1. Home
  2. EAT
  3. 冷えた体がポカポカに! 生姜を使ったクリーミーパンプキンスープ

冷えた体がポカポカに! 生姜を使ったクリーミーパンプキンスープ

2,111

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

soupdayo1

暦も冬に入り、いよいよ本格的に寒くなってきましたね。朝起きたときや外から帰ってきたとき、身体の芯から温まるものを食べたくないですか? そんなときにおすすめなのが、今回紹介するパンプキンスープ。

今が旬の野菜のパワーがギュッと詰まっており、生姜のピリッとした辛さを残しながら、野菜の甘さも感じることができます。

免疫力UPが期待できるスーパーフードの「マカパウダー」も入っているため、この季節にはぴったりです。

乳製品を使わないクリーミーパンプキンスープ

soupdayo2

このレシピのポイントは、3つ。

ひとつめは、生姜とマカパウダーが入っていること。生姜もマカパウダーも、この季節にぴったりのスーパーフードです。

ふたつめは、生クリーム、牛乳、バターといった乳製品を一切使用しないこと。アレルギーをお持ちの方やダイエット中の方にもぴったりのレシピになっています。

そして最後は、玉ねぎや人参を使うこと。 かぼちゃ以外の野菜を使用することによって、味に深みが出るだけでなく、多くの栄養素を一緒に摂ることができます。

<材料>4人分

  • 玉ねぎ 1個
  • 生姜(すりおろし) 1かけ
  • にんにく 1片
  • オレガノ 小さじ1(あれば)
  • ナツメグ 小さじ1/2(あれば)
  • かぼちゃ 1/4個 (約520g)
  • 人参 1本
  • オリーブオイル 少量
  • コンソメキューブ 2個
  • 無調整豆乳または水 約300ml
  • マカパウダー 小さじ1
  • 塩胡椒 少々

<レシピ>

  1. 玉ねぎをスライスし、その他の人参とかぼちゃは角切りにする。
  2. 少量のオリーブオイルをフライパンに引き、玉ねぎ、生姜、にんにく、オレガノ、ナツメグを炒める。その間に人参とかぼちゃを電子レンジで4分間加熱する。
  3. フライパンの玉ねぎに人参とかぼちゃ、そしてコンソメを投入。蓋をして、しんなりするまで煮る。
  4. すべてに火が通ったらミキサーに移し替える。そこに豆乳、水、マカパウダー、塩胡椒を入れてミキサーにかける。
  5. 最後に、水または豆乳で水分量を調節したら完成。

このレシピのスーパーフード: 生姜

soupdayo3

血管を広げ、血流を促進してくれる効果のある生姜

生の生姜には、ジンゲオールという成分が含まれています。ジンゲオールは熱が加わることでショウガオールという成分に変わるのですが、冷えを改善してくれる効果が期待できるのはこのショウガオールになります。そのため、生姜は加熱して食べたほうが冷えの改善に効果的なんです。

ショウガオールには、冷え改善のほかに血液をサラサラにしてくれる効果や腸の調子を整えてくれる効果も期待できますよ。

このレシピのスーパーフード: マカパウダー

soupdayo4

とても栄養価の高いスーパーフード、マカパウダー。マカはその土地の栄養素をすべて吸収して育つため、マカを育てた土地では1年間空けないと何も収穫できないのです!

その滋養強壮作用の高さから、原産地の南米ペルーでは「アンデスの女王」と呼ばれています。マカはビタミンCやアルギニンという成分を含み、免疫力強化や血行促進といった、この季節にうれしい効果が期待できます。アルギニンは、私たちの体内で生産されていますがそれだけでは足りないため、この時期は特に積極的に摂取したい栄養素のひとつです。

また、にんにくや玉ねぎに含まれるビタミンB6と一緒に摂ることで、さらに効果はアップします。


いきなり寒くなり風邪を引きやすいこの時期。この栄養素がたっぷり詰まったクリーミーパンプキンスープで免疫力をアップさせて身体を温め、寒い冬を乗り切りましょう!

温かいスープが飲みたい季節

トマトと卵と黒こしょうの洋風味噌スープ−今日のみそレシピ

料理研究家の小島喜和さんと管理栄養士のうすいはなこさんが提案する、19の絶品みそ料理レシピを紹介します。

https://mylohas.net/2018/10/miso04.html

貧血予防とストレス対策に。15分で作れる、ほうれん草の淡雪スープ

貧血予防とストレス対策をサポートしてくれる、「ほうれん草の淡雪スープ」のレシピ。15分で手早く作れます。

https://www.mylohas.net/2018/10/177614diet_recipe.html

Lily

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    9. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    5. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    8. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    9. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    10. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    7. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    8. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン