしが死亡率を上げる理由って?)が、脱水を引き起こす原因にもなるというのは初耳です。

おかげで、またひとつ十分な睡眠をとるモチベーションが上がりました。

睡眠時間が短い方必見!

入浴するだけでOK? 睡眠負債を防ぎ、高いパフォーマンスをキープするコツ

世界でも睡眠偏差値が低いといわれる日本。昨年は「睡眠負債」という言葉が流行語トップ10に選ばれるなど、どうやって質のよい睡眠をとるかに多くの人が注目...

https://www.mylohas.net/2018/08/173269sleep.html

夜更かしが死亡率を上げる理由って?

夜更かしが習慣になってしまっている人は要注意。夜更かしが死亡率を上げているという研究結果をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/167468stay_up_late.html

SLEEP, Top sante, Hydration for Health

image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?